過去10年間で、SNSマーケティングは大きく成長しました。

いまでは限られた資金で効果的なマーケティングをおこなうことが、多くの企業の課題になっています。

多数のプラットフォームに予算を分散させるのではなく、ひとつのプラットフォームに注力している企業も多いはず。だからこそ、適切なプラットフォームを選択することは重要です。

今回は、数あるプラットフォームのうち『Facebook』『Instagram』『YouTube』を比較。それぞれの長所や短所、お役立ち情報について解説します。

おさえておきたいポイント

How to pick platform

適切なプラットフォームを見極めるために、まずは以下の項目を元にそれぞれのプラットフォームの概要を掴みましょう。

  • プラットフォームにおけるアクティブなユーザー層の把握
  • ユーザーがそのプラットフォームを使用する目的
  • プラットフォームに広告を出すための費用
  • プラットフォームのユーザー属性ターゲティングツールの正確性
  • プラットフォームがサポートしているメディアの種類
  • プラットフォーム上の投稿、またはページの操作方法
  • プラットフォームを強化およびサポートする外部ツールの存在

これらの質問に対する回答と、達成したい目標や戦略を見比べてみましょう。

たとえば幅広い消費者に製品を売り込みたいなら、Facebookのリーチの広さが役に立つかもしれません。一方で専門性の高いB2Bの企業やブランドは、LinkedInなどもいいかもしれません。

ここからは、Facebook、Instagram、YouTubeについて、それぞれ解説します。

Facebook

FacebookはSNSの代表的存在。アメリカだけでも月間2億1800万人のアクティブユーザーがおり、世界のユーザー数は10億人を軽くこえています。

しかし最近の調査では、Facebookが若いユーザーを失いつつあることもわかっています。

そのため最近はアルゴリズムを変更して、広告や公開投稿の表示を減らしているようです。この変更によりオーガニックリーチが6%にまで減少すると考えられていますが、それでもなおFacebookはSNS界の王者といえるでしょう。

長所

  • 利用者数が圧倒的に多い
  • 使いやすいデモグラフィックターゲティングツールが提供されている
  • 広告のパフォーマンスを測るためのハイクオリティなツールがそろっている

短所

  • 若いユーザーのあいだで人気が低下している
  • 動画の視聴回数の指標を操作したことにより、一部の広告主から信頼を失った
  • アルゴリズムの微調整が原因で、広告のオーガニックリーチの予測が難しい

利用場面&お役立ち情報

  • 利用者数が多いので、イベントの宣伝に最適
  • 広告のテキストは短く簡潔にする
  • 画像は鮮明で高解像度のものを使うのがポイント
  • ユーザーセグメンテーションツールの活用がおすすめ

How to pick platform

Instagram

Facebookと比べるとユーザー数ではすこし見劣りするものの、Instagramはカルチャー面で重要な役割を果たしています。モデルやミュージシャンなどの有名人にも人気で、多くの広告主が成功をおさめています。

広告主から報酬を得て製品を紹介する、インフルエンサーの存在でも知られていますね。

Instagramの広告は、主要なソーシャルプラットフォームのなかでもっともエンゲージメント率が高いのが特徴です。一方で広告コストが高いポイントも考慮しなければなりません。Instagramをせっかく活用するなら、テキストよりも、ビジュアルを重視した広告のほうが圧倒的に有利です。

またFacebookと同様に、ユーザーがもっとも利用するコンテンツが優先的に表示されるよう、常にアルゴリズムが変化しています。

長所

  • 広告のエンゲージメント率が非常に高い
  • インフルエンサーのコミュニティを活用すれば、ユーザーが製品を購入する機会が増える
  • フィードから直接購入できる形式の投稿が急成長している

短所

  • 広告のコストが高い
  • ほとんどのユーザーが35歳未満なので、ターゲット層が35歳以上の場合は不向き
  • Facebookより費用がかかり、インフルエンサーマーケティングには細心の注意が必要

利用場面&お役立ち情報

  • 「ファッション」「デザイン」「食べ物」などのビジュアルを重視した分野のブランディングをするとき
  • リアルタイム性のあるストーリーでフォロワーを引きつける
  • ユーザーが高く評価したくなるコンテンツ制作にフォーカスするのがおすすめ

How to pick platform

YouTube

毎分100時間を超えるコンテンツがアップロードされるYouTubeは、いまや世界最大の動画プラットフォームです。

テレビCMのあとを継ぐのは、YouTube広告だと考えているマーケティング担当者も多いはず。YouTubeと相性がいいのは、化粧品や食品、ツールなどの「製品のデモンストレーション」でしょう。

YouTubeの広告主が使える最新ツールのひとつに『TrueView』というものがあります。TrueViewの特徴は、視聴者が興味のある広告を選択できるところ。こうした広告では、視聴者が最後まで広告を見るか、視聴者みずから広告をクリックした場合のみ料金が発生します。

長所

  • ユーザーが多い
  • さまざまなフォーマットの広告が提供されている
  • TrueViewを活用すれば、ユーザーが実際に視聴した広告のみ、料金を支払うようにできる

短所

  • コンテンツの量が多いため、目立ちにくい
  • アルゴリズムが予測できないため、不要な関連づけをされる可能性がある

利用場面&お役立ち情報

  • 製品のデモンストレーションに最適
  • キーワードを慎重に選択し、不適切な動画に広告を表示させないようにする

おわりに

今回はプラットフォームのなかでもとくに人気のある、Facebook、Instagram、YouTubeをご紹介しました。しかし他にも多くの注目すべきプラットフォームがあります。必要に応じてLinkedIn、Pinterest、Twitterなどのツールについても調べてみてください。

使用するプラットフォームに関係なく、まずは調査やテストをおこない、小規模な活動からスタートするのがおすすめです。ユーザーと、ユーザーのニーズを正しく把握して、ぴったりのプラットフォームを見つけましょう。

(執筆:Ronald Dod  翻訳:Nakajima Asuka 編集:Sansui Riho)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ