Gmailはダメ!フリーランスは独自ドメインのメールアドレスを取得しよう

Gmailはダメ!フリーランスは独自ドメインのメールアドレスを取得しよう

実際にフリーランスとして仕事をしている方で、メールアドレスのドメインに気を使っている方はどれくらいいるでしょうか?

フリーランスとして事業用のメールアドレスを用意していないと、「窓口すら用意できない」「情報セキュリティが心配」などと思われ、信頼を損ねてしまう可能性があります。

この記事では、フリーランスでおすすめのドメインやメールアドレスをご紹介します。

フリーランス用メールアドレスは必要

フリーランスとして仕事をする際は、必ず事業用のメールアドレスを準備しましょう。

個人用のメールアドレスを使用することで一番の問題となるのは、クライアントの信頼です。

フリーランスとして事業用のメールアドレスを用意していないと「窓口すら用意できない」「情報セキュリティが心配」などと思われ、信頼を損ねてしまう可能性があります。

仮に、自分が依頼する時を考えても、個人アドレスよりも事業用のメールアドレスの方が信頼できるでしょう。

個人用メールアドレスのデメリット

クライアントの信頼を損ねる以外にも

  • プライベートと仕事のメールの整理ができない
  • 友人とのメールを誤送信してしまう可能性がある
  • アドレスが変だと恥ずかしい

など、個人用のメールアドレスでは不便なことがあります。

メールアドレスのおすすめは独自ドメイン

フリーランスとして活動するメールアドレスは、独自ドメインがおすすめです。

通常の企業のほとんどは独自ドメインを使用しており、フリーランスの場合でも独自ドメインのメールアドレスを作成した方が信頼感があります。

独自ドメインは有料ですが費用は数千円程度のため、独自ドメインのメールアドレスを用意しましょう。

Gmailじゃダメなの?

Gmailでも大きな問題はありませんが、独自ドメインよりも信頼は下がります。

企業によっては全く気にしない企業もありますが、大手企業などは情報セキュリティ対策でGmailやYahoo!メールなどをブロックしている企業もあります。

また、メールという必要な連絡手段なのに「お金をかけて整備していない」「他の会社の名前を背負っている」と思われることがあるため、Gmailよりも独自ドメインの方がおすすめです。

メールアドレスの決め方

メールアドレスは「ユーザー名@ドメイン」の形式になっていて、ある程度は自由に決めることができます。

ユーザー名の決め方

ユーザー名はほぼ自由に決めることができますが、フリーランスだと個人名やペンネーム、屋号を設定することが多いです。

稀に、クライアントの印象に残すため、少し変わったユーザー名にする方もいます。

ドメインの決め方

ドメインは重複が認められないので、フリーランスだと屋号や業種を設定した上で「.jp(日本)」「.com(企業や商用)」「.net(ネットワークサービス)」の人気ドメインの中から選ぶと良いでしょう。

それぞれ、一応の意味はありますが、特に気にする必要はありません。また、ほとんどの企業が使う「.co.jp」は日本で登記しないと登録できないため、フリーランスでは利用できません。

その他の日常で使われないマイナーなドメインは、スパム系など怪しい感じが出るのでおすすめしません。

独自ドメインの取得方法

独自ドメインは、下記のようなドメイン取得業者を利用して取得しましょう。おすすめのサイトを紹介します。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ