経費とは【意味/読み/英語表記】(けいひ、expenses)

【経費の概要】

事業を行うために使用した費用のこと。

【経費の詳細】

人件費、消耗品費、研修費、交際費、旅費交通費、研究開発費、新聞図書費、通信費などの項目があります。

所得税の課税対象は、売上でなく所得(売上から経費を差し引いたもの)であるため、経費として計上する金額が大きいほど所得税額を抑えることができます。
ただし、すべての費用が経費として扱われるわけではなく、事業を行うために使用したものとみなされない費用は経費には算入できません。

計上していた経費が税務署の調査で不正だと判断された場合、過少申告加算税や無申告加算税などのペナルティが課せられます。

個人事業主やフリーランスの場合、家賃、光熱費、通信費、自動車の購入費用やランニングコストなどの生活に関する費用に関しても、それが仕事の売上をあげるためにも使われている場合は「合理的な基準」に則って按分し、部分的に経費として計上することができます。この仕組を「家事按分」といいます。

「合理的な基準」は項目によって異なりますが、例えば家賃であれば事業で使用している面積の割合、光熱費であれば1日における業務時間の割合など、業務での利用割合をそのまま経費として計上する割合とするのが最も分かりやすいでしょう。

【経費の関連語】

「経費」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ