「WordPressのプラグインのインストール方法を教えて欲しい」

「WordPressのプラグインがインストールできないときの対処法は?」

WordPressにプラグインをインストールすると、プログラミングの知識がなくてもWordPressを簡単にカスタマイズできます。

しかしWordPressのプラグインをうまくインストールできないときは、どのように対処すればいいのでしょうか?

そこで本記事では、

  • WordPressのプラグインをインストールする3つの方法
  • WordPressのプラグインをインストールできないときにすべき3つの対処法
  • インストールするときに注意すべき点

について解説します。プラグインがインストールできなくて悩んでいる人はぜひご覧ください。

WordPressのプラグインをインストールする3つの方法

WordPressのプラグインのインストールには、3つの方法があります。

プラグインがうまくインストールできない場合は、まずはこの3つの方法をすべて試してみましょう。

  • WordPressの管理画面からインストール
  • プラグインのZipファイルをアップロード
  • FTPソフトでファイルをアップロード

これらの3つの方法について、画像付きで分かりやすく解説します。

WordPressの管理画面からインストール

まずもっとも簡単なのは、WordPressの管理画面からインストールする方法です。

WordPressの管理画面からインストールする手順は以下のとおり。

  1. WordPressの管理画面にログインする
  2. プラグイン→新規追加と進む
  3. 検索ボックスにインストールしたプラグイン名を入力する
  4. インストールボタンをクリックする

手順を一つひとつ詳しく解説します。

プラグインインストール手順

まずWordPressの管理画面にログインしたら、メニューバーから「プラグイン→新規追加」と進みます。

すると右上に検索ボックスがあるので、インストールしたいプラグインの名前を入力します。

プラグインインストール手順

検索をすると、関連するプラグインが表示されます。インストールしたいプラグインの「今すぐインストール」をクリックしてインストール完了です。

プラグインのZipファイルをアップロード

WordPressのプラグインをインストールする2つ目の方法として、プラグインのZipファイルをアップロードする方法があります。

プラグインのZipファイルをアップロードする手順は以下のとおりです。

  1. WordPress.orgにアクセス
  2. プラグインを検索する
  3. プラグインのZipファイルをダウンロードする
  4. WordPressの管理画面にログイン
  5. プラグイン→新規追加と進む
  6. プラグインのアップロードをクリック
  7. ダウンロードしたZipファイルをアップロード

手順を一つひとつ詳しく解説します。

プラグインインストール手順

まずは、WordPress.orgにアクセスします。

プラグインをクリックすると、プラグインを検索できるので、インストールしたいプラグイン名を検索します。

プラグインインストール手順

今回は仮に『Jetpack』プラグインをインストールしたいと思います。

インストールしたいプラグインをクリックします。

プラグインインストール手順

ダウンロードボタンが表示されるので、クリックしましょう。Zipファイルがダウンロードされます。

なお、ダウンロードしたZipファイルを解凍する必要はありません。

そのまま次の手順に進みます。

プラグインインストール手順

続いてWordPressの管理画面にログインし、「プラグイン→新規追加」と進みます。

画面上の方に、「プラグインのアップロード」ボタンがあるのでクリックします。

プラグインインストール手順

するとファイルを選択できるようになるので、先ほどダウンロードしたZipファイルを選択してアップロードします。

最後に「今すぐインストール」ボタンをクリックすると、プラグインのインストールは完了です。

FTPソフトでファイルをアップロード

最後に、FTPソフトでプラグインファイルをアップロードする方法をご紹介します。

この方法は少し複雑ですが、画像付きで解説するのでご安心ください。

<準備するもの>

  • FTPソフト(『FileZilla』を利用)
  • FTPホスト名(FTPサーバー名)
  • FTPユーザー名(FTPアカウント名)
  • FTPパスワード
  • プラグインのZipファイル

まずは、FTPソフトが必要です。FTPソフトとは「サーバー上にあるファイルをダウンロードしたり、ローカル環境からアップロードしたり、ローカル環境とサーバーを繋いだりするためのソフト」と思っていただければOKです。

FTPソフトの代表的なものとして、『FileZilla』があります。

まずは上記のリンクから、FileZillaのソフト本体をダウンロードしてください。

英語のサイトですが、緑の「Download FileZilla Client」というボタンをクリックするだけです。

プラグインインストール手順

FileZillaを立ち上げて上の画面になっていれば、FTPソフトの準備はOKです。

次に、WordPressがインストールされているサーバーとの接続情報が必要になってきます。

  • FTPホスト名(FTPサーバー名)
  • FTPユーザー名(FTPアカウント名)
  • FTPパスワード

この3つを、契約しているサーバーにログインして確認しておきましょう。

『Xserver』を利用している人であれば、メールの中に「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (xxxxxxx)」のようなメールがあると思います。そのメールに上記の情報が記載されています。

プラグインインストール手順

FileZillaを開いた画面の上部にある「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」の欄に確認した情報を入力し、「クイック接続」をクリックします。

プラグインインストール手順

接続が完了すると、右の画面にドメイン名が表示されるので、クリックしてフォルダの詳細を開いていきます。

「ドメイン名 → public_html → wp-content → plugins」とクリックして、pluginのディレクトリ内に入ります。

プラグインインストール手順

最後に、ダウンロードしたプラグインのZipファイルを「解凍したフォルダ」を、左から右画面にドラッグ&ドロップすればインストールの完了です。

WordPressのプラグインをインストールできないときにすべき3つの対処法

WordPressのプラグインのインストール方法を3つご紹介しましたが、それでもプラグインをインストールできない場合は、以下の方法を試してみてください。

  • ディスクの容量を増やしてプラグインをインストール
  • サーバーのPHPセーフモードを解除する
  • ディレクトリのパーミッションを設定する

これらの方法について詳しく解説します。

ディスクの容量を増やしてプラグインをインストール

まずプラグインがインストールできない理由として、ディスクの空き容量が足りない場合があります。

ディスクの容量がないと、プラグインのインストールができなかったり画像のアップロードができなくなったりします。

契約しているレンタルサーバーのプランを変更するか、不要なファイルを削除してディスクの容量を増やしましょう。

サイズが大きいままの画像をアップロードすると、画像の読み込み速度が遅くなったり容量がいっぱいになったりするので、プラグインを使用して画像を圧縮するといいでしょう。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer』というプラグインを使用すると、画像を最適なサイズに圧縮してくれるので、サイズが大きい画像で容量が一杯になるのを防げます。

サーバーのPHPセーフモードを解除する

お使いのレンタルサーバーによっては、PHPセーフモードになっている場合があります。

PHPセーフモードになっていると、管理画面からプラグインのインストールや更新ができないケースがあり、WordPressを運用していく上で非常に手間がかかります。

Xserver』や『ロリポップ』などWordPressに対応している有名なレンタルサーバーを利用している場合は、このような問題はあまり起こりませんが、もしPHPセーフモードになっているのであれば確認してみましょう。

PHPセーフモードになっている場合は、CGI(ウェブサーバー上でユーザープログラムを動作させるための仕組み)として設定して動くように設定する必要があります。

XREA』や『CORESERVER.JP』などのレンタルサーバーをお使いの場合は、PHP を CGIモードで動かす場合には下記のコード内容を書いた .htaccess ファイルを作成し、 wp-adminディレクトリ配下にFTPソフトを使ってアップロードします。

# 画像・ファイルアップロード

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

# プラグイン・テーマ 新規インストール/アップグレード

<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

# 本体アップグレード

<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

# カスタムヘッダー・カスタム背景 アップロード

<files themes.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

▲引用:セーフモードによる制限と対処方法

ディレクトリのパーミッションを設定する

パーミッションとは、サーバー上にあるファイル管理の権限を指定するものです。

プラグインのファイル管理にパーミッションが設定されている場合は、インストールや更新ができません。

ディレクトリのパーミッションを設定するには、以下の方法があります。

  • 契約しているレンタルサーバーの管理画面から設定
  • コマンドライン
  • FTPソフトから設定する

プラグインインストール手順

FileZillaから変更する場合は、パーミッションを変更したいフォルダの上で右クリックをして、パーミッションの変更をクリックします。

プラグインインストール手順

するとパーミッションが設定できるようになるので、書き込みを許可したり、実行を許可したりするとプラグインのインストールができるようになります。

FTPファイルやサーバーの設定の変更を行うときはバックアップを取っておこう

FTPファイルやサーバーの設定を変更するときに、誤った操作をしてしまったときに復元できるよう、バックアップを取っておくと安心です。

バックアップを取る場合は、FTPソフトを使ってバックアップを取ります。

プラグインインストール手順

FileZillaを開いて、バックアップを取りたいファイルを右から左のローカル環境にドラッグ&ドロップすれば、自分のPC内にファイルのバックアップを取ることができます。

まとめ

  • プラグインのインストール方法を3つ試してみる
  • プラグインをインストールできない場合は、サーバーやパーミッションを設定する
  • 色々操作する前にまずはバックアップを取っておく

 

執筆:HikoPro
編集:内田一良(じきるう)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ