毎日遅くまで残業を強いられる、上司のパワハラに悩んでいる、理不尽な案件や無茶な仕事を押し付けられる、給料が不当に安すぎる……。このような理由から、退職や転職を検討する方も多いでしょう。

しかし、以下のような理由で退職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

  • いますぐやめたいのに上司に引き止められている
  • 上司が怖くて退職を言い出せない

そこでおすすめしたいのが、あなたの代わりに退職届けや手続きをしてくれる「退職代行」です。

今回は、人気の退職代行業者を20社ご紹介します。

退職代行の種類

退職代行を行っている事業者は、主に以下の3つがあります。

  • 退職代行サービス
  • 弁護士事務所
  • 電話代行サービス

ここでは、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

退職代行サービス

退職代行を一括して行ってくれるサービスです。退職したい方と会社の間に仲介者として立ち、退職にあたって必要な連絡や手続きを代行してくれます。

退職代行サービスの目的は、スムーズに退職手続きを進めること。「辞めたいけど、上司が怖くて言い出せない」「辞めたいのにパワハラのせいで手続きを引き延ばされている」といったケースに適切に対応してくれます。

しかし非弁行為にあたってしまうため、「会社との交渉」は行えない点に注意してください。あくまで退職代行サービスが行えるのは、会社への連絡や必要書類の手配のみです。退職後の手続きや有給休暇消化の手続き、残業代/退職金にまつわる交渉などは行えないので注意しましょう。

また退職代行サービスや条件によっては、退職代行に依頼した即日に辞められる場合もあります。とにかく上司と顔を合わせにくい、手続きが難航し話が前に進まないといったときにおすすめです。

<退職代行サービスのメリット>

  • 会社へ出社せず、連絡や書類の手配ができる
  • 弁護士事務所に比べ、料金が安い

<退職代行サービスのデメリット>

  • 退職後の手続きができない
  • 会社との交渉(残業代の交渉など)はできない
  • 会社からの法的措置に対応できない

弁護士事務所

退職代行を受け付けている弁護士事務所もあります。弁護士が対応してくれるため、会社からの損害賠償請求などのリスクにも対応できます。

需要が高まっていることにより、手軽で安価な退職代行サービスに注目が集まっています。しかし前述のとおり、退職代行サービスが行えるのは会社への連絡代行が主で、法が関連する交渉事などは弁護士事務所じゃないと行えません

「わざわざ弁護士に頼むのは、話が大きくなりそうでハードルが高い」「費用も高そうでなかなか踏み切れない」と考える方も多いでしょう。確かにかかる時間や費用面では退職代行サービスに水をあけられるかもしれません。しかし法的リスクや退職後の手続きなど、後の面倒を避けることを考えると決して損にはならないでしょう。

<弁護士事務所のメリット>

  • 有給休暇や残業代など、会社との交渉ができる
  • 損害賠償請求などのリスクにも対応できる

<弁護士事務所のデメリット>

  • 成功報酬や着手金などの費用がかかる
  • 対応可能な弁護士がやや少ない

電話代行サービス

電話代行サービスは、退職したい旨を電話で代わりに伝えてくれるサービスです。あくまで退職の交渉を代行するだけなので、退職後のやりとりは自分で行う必要があります

退職するときにもっともネックとなりやすい「辞めたい旨を伝える」のを代行してくれること、費用も圧倒的に安価なサービスが多いことが大きなメリットです。しかし電話のみで退職の旨を伝えることには少なからずデメリットも伴います。会社への心象は決して良いものとは言えないので、退職後も良好な関係を築くことは難しいと心得ておいたほうがよいでしょう

<電話代行サービスのメリット>

  • 退職代行サービスや弁護士事務所に比べ、費用が安い

電話代行サービスのデメリット>

  • 退職に必要な手続きを自分で行わなければならない
  • 会社との良好な関係を築くのは難しい

おすすめの退職代行業者 20選

「退職代行サービス」「弁護士事務所」「電話代行サービス」それぞれおすすめのサービスをご紹介します。

費用面を中心に、条件に合うサービスを探してみてください。

退職代行サービス

1. 退職代行EXIT(イグジット)

EXIT

▲出典:EXIT

『EXIT』は、退職代行業界の先駆けともいえる退職代行サービスです。2017年よりサービスを開始し、メディアでも数多く取り上げられたため知っている方も多いでしょう。

また、転職先でも退職を希望する場合、ネクストサポートとして1万円の割引が受けられます。

24時間対応してくれるため、出社や帰宅が遅い方でも利用できます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 正社員:50,000円
アルバイト:30,000円

退職代行EXIT

2. 退職代行Jobs(ジョブズ)

退職代行Jobs

▲出典:退職代行Jobs

24時間365日対応の『退職代行Jobs』は、円満退職を目指し行き届いた援助をしてくれる退職代行サービスです。低価格でありながら、顧問弁護士が直接指導&サポートをしてくれます。退職手続きが長引いたり書類を用意したりするのに億劫な方でも、プロに任せればすぐに今の環境から抜け出せますよ。

また退職届の用意や業務引継書のテンプレートまで用意してくれます。退職後のトラブルがないよう丁寧に取り計らってくれるので安心です。転職支援付きのため、退職後はそのまま次の職を探しやすいのもメリットのひとつ。また代行費用が29,800円のため、転職に成功した方は実質代行費が無料になります。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 29,800円

退職代行Jobs

3. 辞めるんです

辞めるんです

▲出典:辞めるんです

『辞めるんです』は、24時間365日相談を受け付けている退職代行サービス。2018年11月現在、退職成功率100%を達成しており、万一退職に失敗した場合の全額返金保証も用意されています。利用者の立場を第一に考えた退職代行サービスです。

退職後の書類やPCなどの返却対応や有給消化サポートに加え、転職エージェントと提携しているため転職サポートも受けられます。退職後、新しい会社に勤められるか不安な方にも安心です。退職後の顧問弁護士の指導のもと、コンプライアンスを徹底した業務を行なっています。

即日退職 可能
無料相談 あり 
料金 50,000円 → 30,000円 (キャンペーン中)

辞めるんです

4.Re:Start(リスタート)

Re:Start

▲出典:Re:Start

『Re:Start』は、LINEや電話相談での退職相談を24時間受け付けている退職代行サービス。過去に数百件の退職代行を担当し、そのすべてで退職を完遂させてきた実績があります。なお万一退職に失敗した場合でも、全額返金補償サービスあり。

本記事で紹介する退職代行サービスの中でも最安値の水準であり、費用を抑えたい方におすすめです。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 正社員:40,000円 → 20,000円(キャンペーン中)
アルバイト:30,000円 → 10,000円(キャンペーン中)

Re:Start

5. 退職代行コンシェルジュ

『退職代行コンシェルジュ』は、人材会社が運営しています。

追加料金不要で、転職相談やメンタルケア、顧問弁護士による残業代請求などのサービスも充実しています。

なお2020年7月現在、キャンペーン中につき一律30,000円で退職代行が可能です。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 正社員:49,800円
アルバイト:39,800円
→キャンペーン実施中30,000円 ※2020年7月17日現在

退職代行コンシェルジュ

6. 退職代行ニコイチ

『退職代行ニコイチ』は、便利屋として創業した株式会社ニコイチが運営する退職代行サービスです。

退職したい方のニーズに合わせ、最適な退職方法を提案してくれます。

また、心理カウンセラーが在籍しており、退職前後のカウンセリングも受けられます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 正社員:50,000円
アルバイト:40,000円

退職代行ニコイチ

7. SARABA(サラバ)

SARABA

▲出典:SARABA

『SARABA』は、24時間年中無休で退職代行を受け付けています。

退職後の無料転職サポートも用意されているため、転職先がまだ決まっていない人にも安心です。

万一、退職代行に失敗した場合は全額返金保証も用意されています。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 27,000円

SARABA

8. Espoir(エスポワール)

エスポワール

▲出典:Espoir

『Espoir』は、退職率100%の実績を持つ退職代行サービスです。

退職代行の事例を企業ブログにまとめているため、自分と似た境遇の成功例が見つかるかもしれません。

また、退職後でも満足いく結果ではなかった場合は全額返金の保証も行なっています。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 29,800円

Espoir

9. 退職代行のミカタ

『退職代行のミカタ』では、弁護士監修の退職代行コンサルタントが退職代行を担当してくれます。

退職届作成サポートや会社への退職にまつわる通知をはじめ、関連書類の用意サポート、そしてしっかり有給休暇を取得するところまで含めたスペシャルプラン(追加料金なし/税別25,000円)を用意。安心して任せられます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 25,000円(税別)

退職代行のミカタ

10. RETIRE(リタイア)

RETIRE

▲出典:RETIRE

『RETIRE』では、労働関連法に精通した社会保険労務士が退職代行を行っています。

雇用主への連絡を文書によって行う文書連絡や、連絡記録の文書を作成するサービスも受けられます。

雇用形態などによってサービス利用料が変動し、そのほか特急対応料金10,000円(税別)や深夜連絡対応料金20,000円(税別)などオプション費用もありますので、利用前に公式サイトで確認しましょう。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 サービス利用料:20,000円〜40,000円
連絡作業料:10,000円
その他オプションあり

RETIRE

11. BPH退職代行

BPS退職代行

▲出典:BPH退職代行

『BPH退職代行』は、パート・アルバイト・派遣社員専門の退職代行サービスです。

無料で退職届作成のサポート受けられます。

パート・アルバイト・派遣社員専門なため、比較的安価で退職代行を請け負ってくれます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 毎月先着5名まで:19,800円

BPH退職代行

12. 退職のススメ

退職のススメ

▲出典:退職のススメ

『退職のススメ』は退職代行のみならず、退職後の転職先まで紹介してくれる手厚いサービス。全国どこでも対応しているため安心です。

最い就職サポートサービスを利用後に退職される場合は、かかる費用はすべて永久無料なのも嬉しいですね。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 25,000円

退職のススメ

13. キャリアサンライズ

『キャリアサンライズ』は退職代行+転職後のキャリア相談にも乗ってくれる親切でお得なサービス。他社と比較しても費用15,000円とリーズナブルです。

有給休暇取得サポートまでしてくれるので、泣き寝入りすることなくきっちり休んでから辞められます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 15,000円

キャリアサンライズ

14. 退職代行センター

認定司法書士が担当してくれる『退職代行センター』。追加料金なしの一律30,000円で、万一退職できなかった場合は全額返金保証もついています。

残業代や退職金の相談など、退職後にまつわる相談にも対応可能。しっかりとしたアフターケアで、安心して会社を辞められます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 30,000円

退職代行センター

弁護士事務所

15. 汐留パートナーズ法律事務所

『汐留パートナーズ法律事務所』は、退職代行を多くおこなっている弁護士事務所です。

退職意思/退職届の代理提出から、会社から損害賠償を請求された場合の対応まで、ワンストップで行ってくれます。

弁護士が直接対応するため、退職後の法的問題もしっかりサポート。安心充実のサービス体制が整っています。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 55,000円(税込)
※オプションで未払給料・残業代・退職金などの
代理請求も可能(成功報酬は経済的利益の20%)

汐留パートナーズ法律事務所

16. 弁護士法人ITJ法律事務所

『弁護士法人ITJ法律事務所』は、退職と内定辞退の代行を行う弁護士事務所です。

万が一退職に失敗した場合、費用の返金保証をしています。

未払い残業代/給与/退職金請求なども、着手金0円で対応してくれます。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 一律19,900円(税別)

弁護士法人ITJ法律事務所

17. ベリーベスト法律事務所

『ベリーベスト法律事務所』は、退職代行だけでなく労働環境に関する相談も請け負ってくれる弁護士事務所です。

会社側の根拠のない損害賠償請求を拒否したり、退職時に会社が作成すべき書類を作成するよう促すなど、円滑な退職に向けたサポートが受けられます。

即日退職 可能
無料相談 あり(2回目以降:5,000円)
料金 150,000円(※着手金含)
事務手数料:10,000円

ベリーベスト法律事務所

18. ウラノス法律事務所

『ウラノス法律事務所』は、会社とのトラブルに関する全ての案件を弁護士が個別に対応しています。

弁護士だからこそ、パワハラやセクハラ被害による慰謝料の請求なども可能です。

労働基準局と連携し、退職を円滑にサポートします。

即日退職 可能
無料相談 あり
料金 正社員:54,000円
アルバイト:43,200円
(その他有料オプションあり)

ウラノス法律事務所

電話代行サービス

19. すっきり電話代行

『すっきり電話代行』は、退職代行を請け負っている電話代行サービスです。アルバイトや仕事の応募、休みの連絡、退職の連絡、内定辞退の電話代行を行なってくれます。

他の退職代行サービスに比べると非常に安価な点が特徴です。

あくまで電話を代行するサービスなので、退社に伴い発生する手続きは自分でする必要があります。

即日退職 可能(オプション:3,000円)
無料相談 なし
料金 10,000円

すっきり電話代行

20. 電話代行ヘルプマン

『電話代行ヘルプマン』は、退職代行だけでなく電話代行業務を網羅的に行っています。

非常に安価で退職代行の電話をしてくれるため、お金に余裕がない人には特におすすめです。

即日退職 不可能
無料相談 あり
料金 5,500円(依頼内容により変動)

電話代行ヘルプマン

退職代行を使って起こりうるトラブル例/回避のコツ

退職代行を使うときに心配なのは、「退職後に会社とトラブルにならないか?」「サービスを利用したことで余計に揉めないか?」といった点でしょう。

費用も比較的安価で、ブラック企業でもスムーズに退職できるのが魅力の退職代行。ただ気をつけないとトラブルになってしまうケースは大いに考えられます。

こちらの項目では、退職代行サービスを使うことで起こりうるトラブルの例と、それを避けるためのコツをご紹介します。

トラブル1. 退職後に必要な書類が送られてこない

まず起こりうるのは、退職後の手続きに必要となる離職票などの書類を送ってもらえないトラブルが考えられます。

書類がなければ転職先での手続きや、失業手当を申請するときなど、各種書類がなければ円滑に進められません。退職代行サービスを使い、半ば無理矢理に退職してしまうと、わざと書類を送ってもらえない(もしくは一般的に考えても遅く送られてくる)ケースがあるのです。

トラブル2. 有給休暇が消化できない、残業代が申請できないなどの嫌がらせを受ける

上記に挙げた「書類が送られてこない」のと同じく、取れるはずの有給休暇を消化させてもらえなかったり、残業代が申請できなかったりするなど、明らかな嫌がらせを受けることも考えられます。

会社や上司との関係性にもよりますが、あらかじめ辞めることを伝えず相談もしないまま、いきなり退職代行を使い退職してしまうと、正当に受けられるはずの権利も泣く泣く諦めることになるかもしれません。

退職代行サービスを利用するときは、なるべく一度は辞めたい旨を相談してからのほうがリスクヘッジになることもあります。

トラブル3. 損害賠償請求を受ける

ブラック企業の場合は、最悪の場合、退職したあとに損害賠償請求を受けることもあります。新卒として入社して間もない、正社員である場合など、会社への損害が多いと考えられる場合に多いケースです。

少しでも法的なリスクが考えられる場合は、弁護士事務所に依頼するのがもっとも安心です。

トラブルや法的リスクを避けるためのコツ

上記に挙げた法的リスクを回避するためには、できるだけ弁護士事務所に退職代行を依頼することです。

退職代行を利用したとしても退職後の手続き全般は自分で進める必要があるため、法的な問題が起こったときにも自分で対処する必要があります。万が一に備えるためには、労働問題に手厚い弁護士事務所に頼むと安心です。

時間や費用面を考え、どうしても退職代行業者に依頼したい場合は、専属の顧問弁護士がついているサービス、または弁護士のアドバイスやマネジメントを受けているサービスがおすすめです。退職代行サービスを選ぶポイントについては次項目で詳しく解説します。

退職代行業者を選ぶポイント

さまざまな退職代行業者がありますが、どういったポイントに気をつけて選べばよいのでしょうか?

こちらの項目では、退職代行業者を選ぶポイントを「退職代行サービス」「弁護士事務所」「電話代行サービス」それぞれに分けて解説します。

退職代行サービスを選ぶポイント

会社との交渉や法的なリスクに対応できないのが退職代行サービスのデメリット。少しでも安全なサービスを選ぶポイントは以下のとおりです。

  1. 専属の顧問弁護士がいる
  2. 公式サイトの情報が定期的に更新されている
  3. できる業務の範囲が明確にされている

交渉や法的な手続きは弁護士が行わないと違法になってしまいます。最低限、「専属の顧問弁護士がついているか」「弁護士のアドバイスやマネジメントを受けているか」「弁護士監修といった文言が公式サイトに書かれているか」などを確認するようにしましょう。

また中には「弁護士じゃないと法的手続きができない」のグレーゾーンをかいくぐるため、利用者の親族を装って退職後の手続きを代行する業者もいるようです。公式サイトがあまりにも古いデザインだったり、退職後の手続きも代行する旨が書かれている場合は避けたほうが無難だといえます。

弁護士事務所を選ぶポイント

まとまった時間や費用がかかる分、弁護士事務所に退職代行を依頼するときは慎重に進めたいですよね。良質な弁護士事務所を依頼するポイントは以下のとおりです。

  1. 安心感、信頼性が感じられる
  2. 労働問題に熱心、労働トラブル解決の実績が多い

弁護士事務所の公式サイトを見るのはもちろんですが、それだけでは判断しないほうがよいでしょう。無料相談を提供している弁護士事務所もたくさんあるので、まずは一度実際に会ってみることで、安心感や信頼性が感じられるかどうかを自分の目で判断します。

また労働問題に関する案件を多く扱っているかどうかも重要なポイントです。弁護士事務所によって労働問題に意識があるかないかは差があるので、公式サイトに書かれている内容を確認するとともに、実績を提示してもらいましょう。労働に関する訴訟問題に詳しく、経験も豊富な弁護士に依頼するとより安心です。

電話代行サービスを選ぶポイント

アルバイト先を退職したい、有給申請や早退の連絡をしたいときなど、安価で代理連絡をしてくれるのが特徴の電話代行サービス。費用内でどれくらいのサービスを請け負ってくれるのかはもちろん、公式サイトにこれまでの実績や利用者のレビューが細かく明記されているサービスを選ぶとよいでしょう。

  1. 公式サイトにこれまでの実績が細かく書かれているか
  2. 退職代行のみではなく、電話代行全般を扱っているか

おわりに

退職代行は、退職したい方の駆け込み寺として利用されているようです。

退職の旨を伝えづらい人は、思い悩まず退職代行を利用しましょう。

(執筆:Kishi Kaoru 編集:Kitamura Yuu)

いまの働き方に悩んでいるあなたへ。

「フリーランスとして働いているけど、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速するいまこそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workshipをのぞいてみませんか?

  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち50%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまなお仕事が掲載
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • マッチング〜面談まで全てWorkship内で完結
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、いっさいお金はかかりません。詳細は以下ページをご覧ください!

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ