コワーキングスペースを最大限に活用するための5つのコツ

コワーキングスペース活用術

リージャスジャパン AD

リモートワークやテレワーク、在宅勤務といったオフィス以外の場所で仕事をする働き方が広まっています。

その中でも、自宅で仕事をする「在宅勤務」は理想的に見える一方、仕事とプライベートの境界があいまいになり仕事に集中できないことも。そんなとき、仕事に集中して生産性を高めるためにおすすめなのが「コワーキングスペース」です。

コワーキングスペースはうまく活用すれば業務効率を上げられるだけでなく、新たな出会いやお仕事につながることも。しかし普通のカフェと同じように使うと、コスパが悪くなりがちです。

そこで、この記事ではコワーキングスペースを最大限に活用するための方法を解説します。

会社員の利用も増えるコワーキングスペース

もともと、コワーキングスペースは独立して仕事をする人たちが仕事環境を共有したり、交流したりする場所です。レンタルオフィスやシェアオフィスとは異なり、コミュニケーションを通じて情報や知恵を共有することで新たな価値を生み出すことを目的としています。

コワーキングスペースはフリーランスや個人事業主のための仕事場という印象が強いかもしれませんが、昨今は新型コロナの影響もあり会社員のコワーキングスペース利用も増えています。

コワーキングスペースを最大限に活用するための5つのコツ

1. 自分に合ったコワーキングスペースを見つける

通常のオフィスと同じように、それぞれのコワーキングスペースには独自の文化があります。働くスペースを決める前に、自分の仕事にマッチしているかを確認しましょう。

たとえば、静かな場所で仕事に集中したいタイプの人は、社交的なコワーキングスペースで仕事に支障をきたさないかを見極めるのが大切です。

また、会議室や打ち合わせスペース、休憩室やキッチン、AV機器、コピーやファックスのサービスなど、自分に必要な設備が整っているかも見るようにしましょう。ほとんどのコワーキングスペースでは、長期で契約する前にドロップイン(1日利用/時間利用)ができます。

なおWorkship MAGAZINEには、都内のコワーキングスペースを実際に利用し、その体験レポートをまとめた「コワーキングスペース探訪」という特集もあります。スペースの様子や施設ごとの違いをぜひチェックしてみてください!

2. 便利な機材やグッズを活用する

コワーキングスペースで働くデメリットのひとつは、周りの人の声や音です。静かなコワーキングスペースでも、多少の声や音は聞こえます。そこで、雑音があると集中できない場合、性能の良いノイズキャンセリングヘッドホン/イヤホンの利用をおすすめします。

また、パソコンに必要なケーブルやキーボード、マウスなどに加え、座って作業をするのに快適な環境を作るために、パソコンスタンドやクッションなどの便利グッズを取り入れるのもいいでしょう。

3. 積極的に色々な人とコミュニケーションをとる

職場でのコミュニケーションにも多くのメリットがありますが、他業種や他業界の人たちが集まっているコワーキングスペースでのコミュニケーションにはそれ以上のメリットがあります。

オフィスで交流する場合、同じ業界で同じような情報に精通している人たちと関わる機会がほとんどでしょう。しかし、コワーキングスペースでは異なる分野で働いている人たちと会話できるので、インスピレーションが刺激されたり、思いもよらないアイデアを閃いたりする可能性があります。

4. ネットワーキングイベントに参加する

コワーキングスペースで開催されるネットワーキングイベント(異業種の人たちとの交流会)にも参加してみましょう。そのスペースで働く人たちと仲良くなれるだけでなく、自分の視野を広げたり、気づきや学びを得たりするのにも役立ちます。

ほかにも、コワーキングスペースでは交流イベントや勉強会、セミナーなどが開催されます。興味や関心を持ったならためらわず、積極的に参加してみてください。

5. しっかりセキュリティ対策をする

あまり知られていませんが、じつはすべてのWi-Fiが安全とは限りません。もし安全ではないWi-Fiネットワークを介してデータを送信してしまうと、機密データや個人情報の漏洩リスクがあります。

ほとんどの人がコワーキングスペースでWi-Fiを利用すると思いますが、フリーWi-Fiに潜むリスクを避けるために活用できるのがVPNです。

VPNとは、仮想プライベートネットワークとも呼ばれる2つの拠点間に仮想的にサーバーを構築し、公共の回線を通らず直接拠点同士を繋げる仕組みです。VPNのアプリをパソコンやスマートフォンにダウンロードすれば、オープンネットワークやフリーwifiに接続したとしても、やり取りするデータの安全性が保たれます。

まとめ

コワーキングスペースを活用するためのコツをまとめると以下のとおりです。

  • 自分に合ったコワーキングスペースを見つける
  • 便利な機材やアイテムを活用する
  • 積極的に色々な人とコミュニケーションをとる
  • ネットワーキングイベントに参加する
  • しっかりセキュリティ対策をする

コワーキングスペースを上手に活用し、仕事に集中しつつ視野を広げましょう!

(執筆:Guy Reed 編集:齊藤颯人)

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

33,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 33,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ