PDFelement AD

フリーランスが健康診断を安く受診するコツは? 費用、経費、医療控除のルールを解説

会社勤務であれば毎年受診する「健康診断」。フリーランスになってからはつい忘れがち、あるいは受診すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

フリーランスの健康診断にかかる費用や、経費計上のルール、そして健康診断を受診するメリットなどについて理解すれば、健康診断を受診するべきかどうか判断できるはずです。

本記事では、フリーランス時代から健康診断を受診することを選択してきた筆者が、フリーランスが健康診断を受診する費用対効果について解説します。

フリーランスの健康診断の費用はいくらかかる?

まず、健康診断の費用について解説します。

あなたが会社の従業員の場合、健康診断の受診と費用負担は企業が行うことが法律で義務づけられています。したがって、企業に所属しつつ働く副業フリーランスやパラレルワーカーであれば、健康診断の自費負担は必要ありません。

一方、自身が個人事業主であり、フリーランスとして健康診断を受診する場合、基本的には自費負担になります。その具体的な価格帯や診断先について解説します。

健康診断の費用は数千円~1万円強(オプション費別)

健康診断の費用は、数千円~1万円程度が一般的です。ただし、これは厚生労働省が公開している「一般健康診断」の項目を受診した場合で、オプションを追加するとさらに高くなります。内視鏡検査など高額なオプションは2万円ほどかかることもあるので、事前に確認しましょう。

なお、健康診断を実施している病院のウェブサイトを見ると、受診できる内容や費用が確認できることが多いので、詳しい価格はお住まいの地域の総合病院から調べてみてください。

年齢に応じてオプションを追加したほうがいい

健康診断受診の内容については、自分の年齢を基準に判断しましょう。というのも、老いればそのぶん生活習慣病やがんになるリスクは高まり、病気の早期発見の重要性が増すからです。

オプション費を考えて気乗りしない方も多いでしょうが、健康な体がなければフリーランスとして働くこと自体に支障が出ます。ミドル世代になったら、ある程度の投資は覚悟しておきましょう。

安く済ませたいなら市町村の健康診断がおすすめ

できるだけ安く健康診断を受診したい場合は、自治体や市町村が主体となる健康診断に参加するのがおすすめです。

各市町村では、定期的に最寄りの公共施設にて健康診断を開催しています。料金体系は各地域によりますが、病院より安いことがほとんどです。

ちなみに筆者が住む地域の場合は、町内会の回覧板で年1回定期検診のお知らせが回ってきます。病院と比較すると4分の1程度の破格で受診できる一方、地区センターで開催されるため設備に限界があり、オプションは追加できないとのことでした。安いぶん制限があるかもしれませんので、詳しい条件を調べてから判断するといでしょう。

会員制優待サービスを活用して、健康診断を安く受診できる

▲Workship PREMIUM Club Offの「健康」カテゴリ

無料で使える会員制優待サービス『Workship PREMIUM Club Off』では、人間ドックやがん検診などを通常価格より安く予約することができます。そのほかのカウンセリングや遺伝子検査といったヘルスケアサービスも充実。

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』を通じて取引先と契約が成立したフリーランスであれば、誰でも無料で利用できます。Workshipユーザーの方はぜひチェックしてみてください。

フリーランスの健康診断は経費になる?

次に、健康診断の費用の経費計上について解説します。資本となる健康体を維持するための健康診断なので、必要経費と考える方も多いようですが、実際はどうなのでしょうか。

個人事業主の健康診断費は経費にならない

結論から先に言うと、個人事業主として受けた健康診断の受診費は経費にできません。個人事業主は法律で健康診断受診を義務づけられておらず、個人的な通院費などと区別する基準が明確に引けないため、健康診断費はプライベートの支出とみなされてしまうのです。

これと同じ理由で、青色事業専従者として雇用している身内の健康診断の費用も、経費の対象外になります。

法人や事業主から義務付けられた場合のみ経費になる

ただし、自身が個人事業主であっても雇用が発生している場合は、健康診断費を経費にできます。法人・個人事業主に関わらず、他者を雇用する立場にある場合、その他者の健康診断受診が法律で義務づけられているからです。

なお、健康診断の受診費を経費するときの勘定科目は「福利厚生費」です。

記入例(従業員の健康診断受診費1万円を事業用口座から引き落とした場合)

借方項目 借方金額 貸方項目 貸方金額
福利厚生 10,000 普通預金 10,000

フリーランスが健康診断を受ける経済的メリット

自費負担で受診費を支払うだけならば健康診断を受ける意味はないのでは?と考える方もいるかもしれません。

しかし、よほど事情がない限りは定期的な健康診断を受けたほうがいいと筆者は考えています。その理由として、健康診断を受診する経済的なメリットについて2点挙げます。

メリット1. セルフメディテーション税制の要件をクリアできる

第一に、健康診断を受診することでセルフメディケーション税制の要件を満たすことができます。セルフメディケーション税制とは、スイッチOTC医薬品(※)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けられる医療控除の特例制度です。

(※要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)

セルフメディケーション税制を簡単に説明すると、疾病予防や健康維持に日ごろから取り組んでいる人を対象に、日常的に使う一部の医薬品を購入した分の所得控除を受けられるという内容です。その健康維持への取り組みの一環として、健康診断受診の証明が必要になります。なお、年間12,000円(税込)以上の指定医薬品の購入が控除の条件です。

普段まったく医薬品を使わない方ならメリットを感じないでしょうが、スイッチOTC医薬品の一覧を見ればわかるように、対象には軟膏や肩こり用の温湿布なども含まれます。日ごろから医薬品を購入する機会のある方は節税効果を期待できるので、ぜひ詳細を参考にしてみてください。

なおこのセルフメディケーション税制は、医療控除と併用することはできません。また、健康診断の受診費そのものは医療控除の対象外です。それを踏まえて、年間の医療費が医療控除の条件を満たしている場合は、そちらを確認しましょう。

メリット2. 健康状況による事業停滞のリスクを軽減できる

そもそも定期健康診断を受診する最大の目的は、個人事業主の健康体を維持することにあります。会社と違って、フリーランスは自分が病に倒れたら事業を続けられません。不健康な状態で働くことは、最大の経営リスクとも言えるでしょう。

定期健康診断を受診すれば、自分の体の変化をプロの医師の目で確認してもらうことができます。オプションを加えても年数万円の出費で大病を未然に防げるならば、経営維持のコストとしてはむしろ安く感じるのではないでしょうか。

フリーランスは体が資本。健康診断はできるだけ受診しよう

フリーランスが健康診断を受診する費用は、基本全額自費負担です。経費にすることもできません。しかし、そもそも健康な体こそが資本であるフリーランスにとっては、そのコストを払ってでも疾病予防に努めることは自然なことです。くわえて健康診断を受けていれば、医療費控除の一部であるセルフメディケーション税制の要件をクリアすることもできます。

優待制度による割引や、地方自治体主催のものなど、安く健康診断を受けられる手段を探しつつ、ご自身の年齢や健康状態と照らし合わせて最適な健康診断を受診しましょう。

(執筆:宿木雪樹 編集:少年B)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週2日20万円以上のお仕事多数