伝わる資料の作り方!資料作成のコツ10選

伝わる資料の作り方
無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

社内会議やクライアントへの提案など、ビジネスパーソンが避けては通れない「資料作成」。

自分の意見を相手に理解してもらうためにも「分かりやすい資料作成」を心がけたいものですが。では、どうすれば分かりやすくなるのでしょうか?

今回は、必要な情報をしっかりと担保しながら見やすい資料を作成するコツを10個ご紹介します。スムーズなコミュニケーションや相互理解を進めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

資料作成をスムーズに進めるコツ

資料を作成する際は、「誰に」「なぜ」「何を」伝えたいのか、といった点を意識することで、資料作成の途中で方向性がずれ、伝えたいことが何も伝わらないという状況をさけられます。

伝わる資料を作るためには、事前準備をしっかりとすることが大切です。

コツ1. 資料の目的を決める

まずは資料の目的を決めましょう。ゴールを最初に決めておくことで、話の方向性が大きくズレることはなくなります。

「この資料は、どんな目的を達成するために作成するのか」といった、目的に対する解像度を高めることで、資料に必要な要素を考える際に取捨選択が容易となります。

また、目的を明確に資料内に落とし込むことで読み手側はプレゼンのゴールをイメージしやすくなるため、「共通認識を持つ」という意味合いでも役立ちます。

コツ2. 資料の読み手をイメージする

次に「資料を読むのは誰なのか」をイメージします。

誰に向けて資料を作成しているかをイメージすることで「前提情報をどの程度入れる必要があるのか」や「語彙の選択」といった点が明確になり、無駄な情報を減らせます。

「相手はこの情報を初めて受け取るはずだから、もう少し前提のボリュームを多くとろう」「すでに前提条件は理解してもらっているから、本題から入ろう」といった具合です。

無駄な情報が入ることで、本来の目的を達成できないままプレゼンが終わってしまうこともあるため「資料を読むのは誰なのか」をイメージし、その人にあった情報量や説明を心がけましょう。

コツ3. フレームワークを活用して情報を整理する

論理構成の有名なフレームワークに「PREP法」というものがあります。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

の頭文字を取っており、簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられます。

いきなり資料を作り始めるのではなく、まず伝えたいことをフレームワークに落とし込み、情報を整理してみましょう。簡潔で伝わりやすい資料作成につながります。

PREP法

▲PREP法を用いた文章例

見やすい資料を作成するコツ

情報が整理されていても、デザイン的に見づらい資料では言いたいことが伝わりません。

人間は五感における視覚の知覚割合が約80%であるというデータもあるくらい、「見て取り込む」ことが多いのです。(出展:『産業教育機器システム便覧』日科技連出版社)

ここからは、視覚でも伝わる資料にするための「デザインのコツ」をご紹介します。

コツ4. 使う色を絞る

伝わりやすい資料にするために、まず気をつけたいのは使用する色です。

色にこだわろうとするとついついカラフルにしがちですが、色を使いすぎると重要な箇所がわかりにくくなり、むしろ読みにくい資料になることも多いです。

読みやすい資料を作るためには、

  • ベースカラー
  • メインカラー
  • アクセントカラー

の3色を基本に構成するのがおすすめです。

ベースカラー

背景色として使用します。基本的には白で構いません。

ほかの色を選ぶときには、後に紹介する「メインカラー」「アクセントカラー」を妨げない無彩色を選ぶとよいでしょう。

メインカラー

見出しや、主張が必要な部分など、要所を目立たせるために使用します。背景とのコントラストを出すためにはっきりとした色を選びましょう。

企業やサービスのコーポレートカラーを使用することで、全体的な統一感を出せます。

アクセントカラー

資料のなかでも強調したい部分や、注意が必要な部分に使用します。

多用すると「メインカラー」との区別がつかなくなるため注意が必要ですが、限られた場所に使用することで伝えたいことを効果的に伝えられます。

ベースカラー、メインカラー、アクセントカラー

▲ベースカラー(白)、メインカラー(赤)、アクセントカラー(黄色)で構成した資料例

コツ5. 余白を作る

資料の文字量を調整し画像を的確に配置することで、見やすい資料になります。文字や画像で資料をいっぱいに埋めてしまうと読みづらく、窮屈さを感じる原因にもなるため注意しましょう。

資料作成ツールのガイドやグリッド線を活用したり、ページ内に入れる情報量を事前に選定したりなどして、余白のある見やすい資料になるよう心がけましょう。

余白の十分な資料

▲余白の十分な資料例

余白の少ない資料

▲余白の少ない資料例

コツ6. 図やグラフを使用する

数値や文字だけを羅列した資料は「分かりやすい資料」とは言えません。

目的に応じた図やグラフを使えば、見ただけで瞬間的に内容を認識できるメリットがあります。要所要所で使っていくことを心がけましょう。

ここでは、資料でよく用いられるグラフの種類と特徴をご紹介します。

棒グラフ

縦軸にデータ量をとり、棒の高さでデータの大小を表したグラフです。高い項目や低い項目を判別するのに有効なグラフで、大小、多少を比較するのに適しています。

棒グラフ

▲棒グラフ例

折れ線グラフ

主に時系列などの連続的な変化を捉える時に使用するグラフです。横軸には、年や月といった時間を、縦軸にはデータ量をとり、それぞれを結びます。データの増減を見るのに適しており、グラフの傾きで変化の大きさを読み取れるのが特徴です。

折れ線グラフ

▲折れ線グラフ例

円グラフ

円グラフでは、円全体を100%として、その中に占める項目の構成比を表したグラフです。扇形の面積によって構成比の大小を図れます。

円グラフ

▲円グラフ例

コツ7. 文字装飾のルールを決める

文字装飾は、主に以下3つに分けられます。

  • フォント
  • 行間
  • 改行

これらが統一されていないと、全体を通して見た際に統一感のなさを感じてしまいます。

「フォントはメイリオ」「行間は1.5」「改行は1パラグラフ毎」などのルールを事前に決めておくことで、全体が統一された見やすい資料になります。

統一された文字装飾

▲統一された文字装飾。全体的にまとまって見える

統一されていない文字装飾

▲統一されていない文字装飾例。フォントや行間、改行がバラバラでごちゃっとして見える

資料作成を効率化するためのコツ

最後に、どんな資料でも効率よく作成するためのコツをご紹介します。

コツ8. 装飾に時間をかけすぎない

あくまで資料を作成する目的は、「必要な情報を読み手に伝える」ことです。

前段でご紹介したデザインのコツを抑えることだけでも、見やすい資料は作成できます。デザインに凝りすぎるより、必要な情報をシンプルに伝えることを意識しましょう。

コツ9. 外部からのフィードバックを求める

資料の骨子を作成した段階で、

  • 伝えたい意図が伝わるか
  • 情報量は適切か

など、第三者にフィードバックをもらうことで新たな発見があるかもしれません。

なお、資料完成後にフィードバックをもらうと、修正に多くの時間がかかってしまう恐れがあります。修正を最小限にするためにも、骨子の段階でフィードバックを依頼するのがポイントです。

コツ10. 資料デザインをテンプレート化し流用する

過去に作成した資料の流れやデザインをテンプレート化しておくことで、類似の目的の資料を作成するときに時間を削減できます。また作成したテンプレートを社内共有することで、チームや会社全体での業務効率化も図れるでしょう。

なお最初はオリジナルのものではなく、資料作成ツール標準のテンプレートや、プロが作成したテンプレートを使うのもおすすめです。以下の記事では、無料/有料で使えるおすすめデザインテンプレートがまとめられています。

まとめ

資料作成前から資料作成、資料作成を効率化するコツを10個ご紹介しました。資料作成のコツを抑えることで、資料を通じた他者との意思疎通が取りやすくなり、ビジネス上のコミュニケーションもスムーズに進められるようになります。

自分の思いを組み込んだ分かりやすい資料で社内外の連携を強化し、より価値のあるモノやサービスを作っていきたいですね。

(執筆:山口真央 編集:泉、じきるう)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
Workship ad 2