アプリデザインとは【意味/読み/英語表記】(あぷりでざいん)

アプリデザインの概要

アプリデザインはその名の通り、アプリ内のデザインのこと。アプリデザインにおいては、お洒落さや見た目の美しさよりも、「いかにユーザーにとって使いやすいか」が重視されます。

アプリデザインの詳細

そもそもアプリの目的は、「ユーザーが抱える悩みや課題を解決すること」にあります。
そのため、いくらデザインが凝ったものであっても、ユーザーにとって使いにくいアプリであれば、ユーザーは離れてしまうでしょう。
ユーザーがアプリを使うことで簡単に課題を解決できるような、見やすく、分かりやすいデザインにすることが大事です。

■UIデザイン
UIとは、「User Interface(=ユーザーインターフェース)」の略です。「interface」は「接点」という意味を持ちます。

そのためUIデザインとは、ユーザーとの接点となる「アプリの画面上のデザイン」のことです。具体的にいうと、アプリ画面における文字の色やフォント、ボタンの配置です。

UIデザインで大事なこととしては、「簡単に操作ができること」や、「ユーザーが知りたい情報をすぐ手に入れられること」です。たとえば、ネットショッピングのサイトであれば、商品の検索が簡単にできる、どこを押せば商品を購入できるのかがすぐに分かる、などです。

■UXデザイン
UXは、「User Experience(=ユーザーエクスペリエンス)」の略で「ユーザー経験」という意味です。
UIデザインはアプリの利便性に重きを置かれる一方、UXデザインは、アプリを通してユーザーに満足のいく経験を与えることが大事です。

アプリデザインの関連項目

・UI/UX
・UXデザイナー
・アクセシビリティ
・スクロール
・マイクロインタラクション

「アプリデザイン」の記事一覧

1238
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ