BizOn Ad

【SEO専門家が教える】最初にやるべき3つのSEOテスト

Your First Three SEO Tests
MARKETER

企業のWebサイトやオウンドメディアを運営するにあたり、SEO(検索エンジン最適化)は必要不可欠です。日々、SEOに悩む担当者の方も多いかもしれません。

今回は、SEO向けのA/Bテストサービス『SarchPilot』のカスタマーサクセス責任者であるエミリー・ポッター氏が、最初にやるべき3つのSEOテストについて紹介します。

※以下に動画による解説(英語)およびホワイトボードを掲載します

Your First Three SEO Tests

▲出典:Moz

なお最初にやるべき3つのSEOテストを紹介する前に、SEOの構成要素と、SEOテストの優先順位を決める方法をおさえておきましょう。

SEOを構成する“3つのコアレバー”

SEOは、以下3つの要素で成り立っています

  1. CTRの向上
  2. より多くのキーワードによるランキングの向上
  3. 既存のランキングの改善

SearchPilotでは、これらを「3つのコアレバー(Three core levers)」と呼んでいます。3つのコアレバーを操作することによって、オーガニックのトラフィックを増加させられると考えています。

1. CTRの向上

ランキングを改善することによって、CTRを向上させることも可能です。しかし、それ以外にもCTRを向上させる方法はあります。

リッチリザルトやリッチスニペットの取得など、検索結果を強化して、競合より目立つように工夫してみましょう。

2. より多くのキーワードによるランキングの向上

現在は検索上位にランクインしていないキーワードを改善すると、オーガニックリーチを向上させられます。

より多くのキーワードで上位にランクインすれば、より多くの人の目に触れるため、Webサイトへのオーガニックトラフィックが増加します。

3. 既存のランキングの改善

リンクビルディングCore Web Vitalsの改善、コンテンツの追加などによって、既存のランキングを改善することが可能です。

これらはすべて、SEOテストでターゲットにできる、オーガニックトラフィックの原動力となるランキング要因です。

SEOのテストをするために

SEOのテストを行うには、3つのコアレバーのうち、すくなくとも1つを引く必要があります

もしテストのアイデアを思いついても、そのアイデアがコアレバーを引くことにつながっていなければ、それはSEOのテストとはいえません。

反対に、複数のコアレバーを同時に引くことも可能です。たとえばタイトルタグを変更すると、検索順位や検索結果が改善され、CTRの向上につながるかもしれません。

SEOテストの優先順位を決める

次に、SEOテストのアイデアに優先順位をつける方法を紹介します。SearchPilotでは、以下2つの指標を使用しています。

  • インパクト
  • 労力(LOE:Level Of Effort )
Your First Three SEO Tests

▲出典:Moz

この図では、縦軸に労力(LOE)、横軸にインパクトを割り当てています。

左上:労力高/インパクト低

もっとも避けるべきなのは、労力が高く、インパクトが低い、左上の象限です。

これは、労力を必要とするにもかかわらず、効果が見込めないことを意味します。

右上:労力高/インパクト高

労力もインパクトも高い右上の象限は、労力がかかるものの、効果も見込めることを意味します。

右上の象限にあたるSEOテストは、プロジェクト管理が必要な、大規模なテストになる可能性もあります。よって、最初にやるべき3つのSEOテストには含められません。

左下:労力低/インパクト低

右上とは反対に、労力もインパクトも低いのが、左下の象限です。たとえば、代替テキストの追加などがこれに当たります。

オーガニックトラフィックに大きな影響を与えるわけではないものの、意外な結果が期待できる可能性を秘めています。潜在的インパクトが低いため最優先ではありませんが、実装が簡単なので最初のSEOテストにもおすすめです。

右下:労力低/インパクト高

もっともおすすめなのが、労力が低く、インパクトが高い、右下の象限です。労力を必要とせず、効果を見込めるため、必然的に優先度がもっとも高くなります。

グラフ上の優先度は、右下」「左下」「右上」「左上」のであることがわかりました。ここからは、具体的な3つのSEOテストについて解説してきます。

最初にやるべき3つのSEOテスト

1. タイトルタグ変更

Googleによってタイトルが上書きされていたとしても、タイトルタグのテストはかならず実施しましょう。ランキングだけでなく、CTRにも影響を与えるため、高い効果が期待できます

大きなキーワードを追加すると、CTRとランキングの両方に影響を与えられる可能性も。労力が少なく、インパクトが見込めるタイトルタグのテストは、まさに最初のSEOテストに最適です。

2. 記事内キーワードの変更

記事内のキーワードを、検索ボリュームの大きいキーワードに変更してみましょう。

キーワードを変更する方法は、コンテンツの追加や、見出しの更新など。インパクトは低〜中程度ですが、労力も低〜中程度なので、手軽に実施できます。

タイトルタグほどの変動は見込めませんが、早い段階で優先的に導入し、ランキングに反映させましょう。

3. 構造化データの変更

最後に紹介するのは、構造化データ。労力もインパクトも高いのが特徴です。

レビュースキーマを追加して、検索結果画面上にレビュースニペットを表示する、といった内容がこれにあたります。

スキーマをHTMLに組み込むためにエンジニアのリソースが必要になる、または構造化データに含めたいデータをなんらかの方法で取得する必要があるなど、労力がかかる傾向があります。しかし重要なSEOテストであることは間違いないため、最初にやるべきSEOテストに含めました。

その他おすすめ. 内部リンク

内部リンクのテストもおすすめです。労力もインパクトも高いですが、SEOに大きな影響を与えます。

期待される効果が大きい一方、エンジニアリングリソースが必要なだけでなく、測定方法を理解するのが難しい特徴もあります。リンクを追加したページにも、リンクされたページにも影響が及ぶため、最初に実施するのではなく時間をかけましょう。

おわりに

最初にやるべき3つのSEOテストとともに、仮説の立て方と優先順位の付け方について解説をしました。

今回紹介した方法以外のテストを実施するときにも、3つのコアレバーに気をつけてみましょう。

コアレバーを引いていないと感じたら、SEOテストを見直すのがおすすめです。

(執筆:Emily Potter 翻訳:Asuka Nakajima 編集:北村有 提供元:Moz

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
#フリーランス大会議 仕事の単価の決め方