• 「WordPressでサイト運営を始めようと思うけど、どのサーバーを使うべき?」
  • 「サーバー選びのポイントを知りたい!」
  • 「サーバーを厳選して比較してほしい!」

WordPressでサイトやブログを運営するときに欠かせないのが「レンタルサーバー」です。

2020年現在、処理速度が早いものや価格が安いものなどさまざまなレンタルサーバーがあります。初心者の人はどれを使えばいいか迷ってしまうでしょう。

本記事では、これからWordPressを始める人向けにおすすめのレンタルサーバーを3つご紹介します。

ぜひこの記事を参考にサーバーを選んでみてください!

<本記事の内容>

  • レンタルサーバーを選ぶ際のポイント
  • WordPressでおすすめのレンタルサーバー3つ
  • 各レンタルサーバーの価格や特徴など

サーバーを選ぶ4つのポイント

たくさんの企業が価格・性能が違うレンタルサーバーを提供しているため、選ぶ基準が分からない人も多いでしょう。

レンタルサーバーを選ぶときは、以下のポイントを見て選ぶことをおすすめします。

<レンタルサーバーの見るべきポイント>

  • 価格
  • 表示速度(処理能力)
  • セキュリティ(信頼性)
  • プラン変更のしやすさ(サーバー容量を上げたい時など)

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

ポイント1. 価格

まずはじめに見るべきポイントは価格です。

レンタルサーバーは基本的に月額制で、WordPressでサイトを運営し続けるには継続的に料金を支払う必要があります。

WordPressで運営するサイトのリターンに応じ、その費用対効果を踏まえてレンタルサーバーを決めましょう。

レンタルサーバーの価格はピンキリです。月額100円〜のプランもあれば、10万円以上のプランもあります。

  • 価格が安い:アクセスの少ない小規模なサイト向け
  • 価格が高い:アクセスの多い大規模なサイト向け

価格の安いレンタルサーバーは基本的に処理速度が遅くメモリが小さいです。そのため大量のアクセスが集中するとサーバーダウンしてしまう可能性があります。

一方で常にアクセス数の多いWebサイトのサーバー代は、月額数十万〜数億かかっているケースもあります。

運営するサイトの規模に応じて価格を決めましょう。

ポイント2. 表示速度(処理能力)

次に見るべきポイントはサイトの表示速度です。

レンタルサーバーによってサイトの表示速度は異なります。仮に表示速度が遅いと、ユーザーの離脱につながるため重要なポイントです。

下記のGoogleの調査でも、サイトの読み込み速度とユーザーの離脱率の関係が密接であることがわかります。

  • 読み込み速度が1秒→ 3秒に増加:離脱率が32%増加
  • 読み込み速度が1秒→ 5秒に増加:離脱率が90%増加
  • 読み込み速度が1秒→ 6秒に増加:離脱率が106%増加
  • 読み込み速度が1秒→ 10秒に増加:離脱率が123%増加

このように1秒でもサイトの表示速度が遅いと離脱率が高くなります。レンタルサーバーを選ぶときは処理速度の速さに注意しましょう。

WordPressを高速化させる他の方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

ポイント3. セキュリティ(信頼性)

WordPressでサイト運営を行う上でセキュリティ対策は欠かせません。

レンタルサーバーの脆弱性を狙った攻撃を受けて、時間やコストをかけて運営してきたサイトが改ざんされたり、消えてしまったりする可能性があります。

レンタルサーバーを選ぶときは、以下のようなセキュリティ対策ができるものを選びましょう。

  • SSLで通信が暗号化できるか
  • ファイアウォールがあるか
  • Web改ざん検知があるか
  • IDS/IPSが装備されているか

さらにセキュリティの高いレンタルサーバーを選ぶときには、「長年運営されている老舗サービスか」「過去に大きな事件がないか」「利用者が多いか」を基準にするといいでしょう。

ポイント4. プラン変更のしやすさ(サーバー容量を上げたい時など)

サイト運営を続けるにあたり、最終的には月間100万、500万PV以上のアクセスを狙いたいと考えている場合。サーバーのプランを変更しやすいものを選ぶのがおすすめです。

サイト運営初期はアクセスが集まりにくく、比較的性能の低いサーバーでも対応できます。

しかし徐々にサイトが育ち、アクセスが集まるようになると、サーバーの性能を向上させる必要があります。

そのときにすぐ対応できるよう、プランを変更しやすいサーバーを選びましょう。

WordPressでおすすめのレンタルサーバー3つを徹底比較

レンタルサーバーの種類はたくさんありますが、2020年現在おすすめできるレンタルサーバーは以下の3つです。

  • エックスサーバー
  • ロリポップサーバー
  • ConoHa WING

これら3つのサーバーを、価格やスペックをもとに比較しました。ぜひ参考にしてください。

エックスサーバー ロリポップサーバー ConoHa WING
おすすめプラン X10 スタンダード スタンダード
価格(月額) 1,000円 500円 2,300円
初期費用 3,000円 500円 0円
ディスク容量 200GB 120GB 300GB
転送量の目安 70GB/日 100GB/日 約102GB/日
マルチドメイン 無制限 100個 無制限
MySQL 50個 30個 80個
独自SSL 無料 無料 無料
自動バックアップ 対応 未対応 対応
特徴
  • 国内シェアNo.1
  • 歴史が長い
  • 大量のアクセスにも強い
  • 安く性能がいい
  • 歴史が長い
  • 初心者向け
  • とにかく速い
  • 初期費用が0円
  • 歴史が浅い

※マルチドメイン:サーバーにドメインを何個登録できるか

※MySQL :データを保管するデータベースのこと

※独自SSL:独自でhttp→httpsに変更できるか(通信を暗号化させてセキュリティが向上)

これらの3つのレンタルサーバーについて以下で詳しく解説します。

抜群の安定感『エックスサーバー』

「価格とかスペックとかよく分からないから、とりあえず一番いいレンタルサーバーが知りたい!」と思う人におすすめなのが、国内シェアNo.1の『エックスサーバー』です。

エックスサーバーはレンタルサーバーの定番で歴史も長く、大きな事故もないため抜群の安定感を誇っています。

企業のサイトや有名ブロガー、アフィリエイターの多くがエックスサーバーを利用しており、評価も高いです。

エックスサーバーのプランと価格

エックスサーバーでおすすめのプランは「X10」です。

表示速度も非常に早く、月間100万PV程度以下なら十分に対応できます。これからWordPressでサイト運営を始めようと思う人にはぴったりです。

もしアクセスが集中してサーバーダウンしても、「X20」や「X30」プランなどスペックの高いプランに変更できるので安心です。

エックスサーバーのプランと価格は以下のとおり。

X10 X20 X30
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
費用(月額、12ヶ月契約) 15,000円(税込16,500円) 27,000円(税込29,700円) 51,000円(税込56,100円)

サイト開設後に大量のアクセスが予想されないのであれば、「X10」を選んでおけば間違いありません。

エックスサーバーのメリット/デメリット

次に、エックスサーバーのメリットとデメリットについて解説します。

メリット デメリット
  • 国内シェアNo.1
  • 歴史が長い
  • 大きな事故が過去にない
  • 大量のアクセスにも強い
  • 自動バックアップ
  • 24時間365日サポート
  • 情報が多い
  • WordPressの簡単インストールができる
  • 初期費用が少し高い

エックスサーバーのデメリットはほとんどないと言えます。

他のレンタルサーバーと比べて初期費用が3000円と少々高めですが、長くエックスサーバーを愛用するのであれば大きな負担ではないでしょう。

エックスサーバーはこんな人におすすめ

エックスサーバーはコストが低い割にスペックは高いため、以下のような人におすすめです。

  • レンタルサーバーを選ぶのが面倒な人
  • 一番人気のサーバーを使いたい人
  • 尖った特徴がなく、デメリットが少ないものを選びたい人

企業サイト、個人ブログ、アフィリエイトサイトなど、どんなサイトでも対応できます。レンタルサーバー選びに迷っている人は、エックスサーバーを導入しましょう。

コスパ重視なら『ロリポップ!レンタルサーバー』

コストもスペックも平均的なレンタルサーバーを利用したいのであれば、『ロリポップ!レンタルサーバー』がおすすめです。

ロリポップは大手IT企業GMOの子会社である、GMOペパボが提供しており、信頼性も保たれています。

200万以上のサイトで利用されており、国内のシェア率はエックスサーバーに次ぐ第2位です。

ロリポップサーバーのプランと価格

ロリポップを利用してWordPressのサイトを運営するなら以下の3つのプランがおすすめです。

ライト スタンダード ハイスピード
初期費用 1,500円 1,500円 3,000円
費用(月額) 250円〜 500円〜 1,000円〜
用途 WordPressのサイト1つを運用 WordPressを高速で複数運用 圧倒的なスピードと性能で運用

趣味程度のブログであればライトでOK。本格的にサイト運営をしたい方はスタンダートプランにしましょう。

もしサイトの表示速度を上げたい、大量のアクセスにも耐えられるようにしたいのであれば、段階的にハイスピードへプラン変更することをおすすめします。

ロリポップサーバーのメリット・デメリット

ロリポップサーバーのメリット、デメリットをまとめると以下のとおり。

メリット デメリット
  • 安く性能もそこそこよい
  • 老舗で歴史が長い
  • カスタマーサポートが充実
  • エックスサーバーより扱いやすい
  • 初心者向け
  • サーバーの性能はエックスサーバーより劣る
  • 過去に大きなサイバー攻撃を受けた事件がある

ロリポップは過去にハッカーによるサイバー攻撃を受けた過去があり、多くのサイトが改ざんされました。この事件が原因で、多くのユーザーが離脱しています。

これは大きなデメリットですが、裏を返せばよりセキュリティ面を強めるきっかけになったとも言えるため、メリットとして捉えることも可能です。

ロリポップサーバーはこんな人におすすめ

ロリポップサーバーは以下のような人におすすめです。

  • サイトが今後どうなるか分からないため、初めは安い費用で始めたい人
  • サーバーの設定などをサポートしてほしい人
  • サーバーやWordPressの初心者の人

サイト運営は途中で挫折する人が非常に多いので、長年続けられる自信がない人はコスパのよいロリポップサーバーを利用してみてください。

早い処理速度なら『ConoHa WING』

ConoHa WING

▲出典:ConoHa WING

「とにかく高速でサイトを表示させるハイスペックなサーバーがいい!」という人におすすめなのが、国内最速の『ConoHa WING』レンタルサーバーです。

ConoHa WINGは2018年9月にリリースされた新しいレンタルサーバー。最新の技術が搭載されており、そのサーバー処理速度はエックスサーバーをもしのぐ国内最速とされています。

速さだけでなく、無料独自SSLや自動バックアップなどさまざまな機能もあり、スペックが非常に高いです。

ConoHa WINGのプランと価格

ConoHa WINGは性能が高いがゆえに、他のレンタルサーバーと比べるとコストは高くなっています。

ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 無料 無料 無料
費用(月額) 1,100円 2,300円 4,600円

一番人気のスタンダードプランでもスペックは十分です。よっぽど大規模なサイトでなければスタンダードプランで問題ないでしょう。

初期費用は無料です。他のレンタルサーバーでは平均1000円〜3000円かかることから考えると、ConoHa WINGはお得と言えます。

ConoHa WINGのメリット・デメリット

ConoHa WINGのメリット、デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
  • 国内最速No.1
  • 初期費用が0円
  • 安定したサーバー
  • 離脱率を減らせれる
  • 歴史が浅い
  • 情報が少ない

ConoHa WINGはまだまだ歴史が浅いため、ユーザー数やトラブル時の情報が少ないのがデメリットです。

それ以外は申し分ないスペックを持っています。

ConoHa WINGはこんな人におすすめ

国内最速のConoHa WINGはこんな人におすすめです。

  • とにかく高速でサイトを表示させたい
  • アクセスが多いサイトを運営する予定
  • スペックの低いサーバーから移行させたい

ConoHa WINGには他のレンタルサーバーから、WordPressのサイトを簡単に移行できるサービスもあります。いま使っているレンタルサーバーに満足できない人はぜひConoHa WINGを利用してみてください!

まとめ

WordPressでサイト運営をするときのレンタルサーバーの選び方、おすすめのレンタルサーバー3つの特徴についてご紹介しました。

ぜひレンタルサーバー選びの参考にしてください。

  • サーバーを選ぶポイントは、価格・表示速度・セキュリティ・プラン変更のしやすさ
  • サーバー選びに悩んでいるならエックスサーバー
  • 平均的なコスト・スペックで選ぶならロリポップサーバー
  • とにかく高速を求めるならConoHa WING

(執筆:HikoPro 編集:Kitamura Yu)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ