エンジニアライター募集!テック系総合メディア『Workship MAGAZINE』で技術記事を書きませんか?

こんにちは。Workship MAGAZINE編集部です。

「デジタル×フリーランスを知るマガジン」として2017年夏にスタートしたWorkship MAGAZINE。Web制作を中心としたデジタル分野のトレンドや、ビギナー向けのお役立ち情報をクリエイターに提供する場として、毎日1〜3本ずつ記事を公開しています。コンテンツの数は累計900本を超え、PVも一定の数値をコンスタントに獲得できるまでに成長しました。

しかし編集部は、よりテクノロジーに精通したプロフェッショナル向けコンテンツを拡充する必要を感じています。エンジニアのスキルアップに結びつくような技術の話や、実践的なコンテンツを届けるために、エンジニアの実務経験者がイマ取り組んでいることを発信したいのです。

エンジニアにしか作れないコンテンツを発信するため、エンジニアライターを募集します。

募集要項

募集対象

  • Webエンジニア、Webデザイナー、Webマーケターいずれかの実務経験がある人
  • 文章を書くことが好きな人
  • SEOの知見がある人(必須ではない)

こんな人におすすめ

  • 自分が実践したことを他のエンジニアにも共有したい
  • 発信力をつけたい
  • わかりやすく伝える文章術を学びたい
  • メディア枠でイベント取材したい

お願いしたい業務

  • 書きたいコンテンツ企画の提案
  • 記事の執筆
  • CMSへの入稿

お仕事の条件

  • 学生、副業可
  • ライター未経験可
  • 完全リモートワーク
  • 原稿料は経験に合わせてご相談

応募方法

メールに以下の内容を明記の上、ご応募ください。5営業日以内に担当者からご連絡させて頂きます。

  1. お名前
  2. ご職業
  3. 書いてみたいテーマ(幾つでも可)
  4. ブログやメディアでの執筆経験の有無(有るばあい、記事URLまたはポートフォリオを添付)

送付先アドレスはこちら→[ info@goworkship.com ]

Workship MAGAZINE編集部が執筆をサポートします

すべてのライターさんに、編集者がつきます。書いたら書きっぱなし、ということはなく、必要に応じてフィードバックをお送りさせていただきます。

「ライターとして仕事を受けるのは不安」「執筆の知識がなくて心配」という方には、Workship MAGAZINE編集部メンバーが記事の書き方をレクチャーします。

エンジニアにも情報発信力が求められるSNS時代。いい記事の作り方を、編集部と一緒に模索していきましょう!

一緒に記事を作る編集部メンバー

内田一良(じきるう)

じきるう

Workship MAGAZINE編集長。早稲田大学大学院卒。修士時代はダンスとメディアに関する研究を行う傍ら、IT / デジタル / ビジネス / スポーツ / アート / エンターテイメントなどさまざまな分野でライターとして活動。2018年に編集者として株式会社GIGにジョイン。Workship MAGAZINEでは編集、執筆、マーケティング、採用、チームビルディング等を担当。 Twitter:@kazzikill

横内翔太(shochik)

shochik

Workship MAGAZINE副編集長。東北大学経済学部を卒業後、メーカーでの営業職に従事。「伝えるプロ」になりたい思いから一念発起し、2018年に編集者として株式会社GIGにジョイン。Workship MAGAZINEでは記事制作、取材、所属ライターやインターン生の育成などを担当。Twitter:@sho_chik

和田憲幸(ノリ)

のりさん

静岡の技術専門学校を卒業後、SIerとしてIT企業でプロジェクトに携わる。その後Webサービスのマネージャー経験を積み、2018年にサーバーサイドエンジニアとして株式会社GIGにジョイン。Workship MAGAZINEでは仕様の検討・ヒアリング・実装・改善など幅広いポジションを担当する。

ご応募お待ちしております!

ライターとしての経験値よりも「書きたい!」という意欲を重視して選考をさせていただきます。

まずはお気軽に、ご連絡ください。

ご応募はこちら→[ info@goworkship.com ]

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ