オンラインだと難しい? ブレインストーミングのやり方をアップデートしよう

ブレインストーミングのやり方(オンライン編)
無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

前回は、オンライン会議を味方につける方法をご紹介しました。今回はオンライン会議の中でも、特にやり辛い印象がある「ブレインストーミング」について、上手に実施するコツやオンラインだからこそできる新しい工夫などをご紹介していきます。

Miro
Miro

Miro は、オンラインホワイトボードサービスです。オランダとアメリカに本社を置き、昨年5月に日本法人(ミロ・ジャパン)も設立した SaaS 企業であり、リモートワークやハイブリッドワークスタイルがトレンドとなる中、多数の企業のイノベーションやビジネス推進をサポートしています。関連ページリンク:https://miro.com/ja/online-brainstorm-tool/

ブレインストーミングとは?

ブレインストーミングとは、アイデア発想法の一つです。複数人でさまざまな意見を出し合うことで、一人だと思いつかなかったような新しいアイデアを導きだすことを狙った発想法です。

もちろん、ひとりでも行うことができますが、ブレインストーミングの狙いは自分の中にはなかったいろいろな視点のアイデアを出すことなので、複数人で行う方が効果的です。3人〜多くても10人以下が適していると言われています。

上手なブレインストーミングとは? 〜4つの基本ルールと実践するコツ〜

ブレインストーミングの狙いを忘れないようにすれば、成功させるコツも自ずと見えてきます。

ブレインストーミングを行う時に基本となる4つのルールに加えて、実践するための考え方のヒントをご紹介しましょう。

ルール0. ブレインストーミングに参加する心構え

ルールゼロとして、大切なことをお伝えします。

ブレインストーミングでは、参加者全員が対等かつ尊重しあうことが重要です。上司やクライアントの前だと発言しづらいと思うことがあるかもしれませんが、ブレインストーミングの場はフェアであるということを初めに全員が認識するところから始めましょう。

ブレインストーミングを始める前に、参加者には立場や意見の正否は気にせずに発言することを呼びかけてください。またブレインストーミングでは「間違ってるかもしれないのですが」や「私が言うのは恐縮ですが」といった枕詞も必要ありません。

ルール1. 否定しない・判断や結論をださない 〜できる可能性を探ろう〜

ひとつひとつのアイデアに対して、評価をしないようにしましょう。

「納期的に厳しい」「予算的に無理そう」など、実現性を考えた時に厳しいと思ってしまう場面があると思いますが、ブレンインストーミングの場では一旦それは忘れることが大切です。

できない理由よりもできる方法を探す、そのような発想の切り替えが重要になります。

ルール2. ユニークなアイデアを歓迎する 〜自分が本当に好きなこと、おもしろいと思うものを考えよう〜

自由に発言してくださいと言われても、なかなか難しいですよね。ブレインストーミングでは、多数の視点からのアイデアを出すことが重要です。なので、一般的に言われているから、大衆ウケするから、といった考え方はやめて、あなた自身の視点で考えることを意識してみてください。

そんな考え方があったのか!と、チームにとって新しい発見につながるはずです。

ルール3. 質より量を重視する 〜多面的な考え方で量を出そう〜

やるからには時間をかけてでも良質な案を出さなければ、と思うかもしれませんが、ブレインストーミングは違います。限られた時間内で、できるだけたくさんアイデアを出すことを意識しましょう。

たくさんのアイデアを出すためのコツをひとつ紹介します。まずサイコロをイメージして、全面をアイデアで埋めてください。。ここで重要なのがサイコロであるという点です。ただ6つのアイデアを出すのではなく、サイコロで1の裏が6になるのと同じように、アイデア同士も対の関係になるようにしましょう。

ある居酒屋の売り上げ改善を目的としたブレインストーミングを例とします。もしあなたが「夜の営業時間を長くする」というアイデアを思いついたなら、その裏側は?と考えてみてください。「モーニングの営業をしてみる」といった違う角度からのアイデアがでます。このような形で1つのアイデアを、多面的に派生させることでたくさんのアイデアが生まれます。

ルール4. アイデアをつなげる 〜王道な組み合わせと、意外な組み合わせを試そう〜

ブレインストーミングで一番大切なことが、アイデアをつなげることです。他の人のアイデアをヒントに新たなアイデアを思いつくことがきっとあるはずです。誰のアイデアかということよりも、ブレインストーミングを通して、チームで最良のアイデアを生み出すという心持ちで、アイデアの良いところをどんどん発展させて考えましょう。

またアイデアをつなげる時には、王道な組み合わせだけでなく意外な組み合わせも試してみてください。塩とチョコを合わせてみるようなトリッキーなものを試してみると、アイデアの化学反応が起きるかもしれません。

フリーランスにとって、効果的なブレインストーミングの使い方とは?

フリーランスにとって、ブレインストーミングは単なるアイデア発想法では終わりません。効果的に活用する2つのポイントをご紹介します。

ポイント1. クライアントと一緒に実施し、関係を深める

クライアントワークが中心のフリーランサーは、クライアントとのブレインストーミングをおすすめします。先述したとおり、ブレインストーミングは参加者全員がフェアに課題に対する意見を出せる場です。

普段のミーティングでは出ない意見や、見えていなかった想いを知ることができる貴重な機会になるはずです。

ポイント2. 自身の発想力を鍛える

ブレインストーミングは複数人で行うものだとお伝えしましたが、一人で実施することも可能です。「色々な視点でのアイデアをたくさん出す」ということを意識することを忘れずに行いましょう。

しかし、そうは言ってもなかなか多くの視点を持つことは簡単ではありません。おすすめの方法は、頭の中で具体的に身近な人を思い浮かべてブレインストーミングに参加させましょう。

転職を経験したA君ならこんな視点がありそう、子育て中のBさんならこんな視点がありそうなど、具体的な人物を通して考えることで、一人ブレインストーミングでも効果が期待できます。

一人でアイデアを練る場面が多いフリーランスにとって、自身の発想力を鍛える方法としても活用できます。

オンラインで、よいブレインストーミングを行うコツ

ここまでブレインストーミングの基本ルールや、フリーランスとしての活用ポイントをご紹介してきました。では実際にオンラインでブレインストーミングを行う場合、どのような点に気をつけるとよいブレインストーミングができるでしょうか。コツを整理しましょう。

コツ1. ブレインストーミングの目的を明確にする

前回の記事「オンライン会議をスムーズに進めるコツ」でもお伝えしましたが、オンライン会議と同様に、ブレインストーミングの場合も「目的」を全員が明確に把握することが重要です。(詳しくは、前記事の「よい打ち合わせのポイント」をぜひご覧ください)

コツ2. ファシリテーターを決める

ブレインストーミングにおけるファシリテーターは進行だけではなく、場づくりも重要な役割です。

あまりアイデアが出ず行き詰まってしまった時に、ファシリテーターが参加者の頭をほぐすようなサポートができると理想です。「家にいる人は、本棚の前に立ってアイデアのヒントを得てみましょう」「周りを見渡して、目につくものをヒントにアイデアを考えてみましょう」など、参加者のいる環境がバラバラだからこそできる工夫を積極的に取り入れましょう。

コツ3. 時間を決める

ブレインストーミングは時間を区切り、アイデアを出す時間と、アイデアを結合させる時間を分けて段階的に行います。ステップを明確に分けることで、思考の集中度が高まり、新しいアイデアの発掘につながりやすくなります。

コツ4. 初心者でもアイデアを出しやすい工夫を

ブレインストーミングでは、アイデアの質よりも量が大切です。ひとりひとりのアイデアを全員が見えるようにする必要があるため、オンラインホワイトボードなどを活用しましょう。そうすることで、スクリーン上で付箋を使ったスムーズなアイデア出しができます。

下記画像のように、オンラインホワイトボードには付箋を使ったブレインストーミング専用のテンプレートがあるので、アイデア出しに慣れていない人でも簡単に書き始めることができます。

miro

▲出典:Miro (オンラインホワイトボードにて「Brainwriting」のテンプレート活用イメージ)

コツ5. 躊躇わずに発言する

ブレインストーミングでは、発言力が重要です。とにかく多様な視点でのアイデアが必要になるため、発言を求められた場合は躊躇せずに意見を出しましょう。

たとえその意見が直接的な答えになっていなくとも、そこがヒントとなり次のアイデアにつながることも十分にあり得ます。

コツ6. 否定ではなく肯定からはじめる

アイデアをつなげる時に注意したいのが、否定ではなく肯定からはじめるということです。

「こうではなくて……」「これは違うけれど……」よりも、「この点が良いので、これとつなげて……」「ここが惜しいので、こうすればよいのでは?」のように、一見単なる言葉遣いの違いにも思えますが、ブレインストーミングを成功させるか否かは、このような細部の気配りが関わってきます。

コツ7. あらゆるツールを積極的に活用する

オンライン会議が主流になってきたからこそ、便利なオンラインツールを活用し、スムーズでイノベーティブなオンラインブレインストーミングを実践しましょう。

Googleスライドやパワーポイントを活用して、共同編集でリアルタイムでアイデアを出し合う方法だけでなく、オンラインホワイトボードの付箋や手書きツールを利用し、オフラインと同等にシームレスなブレインストーミングを実施することも可能です。

miro

▲出典:Miro (オンラインホワイトボードにて、手書きツールを活用したアイデアグルーピングのイメージ)

まとめ

ブレインストーミングは、いかに自分の脳を解放し自由な発想で、参加者全員が積極的にアイデアを出せるかが大切になります。オンラインで行うブレインストーミングだからこそ、それぞれが居心地の良い場所からリラックスした状態で参加することで、これまでとは一味違うブレインストーミングができるはずです。

みなさんも、次回オンラインブレインストーミングに参加する際は、自分が一番リラックスできる場所から(デスクではなく、ソファーでのんびりしながらもよいですね!)参加するなど、新しい方法を試してみてはいかがでしょうか?

(執筆&提供元:Miro 編集:宮﨑駿)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
workship ad 3