VPNを自宅に構築する3つの方法

ENGINEER

個人データの収集とその利用用途に関して、ISPは挑戦的な態度をとっています。大したことないと感じる人もいるでしょうが、実際はHTTPトラフィックまで変えています。ISPは強制的にユーザーに広告を閲覧させ、広告主にお金を払わせようとしているのです。WebページのUI/UXを破壊するケースもあります。

米国議会や世界各地の立法機関は、国民のプライバシーを守る気はほとんどありません。プライバシーは自らの手で守らなければいけなくなったのです。

そこで今回は、VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク:仮想専用線)を自宅に構築する方法をご紹介します。

VPNを自宅に構築する方法

方法1:VPNルーターを使う

VPNを自宅で構築する手段のひとつとして、スクラッチからはじめるのではなく、現在利用中のルーターをVPNルーターに切り替えるという方法があります。ありがたいことに、自宅でVPNを構築することの必要性を感じている人はひとりではないので、VPNルーターを探すことは難しくありません。

VPNルーターを購入したら、ウェブ上でサーバーのセットアップをして使用を開始しましょう。VPNルーターは事前に調査をして、自分の環境に合ったものを選んでください。

方法2:別のコンピューターをVPNサーバーにしてしまう

VPNソフトウェアを載せるサーバーとして、ご家庭にある普段使っていないコンピューターを使用するという方法もあります。ただしVPNサーバーとするコンピューターは、24時間常に電源をつけておく必要があります。

実はMac PCもWindows PCも、VPN用の設定があります。ただしVPNをホストできるというだけで、それに最適化されているわけではありません。専門家によると、この方法はセキュリティ対策として必ずしも十分とはいえないようです。くわえてMac PCやWindows PC標準のセッティングは少し難しいので、やや上級者向けです。

Mac VPN setting page
しかし『オープンVPN』をインストールすることで、これらの課題を克服できます。オープンVPNは、非常にパワフルかつ多くの人に使われているオープンソースのVPNプラットフォームです。Windows, Linux, Android, MacOSに対応しています。なおこれを正しく使うためには、ルーターからVPNサーバーとして利用する端末までの正しいポート番号を特定し、転送する必要があります。

もしくは、マイコンモジュールのような端末をVPNとして使うことも可能です。たとえばRaspberry Pi上にオープンVPNソフトウェアをインストールすることで、効率的かつ強力で軽量なVPNサーバーが実現できます。複数導入して、目的別にサーバーを立てることもできます。

方法3:ハイブリッドVPNを構築する

難度は高めですが、自作のVPNと既存のVPNを組み合わせるのもひとつの手です。

このためには、VPNサーバーをホストするためのVPNサービスを購入します。プレミアムサービスを購入するよりは安く済むでしょう。ホストするためにサーバーを買っているだけで、それ以外のものは買っていないからです。

VPNで実現できること・できないこと

VPNはセキュリティツールであり、何ができて何ができないのかを理解しておくことは大切です。

VPNの限界を理解しておかないのは、パラシュートが銃撃からあなたを守ってくれると思ったり、防弾チョッキが飛行機から飛び降りた時に助けてくれると思っているのと同じです。

how a VPN Protects Your Data

VPNで実現できること

VPNを有効にした瞬間から、全てのインターネットトラフィックはVPNによって暗号化された安全なトンネルを経由することになります。すなわち、ルーターからVPNサーバーまでのトラフィックが暗号化されることを意味します。ISPですらそのトラフィックを閲覧できません。ただしhttpsを用いてないサイトのばあいは暗号化されません。

またトラフィックはVPNから来ているように見えるので、本当のIPアドレスが外部に漏れることもありません。もし利用しているVPNサーバーが別の国にあるなら、まるでその国からアクセスしているように見えるのです。

VPNで実現できないこと

VPNは、すべてのオンライントラフィックを匿名にするわけではありません。もしこれを実現したければ、Tor Serviceを利用する必要があります。 Tor Serviceを使うとデータをたくさんのコンピューターに転送することになるため、あなたのコンピューターがどのような動きをしたのかを外部から読み取りづらくなります。

またVPNは、ウイルスやマルウェアからの攻撃を防ぐものではありません。これらの攻撃を防ぐためには、素直にマルウェア防御やウイルス対策ソフトウェアを入れておくのが良いでしょう。

(原文:Amy Lee 翻訳:Yui Shimizu)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ