UI/UXデザインでSEOを改善するための5つのポイント。Googleは良いUI/UXを評価する

MARKETER

最近ではWebサイトのUI/UXデザインも、SEOに貢献することが分かってきました。

この記事では、UI/UXデザインでSEOを改善するための5つのポイントをご紹介します。

1. Webサイトの読み込みスピードを速める

Webサイトの読み込みスピードは重要な指標のひとつです。Googleがスピードアップデートを発表したことからも分かるとおり、読み込みの遅いページは検索エンジンのランキングにも影響を及ぼします。

読み込みスピードを高めて、UI/UXだけでなくSEOでも評価されるようにしましょう。

2. 分かりやすいナビゲーションを設置する

シンプルに利用できるナビゲーションの存在も大切です。

メニューが混乱するものであったり、全てのページにメニューが組み込まれていなかったりすると、Webサイトを訪れるユーザーが適切に情報をキャッチアップできません。

またユーザーが必要な情報に素早くアクセスするための「検索バー」も大切な存在です。

ユーザーが混乱するサイトを、Googleは良しとしません。ユーザーにとって分かりやすいUI/UXのWebサイトを目指しましょう。

3. ページ内に適切な見出しをつける

見逃されがちですが、見出しはユーザーのサイトナビゲーションに役立つロードマップです。適切にデザインされた見出しは、SEOの向上に貢献することが分かっています。

見出しがあると、ユーザーにそのページの構造や目的を一目で伝えられるだけでなく、検索エンジンのクローラー(ロボット)にもページを読み取ってもらいやすくなります。

ただし見出しやタグを過剰につけると、むしろ混乱を招く原因にもなります。見出しはほどほどに利用しましょう。

4. ユーザーのサイト滞在時間を高める

ユーザーのサイト滞在時間も重要です。

適切なUI/UXデザインでユーザーのエンゲージメントを高め、セッション時間を長くすることは、SEOの向上にも役立ちます。

5. 直帰率を減らす

丁寧にデザインされたUI/UXは、エラーを減らし、ユーザーの離脱率を低めます。レスポンシブルなデザインで、検索エンジン最適化を試みましょう。

まとめ

Googleは良いUI/UXデザインのWebサイトを評価しています。

UI/UXデザインを極めてSEO対策を行い、ビジネスの成長を加速させましょう。

(原文:Melissa Crooks 翻訳:Sugita Mariko)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ