Twitterの収益化機能「チケット制スペース」が6月23日よりテスト開始

無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

BUSINESS

日本時間の6月23日午前3時、Twitter社は2つの収益化機能「チケット制スペース」と「スーパーフォロー」を発表しました。現在、テストユーザーの募集が始まっています。

スーパーフォローは2021年6月上旬に公表されていましたが、チケット制スペースはまったくの新情報……。一体、どのようなものなのでしょうか。

この記事では、チケット制スペースの使用条件と申請方法を解説します。

チケット制スペースとは?

チケット制スペースとは、チケット購入者だけが参加できるスペース。ホストはチケット販売を通して利益が得られます。

Twitter社は「ファンとより密接に繋がれる」「オーディエンスの場所に関わらず収益を得る」という2つのメリットがあると述べています。

チケット制スペースを作成する際は、日時を決め、チケットの枚数を選択し、価格を設定します。

チケットの購入金額は1ドル〜999ドルの間で自由に決められ、招待可能人数は5人〜100人まで。

ツイートでフォロワーにチケットの購入を呼びかけることも可能です。

チケットの売上は約45日後に口座に入金されます。売上からAppleやGoogleが適用するプラットフォーム手数料が差し引かれた後の金額のうち、最大97%がユーザーに支払われます

また、チケット制スペースに入室できるのは18歳以上のユーザーのみとなっています。

チケット制スペースを使う条件は?

チケット制スペースを申請するための条件は4つ。

  • フォロワーが1,000人以上いること
  • 過去30日間に3回以上スペースをホストしていること
  • 18歳以上であること
  • 2要素認証をオンにしていること

スペースの回数についてはリスナー・発言者としての参加はカウントされません。あくまでもホストとして開催した回数です。

2要素認証についてはこちらの画像には載っていませんが、登録の際に「もうひとつお願いがあります…」という案内とともにプロフィール変更を求められました。

チケット制スペースの申請方法

チケット制スペースを使うためには、Twitterのメニュー画面に新たに追加された「☆収益を得る」をタップ。チケット制スペースの申し込みを行うことでテストユーザーとしての申請が可能です。

上記の条件を満たしている場合に限り、申請が可能です。案内に従って登録すると「プロフィールを完成させる」という項目があり、2要素認証をオンにすると「続ける」ボタンをタップできるようになりました。

▲2要素認証オフだと申請ができない

▲2要素認証をオンにすることで申請が可能に

プロフィール文や場所については筆者は比較的ふざけた記入をしているのですが、特に問題にならなかったため、「記入さえしていればOK」と思われます。

その後はスペースの内容を自由記述形式にて入力します。筆者は「他クリエイターとの対談」と記入しました。

申し込みが完了し、承認されれば10日以内にチケット制スペースが使用可能になります。

今回はテストユーザーの募集

今回のチケット制スペースとスーパーフォローは数ヶ月以内に全ユーザーが利用できる予定で、今回の募集は少数のユーザーにテストしてもらう意図とのこと。

なお、同時に発表されたスーパーフォローは米国ユーザー/端末はiOSのみ対応となっているため、日本でのサービス提供はまだしばらく先のこととなりそうです。

参考:Twitterブログ

(執筆:少年B 編集:泉)

34,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 34,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ