BizOn! Ads

フリーランスのネットワークエンジニアになるには?年収から案件獲得方法まで解説

フリーランスのネットワークエンジニアになるには?

企業や飲食店、総合病院など、今やネットワークが利用されていない店舗はほとんどありません。

そのネットワークを守るのがネットワークエンジニア。ネットワーク障害が発生した場合にはすぐに駆けつけて、障害の復旧を行います。大型施設の場合は専任のネットワークエンジニアが常駐していることが一般的ですが、中にはフリーランスのネットワークエンジニアに業務を委託するという場合があります。

今回の記事では、現役のネットワークエンジニアが、フリーランスのネットワークエンジニアの業務内容や年収について解説します。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、ネットワークの構築・運用・保守を行うエンジニアのことです。

たとえば大型の商業施設などを訪れたとき、その施設内だけで利用できるWi-Fiが提供されていたという経験はないでしょうか。

このWi-Fi環境を作り上げるのがネットワークの構築

Wi-Fiのパスワードを変更したり、異常が起きたときに検知するのがネットワークの運用

Wi-Fiについて障害が発生したときに、すぐに駆けつけて障害を復旧したり、パスワードの変更など要望の対応を行うのがネットワークの保守となります。

もちろんWi-Fiに限らず、ネットワークに関する業務であればネットワークエンジニアの役割となります。

フリーランスのネットワークエンジニアの年収

フリーランスネットワークエンジニアの年収

実際の募集案件などを見ると、フリーランスのネットワークエンジニアは月単位での契約であることがほとんど。月単位での契約金額は約60万円〜80万円となっています。

もちろん実績や信頼あっての契約となるので、最初からそのような契約を結ぶことは難しいかもしれませんが、定期的な契約に至った場合、年収は約700万円〜1000万円となるでしょう。

フリーランスのネットワークエンジニアの仕事単価を高める方法

ネットワークエンジニアの平均年収を前項で紹介しましたが、駆け出しのうちは単発での仕事や、単価の低い仕事を受けることが多いでしょう。

では、駆け出しのネットワークエンジニアが仕事単価を高めるためにはどうしたらいいのでしょうか。

方法1. 資格を取る

ネットワークエンジニアはエンジニアの一種、つまりは技術者です。特にフリーランスとして働くのであれば、自分の技術力をアピールする必要があるでしょう。クライアントがエンジニアに仕事を依頼する際、どれぐらいの技術力があるかを判断する材料になるのが専門資格です。

ネットワークエンジニアとして働くにあたり、重宝される資格としては下記のようなものが挙げられます。

  • LinuC
  • CCNA(シスコ技術者認定)
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト

ベンダー資格である「CCNA(シスコ技術者認定)」各種が特におすすめ。

ほとんどのネットワーク機器はシスコ社の製品を採用している場合が多いため、この資格を取得することでネットワーク機器に関する知識を有している証明になります。

方法2. クラウドに対応できるようになる

大型施設の場合、主に「オンプレ」と呼ばれる、施設内で完結するようなネットワーク形態であることが多いです。

しかし、近年ではネットワーク機器やサーバーのクラウド化が進み、その技術はどんどん専門化しています。

クラウドサーバーに関する知識を身に着けておくと、今後の仕事に生かせるため、重宝されるでしょう。

方法3. 経験を積む

ネットワークエンジニアとして働く以上、経験はとても重要です。

案件をいくつもこなしていると、障害が発生したときも障害発生源を特定する際のカンが養われます。

結果として、問題を切り分けるスピードが早くなったり、被害を最小限に済ませる提案ができるようになります。

多くの障害に立ち向かってきた経験は、ネットワークエンジニアにとって最大の武器となるでしょう。

フリーランスのネットワークエンジニアに求められる能力

フリーランスのネットワークエンジニアとして働きたい……と考えたとき、最低限身につけておきたい能力があります。

これはフリーランスに限らず、ネットワークエンジニアという職業全体に言えることなので確認しておくことをおすすめします。

能力1. ネットワークに関する深い知識

ネットワークエンジニアなので、当然ネットワークに関する知識は必要です。それも人並みではなく、特に深い知識が求められるでしょう。

ネットワークの構成は、物理的障害以外はすべて何かしらの根拠に基づいて動作します。その根拠をどれだけ知っているか、これが構築・運用・保守を行う上で重要となります。

能力2. 障害復旧に向けた論理的思考回路

ネットワークエンジニアとして働く以上、障害が発生したときはどれだけ落ち着いて障害発生源を特定できるかが重要です。

その際に求められるのが、論理的に物事を捉えることができる思考回路。ネットワーク全体の構成を把握した上で、冷静に順序立てて問題の切り分けを行うために必須の能力です。

能力3. コミュニケーション能力

ネットワークエンジニアは新たにネットワークを構築するときや、障害が発生したときに、必ずクライアントとの打ち合わせが発生します。特に障害発生時には、復旧するまでの代替案を提案したり、復旧後の報告を行うなど、クライアントとの会話が多い職種なのでコミュニケーション能力は必須です。

クライアントはネットワークに関する知識がない場合が多いので、専門用語を使わずにわかりやすく伝えたり、相手が内容を理解できているかを探りながら話す必要があります。

フリーランスのネットワークエンジニアの仕事獲得方法

フリーランスの案件獲得方法

「将来はフリーランスのネットワークエンジニアとして働きたい」「すでにネットワークエンジニアとして働いているけどフリーランスの場合仕事をどのように獲得すればいいのかわからない」という方に向けて、仕事の獲得方法を紹介します。

方法1. マッチングサービスを利用する

これまで個人が仕事を探す場合、求人サイトなどを見て自分が働いてみたいと思った企業に応募する、という流れが一般的でした。

しかし、フリーランスやパラレルワーカーが一般化してきた昨今では、仕事のマッチングサービスというものが存在します。日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』では、自分のスキルを登録すると、独自の機械学習アルゴリズムによりプロジェクト単位で自分にあう企業とマッチングします。

自分がしたい仕事、クライアントがしてほしい仕事が噛み合うプロジェクトを勧めてくれるのでおすすめです。

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

詳細

利用料無料
登録者数40,000人
マッチング最短即日

その他のマッチングサービスは以下をご覧ください。

方法2. クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業が不特定多数の人に対して案件を発注する業務形態です。

特にクラウドワークスやランサーズが有名で、求人サイト感覚で利用することができます。クラウドソーシングの運営元が個人と企業を仲介してくれるため、トラブルが発生した際も安心できる点が魅力でしょう。

おすすめのクラウドソーシングについては、以下の記事をご覧ください。

方法3. フリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトを利用する

レバテックやギークスジョブなど、ITのフリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトがあります。

特にこれらのサイトの場合、ITに特化しているので絞り込み検索なども「経験」「プログラミング言語」単位で検索ができるので、自分にあった求人を探しやすい点が魅力といえます。

おすすめのフリーランスエンジニア向けエージェントについては、以下の記事をご覧ください。

おわりに

本記事ではフリーランスのネットワークエンジニアについて解説しました。

ネットワークエンジニアは責任を伴う場面が多いですが、障害が復旧した時、自分が構築したネットワークが正常に稼働したときはとてもやりがいを感じられます。ネットワークエンジニアに興味がある方は、本記事を参考にして入念な準備と学習をしてみてください。

(執筆:セイタモ 編集:少年B)

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週1〜3 リモートワーク 土日のみでも案件が見つかる!
Workship