Webサイト改善、20のチェックリスト

Website Conversion 21 Tips
MARKETER

Webサイトを改善したいと思ってはいるものの、どこから手をつけていいか分からない……。

今回は、そんな人にぴったりの「Webサイトを改善する20のチェックリスト」をご紹介します。

じっくり時間をかけてすべて改善するもよし、できるものから改善していくもよし。まずは改善に取り組むところからはじめてみましょう。

1. 製品の説明にGIFを取り入れる

百聞は一見にしかず。製品の説明をするときは、言葉を長々と連ねるよりもGIFを取り入れましょう。

文章だけのWebサイトは顧客も飽きてしまい、離脱率が上がってしまいます。適度に写真やGIFを挿入するのが効果的です。

Website Conversion 21 Tips

▲出典:Muzli

2. 見出しで強調する

見出しは、新規顧客の獲得を大きく左右します。

顧客にとって利益になる情報を、見出しを使って分かりやすく伝えましょう。

website-conversion-21-tips-1

▲出典:Muzli

3. 顧客目線で考える

自分がアピールしたいことよりも、顧客のニーズを意識しましょう。

こちら側が「伝えたい!」と思っていることが、相手の知りたいことであるとは限りません。まずは製品やサービスに興味を持ってもらうことが大切です。その上で、顧客が求めている情報は何かを考えましょう。

4. メリットを繰り返す

製品やサービスのメリットは、何度も繰り返し表記しましょう。

顧客がWebサイトを見る目的は、製品やサービスがどのように機能し、自分にとって役立つかを理解することです。

5. 短くて読みやすい文章を心がける

人の集中力には限界があります。文章は読みやすく、できるだけ簡潔にしましょう。

たとえ伝えたいことがたくさんあったとしても、顧客に伝わらなければ意味がありません。

6. 顧客の決定に自信をもたせる

人は、自分の決断に自信をもちたいと思っています。

製品やサービスの説明をするときは、言葉遣いを工夫して、説得力をもたせましょう。

7. ストーリー性をもたせる

製品やサービスの説明をするときは、ストーリー性を意識しましょう。顧客が自分の経験と関連づけて、親近感をもってくれます。

8. ソーシャルプルーフを活用する

人は無意識に他人の行動や決定を参考にしています。ソーシャルプルーフ(社会的証明)は、製品やサービスの価値を伝えるのに最適です。

「お客様の声」などの客観的な評価を使って、効果的に価値を伝えましょう。

website-conversion-21-tips-1

▲出典:Muzli

9. 画像選びは慎重に

製品やサービスについて理解を促せるような、適切な画像を使いましょう。

一度「なんだか分かりづらい」と思ってしまうと、人は装飾的な画像を無視するようになります。

website-conversion-21-tips-1

▲出典:Muzli

10. CTAボタンの使いすぎに注意する

CTAボタンを大量に設置するのは避けましょう。

CTAボタンが多すぎると、反対に人は行動しなくなってしまいます。

11. マイクロインタラクションを活用する

ちょっとしたアニメーションがついたマイクロインタラクションは、顧客の好感度を上げてくれます。

「マイクロインタラクション=小さなアニメーション」と理解している方もいるかもしれません。厳密にはアニメーションを指すのではなく、顧客の行動に対するフィードバックを指すものです。

たとえば、あるボタンを押したときに「押したことがはっきり分かる」アニメーションを施すこと。これがマイクロインタラクションです。

12. インタラクティブな要素を増やす

インタラクティブな要素は、顧客にとって魅力的です。

顧客の理解度を高めるためにも、双方向的なコミュニケーションを増やしましょう。

13. 情報をファーストビューにまとめる

メニュー、見出し、小見出し、ボタンなどの重要な情報は、スクロールしないでも見える範囲にまとめるのがおすすめです。

website-conversion-21-tips-1

▲出典:Muzli

14. CTAボタンの機能は明確にする

ボタンを押すとどうなるのかを明確にしましょう。

website-conversion-21-tips-1

▲出典:Muzli

15. 料金をわかりやすく明示する

料金は非常に重要な情報です。料金表は分かりやすい場所に配置しましょう。

16. 販売計画は綿密に練る

コンバージョンを上げるために、製品やサービスの仕組みやメリットを理解してもらう工夫をしましょう。

じゅうぶん情報を与えないまま購入を催促しても、コンバージョンにはつながりません。製品やサービスが複雑であればあるほど、コンバージョンまでに時間がかかります。

17. 疑問を解消する

製品やサービスについての疑問や批判を想定したQ&Aページを設けておくことで、スムーズに対応できます。

18. 情報で信頼を獲得する

企業やブランドを支えている人を紹介したり、Webページのコンテンツを頻繁に更新したりすることで、プロフェッショナルらしさをアピールできます。

神は細部に宿る。小さな積み重ねが顧客の信頼に繋がります。

19. ポップアップを避ける

ポップアップや宣伝だらけのWebサイトは、顧客に不快感を与えます。

もし避けられない場合は、メインのコンテンツと差別化しましょう。

20. 文法的誤りを避ける

文法や言葉の使いかたを誤ると、企業やブランドの信頼を損ないます。

千里の道も一歩から

Webサイト全体を一気に改善するのは時間も手間もかかるもの。しかし上記20のチェックリストのうちひとつでも取り組めば、一歩前進できます。

まずは取り組みやすい項目や、気になっている項目から取り掛かって、すこしずつWebサイトを改善しましょう。

(執筆:maxicabrera 翻訳:中島あすか 編集:北村有 提供元:Muzli

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

33,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 33,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ