フリーランスが加入する国民健康保険とは? 国保以外の3つの選択肢

フリーランスになると、国民健康保険(国保:コクホ)に入るのが一般的です。

しかし、これまで給料から天引きされていた保険料が一体いくらなのか、自分が加入している保険がどんな種類なのか、よくわからないという方は少なくないと思います。

そこで本記事では、

  • フリーランスの多くが加入する国民健康保険について
  • 国民健康保険以外の3つの選択肢

をご紹介します。

フリーランスとして独立したばかりの方も、これから独立したいと考えている方も、ぜひ参考にしてください。

フリーランスになると困る3つのこと

独立すると、会社員時代に加入していた社会保険(健康保険)を脱退することになります。そのためフリーランスのほとんどは、一般的に国民健康保険に入ることになりますが、その際に主に以下の3つに困ることがあります。

1. 会社員時代の保険証が使えなくなる

病気やケガのときに病院に持っていくことで、医療費の自己負担額を減らすことができる保険証。フリーランスになると、会社員時代に加入していた会社の健康保険組合から脱退することになります。

そのため国民健康保険に入り、新たに保険証を発行してもらう必要があります。

2. 保険の種類が変わり、保険料が全額自己負担になる

会社員時代、保険料の自己負担額は半分で、もう半分は会社が負担してくれていました。しかし、フリーランスになると保険料の全額を自己負担する必要があります。

詳しくは次章で説明します。

3. 保険料を個人で支払いにいく必要がある

会社員時代は、保険加入から保険料の支払いまで、すベて会社がおこなってくれました。そのため、給料から毎月一定額が引かれるという形で保険料の支払いは完了していたのです。

しかし、フリーランスになると「毎月給料から引かれる」という形がとれないため、自分で保険料を支払いにいく必要があります。

フリーランスが加入する国民健康保険とは?

国民健康保険は公的医療保険のひとつです。公的医療保険とは、病気やケガをしたときや、死亡したときに必要な費用が支払われる仕組みです。すべての国民が最低ひとつは公的医療保険に加入する必要があります。

公的医療保険には以下の4種類があり、そのひとつが国民健康保険です。

健康保険 企業法人に勤める会社員
船員保険 船員
共済組合 教職員や公務員
国民健康保険  自営業者や専業主婦など

国民健康保険に加入するには

国民健康保険はそれぞれの市区町村が運営している保険です。他の公的医療保険に加入していない人なら、各市町村の役場で誰でも加入手続きをおこなえます。なおフリーランス本人だけでなく、その家族も加入できますが、扶養という概念はありません。

なお、国民健康保険の保険料は前年度の所得(収入から経費を差し引いた金額)によって決まります。収入が多い人ほど多額の保険料を支払う必要があります。しかし、収める金額には上限が設けられているので、どんなに収入が多くても上限額以上支払う必要はありません。

また以下のように、40歳からは介護保険料がプラスされるので、39歳までと比べて保険料が高くなります。

  • 東京都渋谷区に住む30代夫婦のばあい
    年収400万円 30代男性・30代女性、子ども2人の家族
    ⇒ 支払う保険料:年間360,3881ケ月あたり30,032
  • 東京都渋谷区に住む40代夫婦のばあい
    年収400万円 40代男性、40代女性、子ども2人の家族
    ⇒ 支払う保険料:年間428,134円(1ケ月あたり35,678円

年齢や所得に応じて国民健康保険の保険料を算出してくれる国民健康保険計算機というサービスもあります。国民健康保険へ加入するか迷っている方は、ぜひ試してみてください。

国民健康保険以外の3つの選択肢

独立するとき、必ずしも全員が各々で国民健康保険に入るわけではありません。国民健康保険に各々で加入する以外の選択肢として、以下の3つがあります。

  1. 国民健康保険組合に加入
  2. 家族の扶養に入る
  3. 会社員時代の社会保険(健康保険)を任意継続

1. 国民健康保険組合に加入

国民健康保険組合は、同業種の人が集まって作る組合です。国民健康保険に入らないばあい、国民健康保険組合に加入するという選択ができます。国民健康保険組合の保険料は所得に関係なく一定なので、所得が高い人ほどお得です。

たとえば、フリーランスが加入できる国民健康保険組合として「文芸美術国民健康保険組合」は有名です。文芸や美術など創作著作活動をしている人と、その家族が加入できます。文芸美術国民健康保険組合の加盟団体に所属することで、加入する条件を満たせます。保険料だけでなく、加盟団体へ支払うお金も考慮して加入する組合を決めましょう。

2. 家族の扶養に入る

国民健康保険に加入するより、家族の扶養に入った方が保険料を安く抑えられるばあいがあります。

ただし、以下の2つの条件を両方とも満たす必要があります。

  • 自分の年収が130万円以下
  • 扶養者の年収の半分以下

たとえば、パートナーの年収が300万円で、自分の年収が130万円以下ならパートナーの扶養に入れます。一方で、パートナーの年収が200万円なら、自分の年収は100万円以下でないと扶養には入れません。

3. 会社員時代の健康保険(社会保険)を任意継続

フリーランスは、会社員時代に加入していた健康保険を任意継続するという選択ができます。

そのばあい、これまで会社が負担してくれていた保険料が全額自己負担になります。支払う保険料は会社員時代よりも増えますが、国民健康保険の保険料を支払うより安くなるばあいもあります。

なお、任意継続には以下の3つの条件をすべて満たす必要があります。

  1. 会社員時代に2ヶ月以上継続して保険料を支払っている
  2. 退職の翌日から20日間が経過するまでに、継続手続きを完了する
  3. 加入して2年間継続する(途中で辞めることはできない)

また、2年後には健康保険を継続することは難しくなります。2年後の保険加入を念頭に置いて選択するのをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

フリーランスの保険加入の選択肢はひとつではありません。それぞれメリットとデメリットがあるので、ご自身の状況と照らし合わせて選択しましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ