完全週休3日制、月1回ワーケーション、睡眠8時間以上…フリーランスの就業規則の定め方

こんにちは、フリーライターのゆぴです。2019年に会社を辞めて独立し、現在はフリーランスとして働いています。

フリーランスとして働いていると「ひとりブラック企業」になる時期が必ずと言っていいほど訪れます。徹夜して原稿を仕上げたり、土日も普通に働いていたり……。

これが会社なら残業代がつくところですが、フリーランスだと生活が崩壊していくばかりです。そこで、わたしがオススメしたいのが「就業規則」を作ること。

会社に就業規則があるのなら、フリーランスだって就業規則があったほうが無理なく働けるはず!

ということで今回は、わたしが決めているフリーランスのマイルール(就業規則)についてお話しします!

ゆぴ
ゆぴ

永遠の17歳のフリーライター。強度のADHDなのに家族も親友もADHDだったので、診断されるまでは「ちょっとヤバいドジっ子」程度だと思っていた。(Twitter:@milkprincess17

1. 労働時間に関する事項:始業時間は12時から疲れるまで

さっそくですが、わたしの就業規則はこんな感じです。

  • 始業時間:12:00〜疲れるまで
  • 休日:完全週休3日制(水・土・日)
  • 休暇:雨の日休暇、具合の悪い日休暇、月1ワーケーション
  • その他:原則リモート勤務 / 都内に出るのは最大週3日

わたしは夜型なので、「仕事を12時スタートにすれば目覚ましをかけずに済む!」と気付いてからは、始業を12時にしています。

その代わり、夜に働くことをあまり苦と感じないタイプなので、終業時間は明確には定めていません。単に「疲れたら寝る」とだけ決めています。

休日に関しては、「せっかくフリーランスになったんだから、週休3日にしたい!」と思い、水・土・日を休日にしています。

オフィスがない利点を活かし、月に1度はワーケーションへ。また、雨の日や具合の悪い日は無理をせずに休みます。

都内に出るまで1時間半かかるところに住んでいるので、最近は取材など、都内への外出もできるだけ抑えるようにして、最大週3日と決めました。

労働時間に関しては、「働く日は集中して働き、頑張りたくない日はとことん頑張らない」をモットーにしています。

2. 賃金に関する事項:会社員時代の時給を下回らない

賃金に関する就業規則は以下のとおり。

  • 基本給の決定法:会社員時代の時給および月収を下回らないこと
  • 昇給について:完全週休3日制が守られなくなった場合、単価¥5,000上げる
  • 単価について:文字単価の仕事、記事単価¥35,000以下の仕事は受けない(※例外あり)

個人的に「会社員時代の時給と月収は下回りたくない」という気持ちが強いので、そこを基準にして見るようにしています。だって、羽ばたくためにフリーランスになったんだから!

また、単価に関してですが、フリーランスの先輩から「手が回らないな、と感じたら単価アップのタイミングだよ」とアドバイスをいただいたので、わたしは「完全週休3日制が守られなくなったら」と定めています。

そして、フリーライターのわたしは「記事単価¥35,000以下の仕事は受けない」とも定めていますが、これはその人のフェーズや仕事内容によっても異なるので、業界平均値や自分のモチベーションに合わせて定めましょう!

たとえ単価が安くても、心から「やりたい!」と思った仕事は受けることもあります。

3. 服務規律(仕事編):苦手なことを頑張らない

仕事に関してのルールはおおむねこのように設定しています。

  • 締め切りが3日以内の仕事は受けない
  • 苦手ジャンルの仕事は受けない
  • 名前の出ない仕事は受けない
  • 事務処理は外注する

このあたりはフリーランスとして働くなかで、「この仕事は嫌だな」とマイナスな感情になった経験をもとに定めています。

仕事と言ってもさまざまなものがありますが、そのなかでも苦手なものや嫌なものは最初から「やらない」と決めることで自分を消耗せず、得意なことに絞ることができます。

だから、わたしは「苦手なことを頑張らない」という想いを大切にしています。

4. 服務規律(人間関係編):自分を大切にしてくれる人と働く

人間関係にも、自分で決めたルールがあります。

  • 直感で「嫌だ」と思った人とは働かない
  • 時間に厳しい人とは働かない
  • 大切にしてくれない人とは働かない
  • コミュニケーションが取りづらい人とは働かない

このあたりに来ると、定義がだいぶ曖昧になってくるのですが……(笑)。これもフリーランスとして働くなかで得た経験をもとに定めています。

いろんな人と付き合っていると、自分を尊重してくれる人と、軽んじてくる人が何となくわかるようになってくるのですが、わたしは「自分を大切にしてくれる人としか働きたくない!」と思っているので、嫌だと感じたらススス……と離れるようにしています。

自分を軽んじてくる人とのお仕事は、たとえ条件がよかったとしても、自己肯定感が下がってしまったり、精神を消耗してしまったりとマイナスになることがほとんど。

一緒に働く人を自分で選べるのがフリーランスなので、接していて気持ちのいい人とお仕事をするのが吉!

5. 服務規律(その他)

最後に、それ以外のマイルールです。

  • 週1でサウナに行くこと
  • 睡眠時間は8〜10時間を確保する
  • 健康診断は必ず受ける

健康管理もフリーランスの仕事の一部。メンタルを守るためにも、ストレス発散と睡眠時間の確保は大事にしています。

最後の健康診断は今年から追加したルールで、じつはフリーランスになってから一度も健康診断に行っていません。なので、今年こそは行きます。 後悔してからでは遅いので……!

言い訳みたいになってしまいますが、フリーランスは健康診断に行っていない人がとても多いです。みんな気をつけようね……!

まとめ:就業規則はワガママぐらいがちょうどいい

さて、ここまでお読みいただいた方は「なんかこの就業規則、ワガママじゃない?」と思っていることでしょう。でも、ワガママでいいんです。

だって自由に就業規則を決められるのは、フリーランスの特権だから!

フリーランスという働き方を選ぶ人は、「自分らしく、心地よく働きたい」という人も多いと思っているので、まずは貪欲に就業規則を定めてみてから、現実ラインに合わせてみるのがオススメ。

わたしの就業規則も定期的に見直して変更するようにしています。皆さんもぜひ設定してみてください!

(執筆&イラスト:ゆぴ 編集:少年B)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週2日20万円以上のお仕事多数
Workship