若さとお金を持っているミレニアル世代の力は絶大です。

コンテンツマーケティングプラットフォーム・NewsCredの調査によると、ミレニアル世代全体の購買力は、2020年までに4兆ドルを超えると予想されています。ミレニアル世代が、各世代でもっとも強力な顧客のひとつであることは間違いありません。ミレニアル世代の購買力は今後間もなくピークに達し、その影響力はさらに強まるでしょう。

今回はミレニアル世代へのマーケティングを成功させる秘訣について、3つのポイントを軸に解説します。

ミレニアル世代のキーワードは「デジタルネイティブ」

ミレニアル世代とは、1981年〜2000年の間に生まれた人たちのこと。一方で、1995年〜2010年に生まれた世代を「Z世代」に区分するケースもあります。

もちろん1983年生まれと1999年生まれでは、さまざまな点において違いがあるでしょう。しかし、デジタルネイティブ最初の世代であることには変わりありません。

ミレニアル世代は、インターネットで必要な情報を得るための方法を知っており、その過程で発生する「ノイズ」を無視することにも長けています。つまりミレニアル世代をターゲットにするなら、マーケティングが「ノイズ」として認識されないように工夫しなければいけません

ここからは、ミレニアル世代を対象としたマーケティングにおいて、把握しておきたいポイントを3つご紹介します。

1. インターネット上での習慣を把握する

ミレニアル世代は、モバイル端末を頻繁に使います。Pew Research Centerの調査によると、ミレニアル世代の92%がスマートフォンを所有しているとのこと。くわえてミレニアル世代のスマートフォン所有者の28%が、自分のモバイルデバイスをインターネット閲覧に特化して使っているようです。このままこの傾向が続けば、(ゲーム関連を除けば)いずれデスクトップPCは職場環境以外で生き残れないかもしれません。

またZDNetの調査によると、ミレニアル世代は1日5.7時間モバイル端末を使っているとのこと。そのうちの13%はモバイル端末の使用時間がさらに長く、1日に12時間も画面を見ているようです。

モバイル端末に特化しよう

10代の若者をターゲットにするなら、モバイル版Webサイトの開発に時間を費やすのがおすすめです。

とくに次の4つのポイントを押さえて、Webサイトやアプリの制作にエネルギーとクリエイティビティを注ぎ込みましょう。

  • ユーザーが楽しく買い物できる
  • 顧客と強固な関係を構築できる
  • リピーターを獲得できる
  • スムーズに支払いができる

20代半ば〜30代をターゲットにするなら、スマホアプリがおすすめです。スマホアプリでのエクスペリエンスを楽しく、価値のあるものにすれば、リピート率を上げられるはず。

快適なモバイル体験を提供しよう

ファッションブランド・Missguidedのアプリマーケティングが成功した要因は、「Swipe(スワイプ)」と「App Stories(アプリストーリー)」です。

「Swipe(スワイプ)」は、顧客が商品を気に入ったかどうかをスワイプして決められる機能。上方向にスワイプした商品は自動的にユーザーのウィッシュリストに追加されます。便利な機能ですよね。

「App Stories(アプリストーリー)」は、購入履歴に基づいてパーソナライズされたおすすめ商品を提案する機能。さらに、同社の商品を着用している写真を送ると、その画像が他のユーザーのおすすめリストに掲載されるという工夫もされています。まさにミレニアル世代向けの施策ですね。

Millennials Marketing

▲Missguidedのモバイルアプリは、顧客が多くの時間を費やすように工夫されている

2. 広告に対する考えかたを知る

ミレニアル世代は広告を好みません。eMarketの調査によると、アメリカではミレニアル世代の70%以上が広告ブロックアプリを使っています。

またDefyの調査によると、ミレニアル世代のほとんどは旧態依然とした広告よりも、5秒ほどの短い動画広告を好むようです。

口コミを活用しよう

ミレニアル世代はブランドや広告主のプロモーションよりも、家族や友人の意見を信頼します。invespのインフォグラフィックによると、88%の人が友人からすすめられた商品を購入する傾向にあるとされます。

この傾向を利用して、口コミ戦略に力を入れてみましょう。たとえばロイヤリティプログラム(※)をうまく活用し、肯定的な口コミに対して特典やポイントなどを配布すれば、よい口コミを集められるはずです。

(※ 一定期間に頻繁にサービスを利用した優良顧客(会員)に対して企業が提供するインセンティブの仕組みのこと。(引用:シマウマ用語辞典))

インフルエンサーマーケティングを取り入れよう

インフルエンサーマーケティングに関する情報は、比較的簡単に見つけられるはずです。またインフルエンサーとの連絡や、キャンペーンの管理を支援してくれる代理店やWebサイトもあります。

ミレニアル世代をターゲットにするなら、インフルエンサーマーケティングを長期的なマーケティング戦略の一部にしてはいかがでしょうか。

サポーターを把握して感謝を伝えよう

自動車ブランドのJeepは、あらゆる年齢層の顧客と良好な関係を築いています。顧客との交流に一役買っているのが、トレイルライド(山道走行)を記録したり、写真をアップロードしたり、コミュニティと交流することでバッジが獲得できるアプリ『Badge of Honor』です。

また、World Surf Leagueに代表されるように、アウトドア中心のライフスタイルを送っている人や、アスリートをターゲットにしたすばらしいパートナーシップを結んでいるのも特徴のひとつ。こうしたパートナーシップによって、10代から30代のサーフィンやスポーツ好きの人の心を掴んでいます。

ブライアン・ディーガンのようなアスリートや有名人をSNSキャンペーンに起用しているのも賢いですね。

Millennials Marketing

▲JeepのBadge of Honorプログラムはモバイルでも利用でき、ミレニアル世代にとっても魅力的

3. コミュニティを形成し、リワードを与える

ブランドが育てるべきコミュニティには、いくつか種類があります。そのうちのひとつが、ロイヤリティプログラムです。

コミュニティを用意しよう

GoProは、ユーザーのUGC(ユーザーが作ったコンテンツ)をシェアするコミュニティを活用。アクティブなミレニアル世代の人気を勝ち取りました。

GoPro

▲出典:GoPro Awards

「テーマ無制限のチャレンジ」「#GoProLivelt Challenge」「今日のベストフォトチャレンジ」などのプラットフォームは、GoProがコミュニティを構築するために行った取り組みのうちほんの一部です。

Webサイトを見てまわるだけで、GoProがユーザーをいかに巻き込んでいるかが伝わるはず。

コミュニティにUGC(ユーザーが作ったコンテンツ)を投稿してもらおう

顧客が何に興味をもっているかを把握し、商品をコミュニティの活動とリンクさせましょう。ユーザーをうまく惹きこむためには、以下のような工夫が考えられます。

  • ペンを売っているなら、ユーザーがそのペンを使って描いた作品をシェアする
  • ゲームソフトを売っているなら、ユーザーにゲームのスクリーンショットを投稿してもらう

Instagramのハッシュタグを活用するのもおすすめです。

ロイヤリティプログラムを導入し、コミュニティの構築に力をいれて、魅力的なサービスを提供しましょう。とくに以下のユーザーには、そのサポートに対して追加の報酬を与えることが大切です。

  • 動画やブログ記事などに参加してくれたユーザー
  • 友人を紹介してくれたユーザー
  • SNS上でコンテンツを共有してくれたユーザー

おわりに

少しのクリエイティビティと質の高いビジュアルコンテンツでしっかりリーチし、一般的な広告ではなくコミュニティを活用して、ミレニアル世代のハートを掴みましょう。

ミレニアル世代が求めているものの多くは、他の世代にも共通しています。豊かなコミュニティや魅力的なオファーを提供できれば、自然と他の世代もひきつけられるはずです。

(執筆:Jessica Mizerak 翻訳:Nakajima Asuka 編集:Sato Mizuki)

いまの働き方に悩んでいるあなたへ。

「フリーランスとして働いているけど、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速するいまこそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workshipをのぞいてみませんか?

  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち50%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまなお仕事が掲載
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • マッチング〜面談まで全てWorkship内で完結
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、いっさいお金はかかりません。詳細は以下ページをご覧ください!

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ