「フリーランスエンジニアの年収相場はどれくらい?」
「フリーランスエンジニアが年収を上げるにはどうすればいい?」
「フリーランスになって年収は上がったとしても、手取りは下がるのでは?」

フリーランスエンジニアであれば、自分の年収が平均と比べて低いのか高いのか、気になる方も多いと思います。

フリーランスエンジニアの年収は個人差があり、年収1000万円の人もいれば、年収300万円の人などさまざまです。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアの平均年収をご紹介し、年収を上げるためのコツや、手取りを減らさないコツをご紹介します。

フリーランスエンジニアの年収相場

「自分は年収700万円のフリーランスエンジニアだけど、それってどうなの?」

このように、自分の年収は平均と比べて低いのか高いのか、気になることも多いですよね。

フリーランスエンジニアの年収は、スキルや受注する案件に左右されます。そのため平均はあくまで目安です。

フリーランスエンジニアの平均年収は600万円〜720万円

フリーランスエンジニアの平均年収は600万円〜720万円です。思ったよりも低い印象ではないでしょうか?

しかし、この金額は「平均」です。スキルや案件によって大きく収入が異なります。実際には年収1000万円以上の人もいれば年収300万円の人もいますので、あくまで平均だと思ってください。

では、年齢やスキルなどの条件によって、年収にどのような違いがあらわれるのかを見てみましょう。

年齢別に見たフリーランスエンジニアの平均年収

以後のグラフは、SE HACKの調査をもとに作成したものです。

フリーランス エンジニア 年収

これは年齢別のフリーランスエンジニアの年収推移の特徴です。

会社員であれば、年齢が上がるにつれて年収は右肩上がりに増えていきますが、フリーランスエンジニアの場合は、年齢はあまり関係ありません。

フリーランスエンジニアは完全実力主義の世界なので、スキルさえ高ければ年齢が低くても高い年収を得られます。

ただし年齢を重ねると体力が低下し、フリーランスとして高収入を維持し続けるのが難しくなってきます。50歳以降の平均年収が下がっている以下グラフをみると、そういった要因があるのは明らかです。

スキル別に見たフリーランスエンジニアの平均年収

次にスキル別にフリーランスエンジニアの平均年収の推移をみてみましょう。

こちらのグラフでは、『SAP』と呼ばれる、業務を効率化させるソフトウェアのスキルを持っているフリーランスの平均年収がもっとも高いことが分かります。

フリーランス エンジニア 年収

フリーランス エンジニア 年収

プログラミング言語では、Google社が開発したGoや、AIなどの開発ができるPython、iOSのアプリが開発できるSwiftなどのスキルを持つフリーランスエンジニアが比較的高い平均年収です。

フリーランスエンジニアと正社員との年収比較

最後にフリーランスエンジニアと会社員のエンジニアの平均年収を比較してみましょう。

会社員エンジニアは年収550万円が36%で、もっとも多い割合です。

フリーランスエンジニアは660万円が29%で、もっとも多い割合となっています。

フリーランス エンジニア 年収

では年収500万円以上の割合は、会社員とフリーランスでそれぞれどれくらいいるのでしょうか。

  • 会社員:全体の54%
  • フリーランス:全体の95%

このように、フリーランスエンジニアのほとんどが年収500万円を超えていることが分かります。

つまり会社員とフリーランスエンジニアを比較すると、フリーランスのほうが平均年収が高くなる傾向があるのです。

年収の高いフリーランスエンジニアを目指すには

「自分は年収が400万円だけど、どうすれば上げられるの?」

フリーランスエンジニアの平均年収をご紹介しましたが、平均年収よりも年収が低いフリーランスエンジニアの方は、このように悩まれると思います。

フリーランスエンジニアの年収を上げたい場合は、以下2つのことを実践してみましょう。

  • スキルを磨いて商品価値を高める
  • 高単価な案件を受注する

自分のスキルを磨いて商品価値を高める

まず年収が低いフリーランスエンジニアの方は、そもそもスキルのレベルが低い場合や、持っているスキルの需要が低い可能性があります。

エンジニアとしてのスキルを高めるためには、以下の方法があります。

<エンジニアとしてのスキルを高める方法>

  • 企業で実務経験を1年〜2年積む
  • 需要の高いプログラミング言語を習得する(GoやPythonなど)
  • フルスタックエンジニアを目指す
  • インフラなどの周辺スキルも習得する

このように、ひとつのことしかできないエンジニアよりも、多くのスキルを持っているほうが市場価値は高くなります。年収を上げたいなら、複数のスキルを習得するとよいでしょう。

順序としては、いきなり専門分野を磨くよりも、似た領域の言語・スキルを攻めていき、最終的に得意分野を確立するほうが自分の商品価値が上がります。

またフリーランスエンジニアとして年収を上げるには、同時にフリーランス的スキルも上げる必要があります。

フリーランス的スキルとは、以下のようなものがあります。

<年収を上げるためのフリーランス的スキル>

  • 仕事を得るための営業力
  • 経理業務などの事務処理能力
  • スケジュールを管理する自己管理能力

このフリーランス的スキルについては、こちらの記事をご覧ください!

高年収を目指すには高単価な案件を受注する

年収が低いフリーランスエンジニアの方は、そもそも単価の低い案件を受注している可能性があります。

案件ごとの単価が収入に直接影響するため、年収を上げるには単価を引き上げることが重要です。

フリーランスはなんでも案件を受注するのではなく、単価交渉をする、または案件の相場観を知った上で割りに合わない単価であれば引き受けないことも大切です。

高単価な案件を受注するためには以下の方法があります。

  • 自分の市場価値を高くする
  • 低単価の案件を引き受けない
  • 単価交渉する

フリーランスエンジニアが高単価な案件を獲得する具体的な方法については、こちらの記事をご覧ください!

高単価な案件の例として、需要が年々高まっているSwiftやNode.js、Pythonなどの言語が必要となる案件を狙うのがおすすめです。

まだ経験の浅い方は積極的にPHPやRubyの学習から進め、獲得できる案件の幅を広げておきましょう。

フリーランスでも年収が上がらない場合がある

「フリーランスエンジニアでも年収が下がる可能性はあるの?」
「現在年収はよいが、いつか年収が下がるのではないか?」

このように心配されるフリーランスエンジニアの方もいると思います。

確かにフリーランスエンジニアの年収は不安定です。前年の年収よりも翌年の年収が低くなる可能性は十分にあります。

その大きな理由は、フリーランスエンジニアは安定した案件獲得ができない可能性があるからです。

安定して案件獲得できない可能性がある

フリーランスエンジニアの最大のデメリットとして、毎月安定して案件を受注できない場合があることが挙げられます。

フリーランスは案件を自分で取りに行かなければならないため、安定して案件が獲得できなければ、年収の低下に繋がります。

会社員であれば、会社が倒産しない限りは仕事が与えられ、必ず決まった給料が毎月振り込まれるでしょう。しかしフリーランスはすべて自分次第。収入が不安定になりやすいのです。

安定して案件を獲得するためには

では安定して案件を受注するには、どうすればいいのでしょうか?

フリーランスエンジニアが安定して案件を受注するには以下の方法があります。

<フリーランスが案件を安定して獲得する方法>

  • 前職からの紹介
  • セミナーやコミュニティで営業
  • メールで営業

フリーランスエンジニアが安定して案件を受注するには、受注ルートを増やしておくことが重要です。

知り合いなどに営業するひとつのルートだけでなく、さまざまな受注ルートを自ら増やしていきましょう。

フリーランスが案件を安定して獲得する具体的な方法は、こちらの記事をご覧ください!

上記のように自ら営業する方法とは別に、エージェントなどのサービスを利用して案件を受注する方法もあります。

多様な働き方ができるスキルシェアサービス『Workship』では、自分のスキルや希望の働き方など条件に合わせて案件を探せます。

希望者には担当エージェントがヒアリングした上で、希望するプロジェクトに代行営業してくれるため、とても便利です。

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

フリーランス利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円)
登録者数17,000人
マッチング最短即日

このようなサービスを利用すると、常に案件がある環境に身を置くことができるため、仕事がない状態を回避しやすいのがメリットです。

フリーランスになって年収は上がっても手取りは下がるのか?

「フリーランスで年収1000万稼いでも、手取りは少なくなるってよく聞くけど、実際どうなの?」

フリーランスエンジニアはスキル次第で年収を上げられるのが魅力ではありますが、諸経費や税金によって、手取りは実際の年収より下がってしまいます。

実際にフリーランスエンジニアの年収別手取り額を見てみましょう。

フリーランスエンジニアの手取り額とは

フリーランスエンジニアの年収と手取りの関係は以下のようになっています。

年収(円) 6,000,000 7,000,000 9,000,000 10,000,000
経費 600,000 600,000 600,000 600,000
所得税額 329,888 512,457 877,608 1,061,667
住民税額 388,694 479,979 662,554 748,116
国保 380,792 467,878 642,055 723,681
国民年金 196,000 196,000 196,000 196,000
消費税 0 0 0 0
手取り年収 4,104,626 4,743,687 6,021,783 6,270,536

▲出典:エミリーエンジニア

こちらの表は、「都内在住の30代独身、年間の経費は60万円」の場合を想定して作成されています。実際の税金や保険額などは扶養の有無など個人差があります。

会社員でも、厚生年金や社会保険料が引かれた額が手取りになりますが、フリーランスの場合は各種税金や保険、国民年金などを支払うため、手取りの年収は上記のようになります。

目安としては、手取り額は年収の約6割〜7割くらいと考えるとよいでしょう。

手取り額を増やす2つのコツとは

フリーランスエンジニアの年収と手取り額の関係をご覧いただきました。きっと多くの方が「もっと手取り額を増やしたい!」と感じているでしょう。

フリーランスエンジニアが手取り額を増やす方法として以下の2つがあります。

<手取りを増やす2つのコツ>

  • 事業に関わるものを経費に計上する
  • 個人事業主としての控除を利用する

まずはじめに、フリーランスエンジニアはPCや電気代など業務に必要なものであれば経費として計上できるため、節税対策ができます。

日本は累進課税制度により、所得が上がると所得税も上がる仕組みになっているため、経費を多くして所得を減らすことで、所得税の税率を抑えられます。

また、フリーランスエンジニアは開業届を提出して個人事業主になることで、青色申告ができるように。青色申告をすると、最高65万円の特別控除を受けることができるため節税になり、結果的に手取りを増やせます。

フリーランスエンジニアの税金や経費についてはこちらの記事をご覧ください!

まとめ

フリーランスエンジニアの年収平均や、年収を上げるコツについてご紹介しました。日ごろからスキルを磨き、できることを増やしてどんどん年収を上げていきましょう。

  • フリーランスエンジニアの平均年収は600万円〜720万円
  • 年収を上げるためにはスキルを高めて案件受注ルートを増やす
  • 開業届を提出し、経費を計上することで手取りを増やせる

(執筆:HikoPro 編集:Workship MAGAZINE編集部 アイキャッチデザイン:T)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ