マーケティングの目的とは? 達成のために有効な手段を考察

マーケティングの目的とは? 達成のために有効な手段を考察

マーケティングの重要性が叫ばれて久しい今日、手段ばかりに目がいき、本来の目的を忘れていませんか?

目的を再定義すれば、より適切な手段を選べるはずです。

今回は、マーケターの目的意識に関する調査結果を踏まえ、有効な手段について考えましょう。

マーケティングとは?

マーケティングとは、「販売行為をしなくても商品が売れる仕組みを作る」こと。 日本にマーケティングという概念が伝わったのは60年以上前といわれていますから、今日に到るまでにさまざまなフレームワークや調査・分析手法が蓄積されています。

その活動は大きく分けて、市場調査と広告宣伝活動に分かれます。目的やマーケットによって、最適な手段を選ばなければなりません。

505人のマーケターに聞いた、マーケティングの目的とは?

オススメマーケティング先
出典:Autopilot

1. ブランド認知度を上げる

SNSやモバイル端末が普及したおかげで、ブランドから顧客への情報発信がしやすくなりました。顧客サイドも、好きなブランドとのつながりを気軽に作れます。

ブランドを構築するということは売上向上に必要な施策のひとつです。ローカルマーケティングやSNSなど、複数のチャネルで自社を宣伝・ブランディングし、オーディエンスを増やす方法がたくさんあります。

そして以下がブランド認知度を上げるために実施した方法です。

  • SNSを運用する
  • オンライン広告を出す
  • スポンサー、ホスト、もしくはパブリックイベントを行う
  • e-books、オンラインコース、ポッドキャスト、インフォグラフィック、動画など、印象的なゲストコンテンツを作成する
  • 紹介制度を設ける
  • PPC広告を出す
  • 有料SNS広告を出す

2. リードの最適化と利益の最大化

優れた実績をもつマーケターのうち21%は「リードが売上に変わる」と話しました。

彼らはまず、ブランド力を生かし多くのリードを生み出します。優秀なマーケターは常にブランドを第一に考えているのです。

生み出したリードの育成も欠かせません。最良の結果を得るためには、まず顧客を知り、自分の商品に最も関連のあるマーケットに目星をつけ、リードを売上に変えるために十分な売上データを確保することです。

マーケターによるアンケート結果の比較

3. 新たなリード獲得手段を開拓する

18%ものマーケターが、リード獲得手段の開拓を重要視しています。新たな顧客発見につながるだけでなく、ビジネスに新たな視点をもたらす重要な手段でもあるからです。

こちらは新たなリード獲得に有効な方法です。

  • 便利なデジタルコンテンツやオンラインコース、セミナーを開催する
  • 紹介制度を設ける
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • クロスプロモーション
  • 展示会、カンファレンス、特別イベントで講演する
  • Webサイトにライブチャットを設ける

4. ユーザーによる“シェア”を生み出す

あなたのサービスや企業に関する情報シェアしてもらえれば、効率よく収益をあげられます。以下にシェア数を増やすためのマーケティング戦略をいくつかご紹介します。

オンラインコンテンツに投資する

電子書籍やポッドキャスト、インフォグラフィック、動画など、ユーザーが思わずシェアしてしまいたくんるような質の高いコンテンツを作りましょう。最近では動画コンテンツの視聴やシェアが増加しています。

紹介報酬プログラムを設ける

2016年にニールセンというマーケティングカンパニーが行った調査結果によると、友人から紹介された場合の購買率は4倍だといいます。また、アメリカ人の80%以上は、どんな商品であれ購入を決定するまえには友人におすすめをたずねているそうです。そんなとき、紹介によるインセンティブを与えておけば、商品やサービスを紹介してくれることでしょう。

他社と協業する

イベントの共同開催から既存コンテンツの共同ブランディングまで、他社との協業は自社のリーチやブランド認知度を向上させるだけでなく、新たな潜在顧客が企業や製品をチェックするよう促すこともできます。

5. コンテンツの収益化

良質なコンテンツでなければ、コンテンツにお金を払ってもらうことはできません。まず優先すべきは、ターゲット層に便利だ・魅力的だと思ってもらえるような、ユニークで高品質なコンテンツを作ることです。コンテンツに価値がなければ、誰も購入しようとは思いません。

6. 顧客囲い込み戦略の実施

既存顧客は、うかうかしているとあっという間に離れていきます。だからどんなビジネスだろうと、大企業でもフリーランスでも顧客維持は大切です。

自社の顧客満足度とロイヤリティを維持するためのルールをいくつか紹介します。

  • 定期的に顧客満足度の調査を実施する
  • サプライズ的なサービスで顧客の期待を超える。たとえばちょっとした感謝ギフトや手書きレター、個別メールなど
  • 顧客の労力を減らす。新規登録手順の簡略化や、便利なハウツーガイド、アプリをシンプルにするなど
  • 顧客が問い合わせやすくする
  • 顧客にとって信頼のおけるアドバイザーとなる。ブログ投稿や商品に関連したコンテンツの作成、レポート作成など

7. SNSからのエンゲージメントを増やす

SNSでオーディエンスを巻き込むのは、強固な顧客基盤を築くのに有力な手段です。SNSはブランド認知から売上までのさまざまな面でビジネスに影響します。Twitter、Instagram、Facebook、Tumblrなど、いくつかのプラットフォーム上にアカウントを設置しましょう。

ただし、作れば良いというわけではありません。一度はじめると定期的な更新が必要になるし、オーディエンスを惹き付ける新たなアイディアを練る必要があります。

8. モバイル市場のトレンドを追う

マーケターは常に、モバイル業界の話題を独占するような革新的技術に目を向けています。予測分析、チャットボット、マーケティングの自動化を何よりも優先しています。

2016年から2017年にかけては、次のようなトピックがありました。

  • 予測分析が発達し、トレンドやパターンの解析が向上した
  • モバイルアプリユーザーの行動データを収集するAIが発達した
  • チャットボットの台頭でモバイル端末での会話が促進され、カスタマーサービスが向上した
  • マーケティング自動化は顧客維持のために活用され、メッセージを個別化してユーザーとやり取りする

 目的を達成するのに効果的なマーケティング手法は、SNSでのブランド戦略

成功するビジネスと失敗していくビジネスとの違いは、「CLV」という3つの単語で表現できます。それは、顧客(Customer)、寿命(Lifetime)、そして価値(Value)です。

CLVは企業の成長、拡大、繁栄を担うもので、顧客価値を示すものです。上記に倣って考えると、マーケティングにおいて重要なのは、リードを獲得し、継続的に顧客を維持していくことだといえます。

その1歩目として、SNSでの情報発信やユーザーとの日常的なやりとりによって、ファンをつけることが重要です。SNSを使ってブランド力を高めましょう。

SNSからのエンゲージメント増加のために実証された方法をいくつか挙げます。

動画コンテンツを作成、シェアする

Facebookユーザーだけでも毎日1億時間も動画を再生し、Twitterユーザーの82%が動画コンテンツを見るためにTwitterを利用しているということをご存知でしたか?動画が最も人気があり、最もシェアされ、ビジネスに貢献してくれるコンテンツだということは明らかです。

視覚コンテンツを増やす

37%のマーケターが視覚マーケティングが全コンテンツの中で最も重要であると答えています。見事な写真であろうとインフォグラフィックであろうと、フォロワーにシェアする画像はみんな完璧であるべきなのです。

画像がある場合とない場合のツイートの数
出典:Buffer

タイミングがすべて

どんなSNSにも1日のうちでユーザーが最もアクティブな時間があります。ベストな時間にコンテンツを投稿することでコンテンツがターゲット層に届きやすくなり、フォロワーのエンゲージメントも上がりやすくなります。

他人の高エンゲージメントコンテンツをシェアする

SNSコンテンツのキュレーションでは、自分の業界で最も価値のあるコンテンツをシェアすることは、素晴らしい方法です。たとえそれが他の人が作成したコンテンツであってもです。最善の結果を得るためにはいろいろな方法でキュレートし、自作コンテンツと他作コンテンツの最適配分を見つけましょう。

 

また、以下はブランド認知度を大きく高めた実績をもつマーケターが目標達成のために意識していたポイントです。

  • ブランドの存在、ミッション、価値を知る顧客が増えるほどブランドへの信頼度が上がる
  • カスタマーロイヤリティは信用なしにはまずありえない
  • マーケットポジションを確立する
  • ブランド認知度はマーケットパフォーマンスに相当影響する
  • 差別化が必要
  • リードと売上の数値を上げる

 

マーケティングの手法は新たな見込み客を探す上で、新しく利便性が高くい方法ではありますが、ひとつだけに注力するのは得策ではありません。

効果が分かるまではいくつかを併せて試しましょう。

(翻訳:Kazunari Mino)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ