モンスターアカデミア 広告

【キャリア診断】UXデザイナーとUIデザイナー、どちらを目指すべき?6ポイントで比較してみた

UX or UI designer

UXデザイナーとUIデザイナーは、どちらもインターフェースを作る仕事です。しかし、デザインや開発プロセスの過程で、それぞれ別の関わりかたやスキルが求められます。

そこで今回は、デザイナー志望の人がUXデザイナーとUIデザイナーのどちらを目指すべきか見分けられるように、6つの点からそれぞれを比較しました。ぜひ今後のキャリア形成の参考にしてみてください。

1. どちらの仕事がおもしろそう?

まずは、おおまかな仕事内容を比較してみましょう。

UXデザイナーの仕事概要

UXは「User Experiense(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、これは「ユーザーの体験」を意味します。

UXデザイナーの仕事は、問題を発見し、インターフェースを可能な限り使いやすくすること。顧客の要求をしっかりと聞き、直感的に操作できる仕様にすることが求められます。

UIデザイナーに比べて見た目に関する部分以外の仕事も多く、市場調査やユーザーテスト、データ分析への理解も必要です。

UIデザイナーの仕事概要

UIは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、これはユーザーのインターフェース、つまりユーザーが使う画面との接点を意味します。

UIデザイナーの仕事は、カラーパレットからドロップダウンメニューの操作性まで、美しいインターフェースを作ること。

UXデザイナーから受け取ったワイヤーフレームを設計図のように使って、さまざまなスタイルの要素を適用します。Webサイトの美しさと、インタラクティブ性を支える存在です。

2. どんな一日を過ごしたい?

おおまかな仕事内容を掴んだところで、より具体的な仕事内容を比較してみましょう。

UXデザイナーの日々の仕事

UXデザイナーはさまざまな役割を担うため、担当するプロジェクトの段階に応じて一日の流れが変わります。

たとえば、市場調査を行ったり、ユーザビリティテストのためにユーザーを募集したり、ユーザーインタビューのための台本を作成したりするのも、UXデザイナーの日々の仕事です。

その後、技術的な制約やユーザーテストで得られたフィードバックをもとに、ワイヤーフレームを見直すこともあります。

また、少人数のチームで働く場合は、情報アーキテクチャやプロジェクト管理、開発チームとの調整などをUXデザイナーが行う場合もあります。

UIデザイナーの日々の仕事

UIデザイナーがプロジェクトに参加するのは、一般的にUXデザイナーの作業が終わったあとです。

デザインリサーチからはじめて、既存のブランドガイドラインを新しいインターフェースに適用する方法を考えます。

最適なフォントの選定からボタンスタイルの作成まであらゆるタスクをこなすだけでなく、「なぜそうしたのか」という理由を社内外の関係者に説明しなければいけません。

また、レスポンシブデザインへの理解と、画面切り替えの処理やインタラクティブをどう実現するかといった仕組みの決定も必要です。

プロセスが進むと、開発に入る前にUXデザイナーと協力してテストをすることもあります。

3. どんなスキルを身につけたい?

UXデザイナーとUIデザイナーでは必要なスキルが異なります。それぞれに必要な3つのスキルを比較してみましょう。

UXデザイナーに必要な3つのスキル

スキル① 戦略立案のスキル

UXデザイナーは、目指しているゴールを明確に把握していなければいけません。

登録者数を増やす、情報が明確なダッシュボードを作るなどさまざまな目的が想定されますが、目的がなんであれ、よりよいインターフェースを実現するための戦略を立てる必要があります。

スキル② リサーチとユーザービリティテストのスキル

戦略を実現するための取り組みが正しいかを確認するために必要なのが、リサーチとユーザビリティテストです。

ユーザビリティテストでは、ユーザーを募集してテストに必要なスクリプトを作成し、結果を分析して発表する必要があります。

スキル③ プロトタイプ作成のスキル

テストにはプロトタイプが必要です。

UXデザイナーにとってのプロトタイプとは一般的に、ワイヤーフレームを作成し、実際の完成形とほぼ同じ機能を備えた試作品のことを意味します。

プロトタイプはスケッチからはじめることもできますが、InVisionFigmaのようなデザインツールを使うスキルもあるといいでしょう。

UIデザイナーに必要な3つのスキル

スキル① ビジュアルインターフェースデザインのスキル

UIデザイナーはビジュアルインターフェース全体を担当するため、スタイルガイド(デザインに共通するルール)を作成するスキルが必要です。

スキル② インタラクションとアニメーションのスキル

インタラクションとアニメーションは、UXデザイナーとUIデザイナーが仕事を分担する分野です。

「タッチやタップによる操作で何ができるか」といった設計はどちらも担当する可能性がありますが、UIデザイナーはそのアイデアを視覚的に応用し、ユーザーが指示なしでもインターフェースを理解できるように仕上げます。

そのため、インタラクションデザインに関するスキルや知識が求められるでしょう。

スキル③ フロントエンド開発のスキル

HTMLやCSS、JavaScriptは、UIデザイナーならおさえておきたいスキルです。

開発のスキルを必ず求められるわけではありませんが、インタラクティブな作品を作るためには、フロントエンドの開発スキルが非常に重要です。

4. どんな人と働きたい?

UXデザイナーもUIデザイナーも、ひとりで働くわけではありません。ここでは仕事で関わる人を比較してみましょう。

UXデザイナーが一緒に働く人

UXデザイナーは、UIデザイナー、プロジェクトマネージャー、フロントエンドのデベロッパーなどと仕事をします。

円滑に仕事をするために、プロジェクトのサイクルや基本的な技術を理解し、優れたビジュアルデザインには何が必要かを把握していることが求められます。

UIデザイナーが一緒に働く人

UIデザイナーは、チームの規模にもよりますが、他のUIデザイナー、プロジェクトマネージャー、UXデザイナー、開発チームなどと仕事をします。

デザインに関する決定事項を文書化し、共有するのもUIデザイナーの役割のひとつです。

5. どんな勉強をしてきた人が多い?

UXデザイナーとUIデザイナーでは必要とされるスキルが異なるため、今までの学びがどれだけ役立つかも変わってきます。どんな学歴の人が、それぞれに向いているのかを比較してみましょう。

UXデザイナーの学歴

「この学部でなければUXデザイナーになれない」といった制約や、前提条件はありません。

社会学や心理学、ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI:人間と計算機に関するインターフェースなどに着目して研究する学問)などを学んだ人がUXデザイナーという仕事に魅力を感じるようです。

UIデザイナーの学歴

UIデザイナーの多くは、美術、グラフィックデザイン、またはフロントエンド開発などの知識やバックグラウンドをもっています。

デザインの正式な学位は必要ありませんが、ポートフォリオは必要です。

6. どれくらい稼ぎたい?

最後に比較するのは、UXデザイナーとUIデザインの年収です。今回は日本とアメリカ、2カ国のデータを見てみます。

UXデザイナーの年収

日本の場合、UXデザイナーの平均年収は約600万円。(求人ボックスに掲載されていた求人情報から算出)

アメリカの場合、UXデザイナーの平均年収は85,277ドル(2021年4月現在、約932万円)です。(Glassdoorによる調査)

UIデザイナーの年収

日本の場合、UIデザイナーの平均年収は約549万円。(求人ボックスに掲載されていた求人情報から算出)

アメリカの場合、UIデザイナーの平均年収は76,115ドル(2021年4月現在、約832万円)です。(Glassdoorによる調査)

どちらか一つに決められなくても大丈夫!

ここまで6つの項目でUXデザイナーとUIデザイナーを比較しましたが、「どちらにするか決められない」という人もいるはず。

しかし、決められなくても大丈夫です。

大企業の求人情報やフリーランスのプロジェクトではひとつの分野の専門性が求められることもありますが、UXデザイナーとUIデザイナーは両立できます。

どちらのスキルも身につければ競争力があがり、収入のアップにもつながるはず。もし決められないなら、思い切ってUX&UIデザイナーを目指してみては?

(執筆:uxplanet.org 翻訳:Nakajima Asuka 編集:齊藤颯人 提供元:UX Planet

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

高単価なお仕事でキャリアを広げませんか?

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)が、そんな悩みを解決します!

  • 28,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ