売れるフリーランスが持つべき名刺の内容【住所・肩書・屋号・デザイン等】

名刺はフリーランスとして、売れっ子になるための重要なツールの1つです。

名刺の内容やサンプル、おすすめサイトなど、売れるフリーランスが持つべき名刺について紹介します。

名刺に記載すべき内容

1.屋号・名前

まずは、屋号や名前です。フリーランスの場合、屋号がなければ屋号を記載する必要はありません。

また、名前は本名ではなく、ペンネームなどで活動する場合はペンネームでも構いません。

2.肩書き

肩書きはどんな仕事をしているのかがすぐに分かる肩書きにしましょう。

屋号がある場合は「代表」、屋号がない場合は「WEBデザイナー」「エンジニア」などの職種が一般的です。

また、職種を少しアレンジして仕事内容をよりイメージしやすくする方法がおすすめです。

  • 個人事業主を強調
    ⇒「フリーライター」「フリーエンジニア」など
  • 得意な仕事を強調
    ⇒「SEOに特化したWEBライター」など
  • 専門資格を強調
    ⇒「税理士」「不動産鑑定士」など

3.住所

住所はフリーランスでも、郵送物のやりとりや信頼度を上げるために記載すべきです。

様々な事情で自宅の住所を知られたくない事があると思いますが、その時はコワーキングスペースやバーチャルオフィスなどの利用がおすすめです。月々の利用料を払うことで、オフィスの住所をレンタルできます。

また、セミナーや交流会など多くの名刺交換が必要な場合のみ、住所を控えたバージョンの名刺を作成して交換するという方法もあります。

4.電話番号(FAX番号)

連絡先として、必ず電話番号は記載し、FAXは業務内容により使う頻度が高ければ載せると良いでしょう。

女性の方など、個人の電話番号を使いたくない場合は、フリーランス用の電話として2台目を用意することをおすすめします。

また、電話は固定電話・携帯電話のどちらでも問題ありません。

5.メールアドレス

独自ドメインのメールアカウントを作成し、連絡先として記載しましょう。

Gmailなどの無料アカウントのメールでも問題はありませんが、独自ドメインのメールアカウントを持つ方が信頼性が上がるためおすすめです。

独自ドメインでメールアドレスを取得しても、年間で数千円程度の費用なのでフリーランスで活動する際は取得しましょう。

6.WEBサイトのURL

WEBサイトを持っていれば、URLを記載しましょう。

WEBサイトの内容から、名刺だけでは伝わらない多くの情報を相手に伝えることができるため、信頼性が上がり仕事に繋がる可能性が高まります。

7.SNSアカウント

Facebook・Twitter・LINEなど、ビジネスに利用しているアカウントがあれば記載しましょう。

電話やメールよりも簡単に連絡の取れる手段で、個人や仕事の情報を多く伝えることができます。

ただ、プライベートな内容など、境界が微妙な場合はマイナスのイメージを与えてしまう可能性もあるため気を付けましょう。

8.実績や事業内容

名刺の裏面のスペースに、実績や事業内容などを記載しましょう。

表面には名前や住所などの基本情報が多いため、裏面に記載すると情報として見やすくなります。

必須ではないですが、フリーランスとしての業務のイメージを伝えられるのでおすすめです。

名刺のサンプル

名刺サンプル

上記の1~6までのサンプルです。参考にしてください。

名刺のデザインやサイズ

フリーランスの名刺として、一般的なサイズの55×91mmで独特過ぎないデザインがおすすめです。

デザインは自由にして問題ないため、業種によっては紙質や背景をこだわると印象に残りやすくなります。WEBサイトを持っていれば、同じデザインにする方法も有効です。

また、サイズは日本の多くの企業で55×91mmの名刺が利用されているため、同じサイズにした方が名刺入れに収めやすく便利です。

形を長方形から変える際は、名刺入れに保管することを考えてデザインしないと、相手に捨てられてしまいやすくなるので気を付けましょう。

おすすめの名刺作成サイト

名刺作成ができるおすすめのサイトを6つ紹介します。

名刺を2種類作る必要あるの?

基本は1種類で問題ないですが、相手に知られたくない個人情報がある場合は2種類作成しても良いでしょう。

例えば、セミナーや交流会など名刺を多く配るような場面では、電話番号や住所など知られたくない内容だけを削除したバージョンの名刺があれば、個人情報を隠して対応できます。

ただ、多くの内容を載せた方が相手からのレスポンスを期待できるため、コワーキングスペース等の住所利用やフリーランス用に電話2台持ちなど、出来るだけ1種類で対応できるようにする方がおすすめです。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ