正社員×パート以外で共働きする3つの方法。それぞれのポイントを解説

働き方

夫婦で共働きする際、「夫が正社員×妻がパート」の働き方が一般的にイメージされます。しかし、夫婦のあり方が多様化している昨今ではその状況が変化し、「夫も妻も正社員」「夫がパート×妻が正社員」という形での共働きも見られるようになりました。

一方、夫婦のあり方だけでなく働き方そのものも大きく変わっており、正社員やパート以外に「フリーランス」や「派遣社員」といった働き方も珍しくなくなりました。

そこで今回は、夫婦が正社員×パート以外の働き方で共働きする方法として考えられる例として、

  • 正社員×フリーランスの共働き
  • フリーランス×フリーランスの共働き
  • 正社員×派遣社員の共働き

の3つをピックアップして解説します。

それぞれのポイントなどにも触れているため、共働きする際の参考にしてください。

正社員×フリーランスでの共働きポイント

まず、働き方の異なる点が多い「正社員×フリーランス」の組み合わせで共働きをするポイントを解説します。

正社員×フリーランスのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
  • 働く時間のコントロール、把握がしやすい
  • 住宅ローンの審査等が通りやすい
  • 家庭内の役割分担がしやすい
デメリット
  • 生活リズムの管理、話し合いが必要
  • 世帯年収がやや変動しやすい
  • 働き方に関して相互理解が必要

ポイント1. 利用できる制度が異なる

フリーランスが加入できる公的年金制度は国民年金のみで、労災や雇用保険などの保障もありません。老後資金に対する不安が気になる場合、社会保険が充実していないのは大きなデメリットです。

そのため老後の資産作りや対策などは、小規模企業共済確定拠出型年金(iDeCo)などの制度を活用していく必要があるといえるでしょう。筆者もフリーランスで、小規模企業共済を利用しています。また就労不能保険などもあるため、民間も含めれば働けなくなった場合の対策と年金制度に関する選択肢はけっして少なくありません。

一方の正社員は、国民年金に厚生年金が上乗せされ、老後に受け取れる金額がプラスされます。また雇用保険や労災保険などの保障もあります。長期間の勤続によって退職金が受け取れる企業もあるため、将来設計をスムーズに考えられます。

このように夫婦で利用できる制度がそれぞれ異なるため、お互いのファイナンシャルプランを理解し合い、認識のすり合わせをしておくことが大切です。

ポイント2. 家庭内の役割分担をしやすい

夫婦どちらかがフリーランスだと時間の融通が利くため、家庭内での役割分担がしやすいです。働き方によっては日中も自由に動けるため、育児や役所関連の手続きもしやすい傾向にあります。

パートナーが正社員で働いてる時間に、家事を行うなど相互でカバーしやすい点は大きなメリットです。家事や育児の負担についてはパートナーと話し合う必要があるものの、役割分担はしやすいでしょう。

ポイント3. 世帯収入の不安定さを抑えられる

正社員は月々の基本給があり、年1〜2回ほどボーナスが支給されるなど、収入が安定しています。数年後のキャリアも想像しやすく、将来設計も描きやすいでしょう。

対して、以下のような要因からフリーランスは収入が安定せず、将来設計が難しい側面も。

  • 企業ごとに支払い方法や取り組む業務が異なる
  • 収入がまったくない月がある(能力、業界次第)
  • 何か月分の案件の報酬がまとめて振り込まれた

ただし正社員×フリーランスの夫婦であれば話は別です。正社員の安定した給料をベースに、フリーランスの不安定な給与でレバレッジを効かせられるため、少し夢のある将来設計を行えるかもしれません。

フリーランス×フリーランスでの共働きポイント

つづいて、夫婦が共にフリーランスだった場合のポイントについて解説します。

フリーランス夫婦のメリットとデメリットを事前に把握しておきましょう。

メリット
  • 働き方および体調不良をカバーしやすい
  • 互いに出社義務がなければどこにでも住める
  • 時間確保や休日調整がしやすい
デメリット
  • 各種保険は自己負担
  • 社会的信用が不安
  • 世帯年収がかなり変動しやすい

ポイント1. 場所を問わず仕事ができる

夫婦ともにフリーランスの場合、働く場所を自由に選べるケースも多いです。中には一緒に旅をしながら働いている夫婦も。

また子供がいる場合、転校を伴う止むを得ない引っ越しや、単身赴任の心配も限りなく低いでしょう。

ポイント2. お互いの仕事をカバーし合える

フリーランス同士の夫婦であれば、お互いの働き方に対してある程度の理解があります。どちらかが多忙な場合、手の空いている方が家事や仕事のサポートをするなど、臨機応変に動けます。

フリーランスとして働ける業種は納期に合わせて仕事を行うものが多いため、ときにライフワークバランスが崩れ、昼夜問わず仕事をすることもあります。そんなときにパートナーと相談しやすく、仕事と家庭のバランスを取りやすい点はメリットといえるでしょう。

ポイント3. 長期間の休みを取りやすい

会社員の場合、休みの予定は会社の都合に合わせる必要があります。

しかしフリーランスの場合は、いつ休みをとるかを比較的自由に決められるため、旅行やライフイベントに予定を合わせやすいです。夫婦ともにフリーランスであれば尚更ですね。

ポイント4. ローンを組みにくい

フリーランス夫婦の場合、社会的な信用が低く見られる点は覚悟しておきましょう。一般的な会社員よりも高収入であったとしても、ローンなどの審査には通りにくい傾向にあります。

年収をさらに高くして法人化したり、過去の確定申告データや収入証明を発行して収入の安定性を提示したりなどの対策方法はあるものの、金融機関などからどのように見られるのかは想定しておく必要があります。

ローンに関して、とくにフリーランス1年目は厳しく判断される点は把握しておきましょう。

正社員×派遣社員での共働きポイント

最後に、「正社員×派遣社員」で共働きをする場合、どのようなポイントを意識するべきか解説します。

「正社員×派遣社員」で共働きをする場合、以下のメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。

メリット
  • 正社員の時間的拘束をカバーできる
  • 働く条件を決められる(時間、日数など)
  • 残業のバランスが取りやすい(業界、派遣先による)
デメリット
  • 世帯年収の変動に注意
  • 将来的な資金に対して検討が必要
  • 役割分担は話し合わなければならない

ポイント1. 子育てと仕事の両立がしやすい

近年は正社員の働き方も徐々にフレキシブルになってきていますが、まだまだ融通の利かない企業も多いです。

一方の派遣社員は、働く条件を自分で決められるため、自由な時間を作りやすいです。「子どもがいるから短時間で働きたい」と派遣会社に要望を伝えた場合、希望に沿った仕事を紹介してもらえるでしょう。

夫婦どちらかが派遣社員になることで、仕事と家庭の両立が実現できます。

ポイント2. 転勤が多い場合でも仕事を継続できる

正社員同士の共働きの場合、夫婦どちらかが転勤になると、もう一方は仕事を辞めて転勤先についていくか、単身赴任するかを選択しなければなりません。

しかし派遣社員の場合は、所持しているスキルを活かしつつ、新しい派遣先で仕事ができます

ポイント3. 正社員同士よりも世帯年収が少なく不安定

国税庁および厚生労働省の統計によると、派遣社員は正社員と比較して、男女ともに100万円〜150万円以上の収入差があります。そのため正社員×正社員の共働きよりも、世帯年収は少なくなることが想定されます。派遣社員はボーナスの支給がない場合もあり、正社員と比べて収入面での不利は明らか。

くわえて、ずっと同じ就業先で働ける保証もありません。筆者は派遣社員も経験しましたが、繁忙期には残業を依頼されて頑張ったとしても、派遣先の意向や業績で次回の更新の有無が決まります。派遣元を退職しなくても不安を感じるタイミングが多い点は、デメリットだと感じました。

まとめ

働き方の選択肢が広がっているため、正社員×パート以外にも共働きをする方法はいくつもあります。そして正社員やフリーランスなど、それぞれの働き方は特徴やメリット/デメリットが異なります。

家庭環境やライフスタイルに合わせた、共働きのあり方を見つけてみましょう。

(執筆:ちとせはるか 編集:齊藤颯人)

いまの働き方に悩んでいるあなたへ。

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速するいまこそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)がおすすめです。

  • 27,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、お金は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ