フリーランス向けお仕事マッチングサービス9選【フリーランス専門メディアが厳選】

フリーランス向けお仕事案件マッチングサービスまとめ

フリーランスが案件を受注する方法は、知り合いからの紹介や営業のほかに、マッチングサービスの利用があります。マッチングサービスとは、「仕事を発注したい企業」と「仕事を受注したい人」をマッチングさせるプラットフォームのことです。

この記事では、フリーランス向けのお仕事マッチングサービスと、サービスを使うときの注意点をご紹介していきます。

フリーランス向けお仕事マッチングサービスの選び方

選び方1. サービスの種類で選ぶ

まずは、「サービスの種類」で選ぶ方法があります。

プラットフォーム型はエージェント型と比べて手数料が低い傾向にあるため、プラットフォーム型のほうがユーザーのもらえるお金は高くなりやすいです。

ただし、プラットフォーム型は多くの企業の中からマッチした案件を自分で探し出す必要があります。

選び方2. 紹介案件数で選ぶ

案件の保有数は、そのまま希望の案件を見つけられる確率に直結します。そのため、豊富な案件があるサービスに登録すると、案件探しを進めやすくなるでしょう。

ただし、案件が豊富だったとしても自分の希望と全く合わないものばかりでは意味がないため、サービスの特徴やコンセントは押さえておきたいところです。

選び方3. 対応職種で選ぶ

あらゆる案件を紹介してくれる総合型サービスも多い一方、サービスによっては特定の業界や職種に特化している場合があります。そのため、自分の得意とする職種の案件が多いかどうか確認することも大切です。

特化型の場合、見かけ上の案件数はどうしても少なくなりますが、自分のスキルと合っていればマッチする案件の数自体は増える可能性もあります。

選び方4. 利用者の評価や口コミをチェックする

見かけ上では聞こえのいいことを言っていても、実際にサービスを利用すると粗が目立つケースは多くあるのが現状です。

そのような失敗を防ぐためには、サービスの評判や実際の利用者の声を確認するのが有効です。特に、成功事例やトラブル時の対応についての情報は参考になります。

フリーランス向けお仕事マッチングサービス【プラットフォーム型】

まずは、自分のペースで仕事探しができる「プラットフォーム型」のお仕事マッチングサービスをご紹介します。

1. Workship(ワークシップ)

Workship(ワークシップ)

▲出典:Workship

サービス名 Workship(ワークシップ)
サービスURL https://goworkship.com/
運営会社 株式会社GIG
サービスタイプ プラットフォーム型(一部エージェント型もあり)
対応職種 エンジニア・デザイナー・マーケター・ディレクター・PM・編集者・ライター・バックオフィス・フォトグラファー・顧問等
特徴
  • 時給1500円以上の高単価案件のみ掲載
  • リモート案件が80%以上
  • 週1~、土日のみなど、柔軟な働き方が可能

Workship(ワークシップ)』は、フリーランス向けお仕事マッチングサービスです。

エンジニアやデザイナー、マーケター、ディレクター、人事労務、営業など幅広い職種のフリーランスが登録しています。「週1〜OK」「リモートOK」というライフスタイルにあわせた案件が多く、単価も時給1,500円〜10,000円と高い傾向にあります。

そのほかにも、報酬の先払いができる、福利厚生に近い優待サービスが受けられる、賠償責任保険が無料付帯されるなど、フリーランスを守るサービスが多数用意されています。

\Workshipがおすすめな人/

デジタル領域を得意とする人
自分のライフスタイルにあわせて仕事を探したい人
高単価案件にチャレンジしたい人

2. エンジニアスタイル

▲出典:エンジニアスタイル

サービス名 エンジニアスタイル
サービスURL https://engineer-style.jp/
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
サービスタイプ プラットフォーム型
対応職種 エンジニア、デザイナー、Webディレクター、プロダクトマネージャー等
特徴
  • 約300,000件と案件数が豊富
  • 条件を絞って検索可能
  • 応募が簡単

エンジニアスタイル』は、フリーランスのエンジニア向けに特化した案件のポータルサイトです。

リモートワーク、週2〜稼働、土日OK、未経験可、最寄り駅など、条件を細かく分けて案件を探せます。さまざまなサイトから情報を集約しているため、案件数も多く、効率的に求人を探したい方におすすめです。

また、エンジニアスタイル東京では定期的にフリーランスエンジニア向けのオフ会も開催。登録者は無料で参加できます。交流を通じて、新しい仕事のきっかけができるかもしれません。

\エンジニアスタイルがおすすめな人/

エンジニア領域の仕事を探している人
豊富な案件から自分に合った仕事を探したい人
高単価な案件に携わりたい人

3. CrowdWorks(クラウドワークス)

▲出典:CrowdWorks

サービス名 CrowdWorks(クラウドワークス)
サービスURL https://crowdworks.jp/
運営会社 株式会社クラウドワークス
サービスタイプ プラットフォーム型
対応職種 エンジニア、デザイナー、アニメーター、ナレーター、マーケター、ライター、フォトグラファー等
特徴
  • 国内シェア、取引額、ユーザー数No.1
  • 案件数は約300万件
  • 仕事の種類は200種類以上

CrowdWorks(クラウドワークス)』は、国内最大級の案件数とユーザー数を誇っているクラウドサービスです。Web開発、ライティングなど、仕事のカテゴリーは200種類以上。さまざまな領域の仕事があるため、自分に合った仕事を見つけられるはず。

パソコンひとつあればフリーランスとして仕事を始められるので、駆け出しフリーランスの方でも安心です。報酬が確実に支払われる「仮払い方式」を採用しているのもうれしいところ。

ただし、クラウドソーシングタイプのプラットフォーム型サービスであり、登録や仕事への応募は無料ですが、報酬額の5.5〜22%(税込)のシステム利用料がかかります。

\CrowdWorksがおすすめな人/

駆け出しのフリーランス
隙間時間に取り組める仕事をしたい人
様々な案件で実績作りをしたい人

4. ココナラ

ココナラ

▲出典:ココナラ

サービス名 ココナラ
サービスURL https://coconala.com/
運営会社 株式会社ココナラ
サービスタイプ プラットフォーム型
対応職種 イラストレーター、デザイナー、動画制作、エンジニア、ライター、ナレーター、マーケター、ビジネス代行、コンサル、コーチング、士業、翻訳・語学、占い、悩み相談等
特徴
  • 自分のスキルを商品として販売可能
  • 自分で営業しなくてOK
  • ライティング、デザイン、翻訳などカテゴリーが豊富

ココナラ』は、自分のスキルを商品として出品し、スキルを必要とする人がそれを購入する、スキルマーケットです。

デザイン/Webサイト制作/プログラミングといったスキルはもちろん、美容・マネー・占い・悩み相談など、他のサービスにはない幅広いスキルのやりとりが交わされているのが特徴です。

ココナラでは、自分で商品の値段やサービス内容を決められます。そのため、実績がない駆け出しフリーランスには非常におすすめのマッチングサービスです。

\ココナラがおすすめな人/

駆け出しのフリーランス
自分のできる範囲の仕事をしたい人
フリーランスとして収入源を増やしたい人

5. SOKUDAN(ソクダン)

SOKUDAN

▲出典:SOKUDAN

サービス名 SOKUDAN(ソクダン)
サービスURL https://sokudan.work/
運営会社 CAMELORS株式会社
サービスタイプ プラットフォーム型
対応職種 エンジニア・マーケター・営業職・企画職・デザイナー等
特徴
  • 仲介手数料ゼロ
  • 案件探しから商談まで最短1日
  • 発注者と直接のコミュニケーションが可能

SOKUDAN(ソクダン)』は、フリーランスが発注者と直接やりとりできる、業務委託のマッチングサービスです。仲介を通さずに直接コミュニケーションが取れるため、ミスマッチを防げることが魅力です。仲介手数料も発生しません。

また、リモート案件が豊富なことも特徴で、案件の92%がリモートワーク可能。案件の平均稼働日数は週2.4日、平均単価は32.1万円と、「もう1案件欲しい」フリーランスが仕事を探すのに最適なサービスです。

\SOKUDANがおすすめな人/

すぐに仕事を受注したい人
余裕があり、もう1案件欲しいと考えている人
高単価な案件を受注したい人

フリーランス向けお仕事マッチングサービス【エージェント型】

1. レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

▲出典:レバテックフリーランス

サービス名 レバテックフリーランス
サービスURL https://freelance.levtech.jp/
運営会社 レバテック株式会社
サービスタイプ エージェント型
対応職種 エンジニア
特徴
  • 平均年収が876万円と高水準
  • 常駐型の案件が豊富
  • 大手企業、有名企業の案件あり

レバテックフリーランス』は、フリーランスエンジニア向けのマッチングエージェントサービスです。希望の職種や単価などをエージェントに伝えるだけで、自分にあった案件をいくつか紹介してくれます。

レバテックフリーランスは、企業常駐案件かつ高単価なものが多く、登録しているフリーランスの平均年収が876万円と高水準な点が特徴です。

レバテックフリーランスの案件は高単価なこともあり、会社に勤務する常駐型の案件が多く用意されています。大規模な開発やチームでの開発がメインとなるので、スキルや実績豊富なフリーランスにおすすめです。

\レバテックフリーランスがおすすめな人/

フリーランスとして収入と仕事を安定させたい人
スキルに自信があるエンジニア
常駐の案件に携わりたいエンジニア

2. HiPro Tech(ハイプロテック)

HiPro Tech

▲出典:HiPro Tech

サービス名 HiPro Tech(ハイプロテック)
サービスURL https://tech.hipro-job.jp/
運営会社 パーソルキャリア
サービスタイプ エージェント型
対応職種 エンジニア、マネージャー、デザイナー
特徴
  • 人材大手のパーソルキャリアが運営
  • 直請け・高待遇案件が多い
  • 長期契約にも対応

HiPro Tech』は、人材系で日本第2位の大手企業・パーソルグループが運営するフリーランスITエンジニア専門エージェントです。

企業と直接契約可能な点が最大の特徴で、仲介手数料は発生しません。そのため直請けや高待遇案件の紹介があるほか、25%以上が週3日以下での稼働可能案件です。契約更新率が75%と高く、長期契約が見込めるのも魅力。

会員登録後のインタビューから案件の紹介、契約締結、案件参画後のアフターフォローまで、長期間に渡って担当者がサポートしてくれるのも安心感につながります。

\HiPro Techがおすすめな人/

高単価な案件を受注したいエンジニア
スキルに自信があるエンジニア
長期契約やスキルを向上させる仕事が欲しい人

3. MarketerAgentクリエイティブ

▲出典:MarketerAgentクリエイティブ

サービス名 MarketerAgentクリエイティブ
サービスURL https://wacul-ai.com/service-cop/marketer-agent/creator/
運営会社 株式会社WACUL
サービスタイプ エージェント型
対応職種 Webデザイナー、Webディレクター、マーケター など
特徴
  • Webクリエイター向け
  • WACULのコンサルタントがマッチングから案件フォローまでサポート
  • 中~大企業が多く、高単価の案件多数

MarketerAgentクリエイティブ』は、クリエイター向けに特化した案件紹介サービス

案件紹介には経験年数2年以上が必須と実務経験が求められるものの、厳選されたクリエイターを見込んだ中~大企業の案件が多く、3万以上の業種様々な企業リストから優良な案件を紹介してくれます。

デジタルマーケティングのプロであるWACULのコンサルタントがマッチングをサポートしてくれるので、サービス利用初心者の方でも安心して始められます。

\MarketerAgentクリエイティブがおすすめな人/

クリエイターの案件を探している人
フルリモート、副業OKの案件をしたい人
手厚いサポートを受けたい人

4. クロスデザイナー

クロスデザイナー ホームページ

▲出典:クロスデザイナー

サービス名 クロスデザイナー
サービスURL https://www.xdesigner.jp/
運営会社 株式会社GIG
サービスタイプ エージェント型
対応職種 Webデザイナー
特徴
  • Webデザイナー向け
  • 最短即日での紹介に対応
  • 案件のリモート率は90%以上

クロスデザイナー』は、7,000人以上が登録するデザイナー専門のエージェントサービスです。フリーランスや副業にも対応しており、最短即日の紹介が可能となっています。

リモート率も90%以上と多様な働き方の案件があり、副業でも活用が可能です。対応職種についても、Web、UI/UX、グラフィック、DTP、ゲーム、アプリ、動画、アートディレクターなどさまざまなデザイン領域を網羅。

クライアント紹介により110,000円(税込)の紹介料がもらえる「アクセラレーター制度」もあり、副業収入以上の紹介料を稼げる可能性もあります。

\クロスデザイナーがおすすめな人/

幅広い案件を探しているデザイナー
・高単価の案件に取り組みたいデザイナー
フルリモート、副業OKの案件をしたい人

フリーランス向けお仕事マッチングサービスを上手に活用するコツ

フリーランス向けお仕事マッチングサービスを上手に活用するコツを4つご紹介します。

コツ1. 自分に合う働き方のサービスを選ぶ

サービスによって、取り扱う案件の働き方にはさまざまなものがあります。

  • 週5日の常駐案件
  • 週1稼働案件
  • 平日シフト制の案件(日中のやり取り必須)
  • フルリモート案件 など

そのため、自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶのがポイントです。

たとえば、複数案件を並行して受注したい場合は、柔軟な働き方のできる週1稼働案件やフルリモート案件を選ぶとよいでしょう。

コツ2. 自分の職種に有利なサービスを選ぶ

サービスによって得意とする職種が違います。たとえば、エンジニアに特化したサービスや、イラストレーターが多く在籍するサービスなどさまざまです。

案件を受注しやすくするためには、自分の持つスキル/経験を多く取り扱うサービスや特定の職業に特化したサイトを選びましょう。

コツ3. 自分のスキルや経験をアピールする

自分のスキル/経験を上手にアピールすることで、サービスがスキルに見合った案件を紹介してくれます。また、自分のプロフィールページを見たクライアントがオファーをかけてくれる場合も。

たとえば、エンジニアの人であればGitHubにソースコードをアップロードしたり、Webデザイナーの人であれば、自分のポートフォリオサイトを作ったりしましょう。

ポートフォリオとは、クリエイターやアーティストが自身の作品をまとめたもの。ポートフォリオがあると、「どんなものを作れるのか」「どれくらいのスキルがあるのかを発注者に分かりやすく伝えられます。

コツ4. 自ら進んで案件に応募する

良い案件を受注するには自ら進んで応募することも重要です。

多くのマッチングサービスには、スカウト機能というものがあります。スカウト機能とは、クライアントが条件やスキルがマッチしていると判断した人材に対してオファーをかける仕組みのこと。

ただし、スカウトを待っているだけでは良い案件を見逃してしまうことも。定期的に希望条件に合う案件を調べ、よさそうなものがあれば進んで応募するようにしましょう。

フリーランス向けお仕事マッチングサービスを使うときの注意点

お仕事マッチングサービスを利用するときには、注意するべきポイントがいくつかあります。

フリーランスがお仕事マッチングサービスを使うときの注意点は以下のとおりです。

注意点1. 案件の単価が適正かを調べる

マッチングサービスを利用するときに注意するべきポイントとして、案件の単価が適正かを調べる必要があります。

とくにクラウドソーシング系のサービスは、なるべく単価を抑えて発注したい人が多いため、単価が低い傾向にあります

自分の適性時給を計算したり、単価の相場を調べたりしたうえで、案件を受注するようにしましょう。単価相場を知るために、複数サービスを併用するのがおすすめです。

注意点2. 相性の悪いクライアントとは取引しない

マッチングサービスを利用すると、実際に面識がない人とお仕事のやり取りをするようになります。そのため会社に所属していたときより、コミュニケーションが円滑に進まない場合も。

たとえば指示が不明確だったり、何度も修正を依頼してくるクライアントもなかにはいるでしょう。そういったクライアントとお仕事を続けていても、自分の時間がどんどん奪われていく一方です。

契約を結ぶ前には、チャットでのやりとりやオンライン面談を行い、気持ち良くコミュニケーションが取れるかを確認しましょう。

相性が合わないと感じた場合は、双方のためにも「取引しない」という選択肢をすることが大切です。

まとめ

今回は、フリーランスの仕事探しにおすすめのサイトやサイト選びのポイントを解説しました。

高単価・好条件のフリーランスの仕事を探しているなら『Workship』の利用がおすすめです!

Workship

▲出典:Workship

Workship』では幅広い職種の仕事が紹介されているので、自分にぴったりの仕事を探すことができます。また、公開案件の80%以上がリモートOKとなっており、働く場所を選ばないため、在宅でも仕事ができるのが魅力です。

さらに、トラブル相談窓口や会員制優待サービスの無料付帯など、安心して働ける仕組みがあるのも嬉しいポイント。

時給1,500円〜10,000円の高単価な案件のみ掲載しているため、手厚いサポートを受けながら、良質な案件を受けたい方におすすめです。

登録やサービス利用は完全無料なので、自分に合う仕事をぜひ探してみてください。

(執筆:HikoPro 編集:木村優美、じきるう、泉、上塚千恵子)

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週1〜3 リモートワーク 土日のみでも案件が見つかる!
Workship