yup

「フリーランスに履歴書は必要?」
「フリーランスの履歴書の書き方が知りたい!」
「履歴書を作成できるサービスやテンプレートが知りたい!」

就職活動や転職活動のときに必要不可欠な履歴書。フリーランスになってからも必要なのでしょうか?

実際のところ、フリーランスは履歴書よりもポートフォリオやスキルシートのほうが重要視されます。しかし受注する案件によっては、履歴書の提示を求められる場合も。

そういった場合に備えて、フリーランスであっても履歴書は準備しておきましょう。

そこで本記事では、以下の3つについて解説していきます。

  • フリーランスに履歴書が必要な場面
  • フリーランスの履歴書の書き方
  • 履歴書を作成できるサービス/テンプレート

まだ履歴書を準備していないフリーランスの人は、ぜひご覧ください。

フリーランスで履歴書が必要になるケース

フリーランスは履歴書が必要ない場合が多いです。しかし受注先によっては、履歴書の提示が求められるケースもあります。

フリーランスが履歴書が必要なケースは以下のとおりです。

  • 常駐で請け負う場合
  • 長期間の大型案件の場合
  • エージェントサービスを利用する場合

これらの案件を受注する予定のフリーランスは、履歴書を準備しておきましょう。

ケース1. 常駐で請け負う場合

フリーランスの働き方は、どこでも仕事ができる「リモート型」と、会社に勤務して仕事をする「常駐型」の2つのタイプがあります。

リモート型のフリーランスは、出社することなく成果物を納品するのが一般的です。したがって履歴書はあまり重要視されず、ポートフォリオやスキルシートのほうが重要視されます。

一方で常駐型のフリーランスは、会社に勤務する形で仕事をするので、会社員とほぼ変わらない働き方です。会社に長くいることになるため、スキルはもちろん、経歴や人柄も参考材料となります。

そのため常駐のフリーランスであれば、履歴書の提出が必要になるケースが多いです。

ケース2. 長期間の大型案件の場合

フリーランスが請け負う案件の期間はさまざまです。1ヶ月で終わる短期間の案件もあれば、1年間かかる長期間の案件も。

短期間の案件では、履歴書の提示を求められることは少ないです。しかし長期間の大型案件はより高い信頼性を求められるため、履歴書の提示を求められます。

とくにスキルの高いフリーランスエンジニアの場合は、長期間で大型の案件に携わるケースも多いので、履歴書は準備しておきましょう。

ケース3. エージェントサービスを利用する場合

仕事を探すときに、エージェントサービスを利用するフリーランスも多いのではないでしょうか。

エージェントサービスとは、あなたに最適な案件を提案してくれるサービスです。自身の職種や経歴、働き方や報酬の希望をエージェントに伝えると、条件にマッチした案件を提案してくれます。

エージェントサービスの特徴は以下のとおりです。

  • 長期間の案件が多い
  • 単価の高い案件が多い
  • 大手企業の案件もある
  • 信頼性とスキルが重視される

エージェントサービスは単価が高い案件が多かったり、大手企業との案件があったりする分、スキルや信頼性が重視されます。

スキルや信頼性が確約されている人と、経歴が不透明な人がいた場合、エージェントが企業に紹介したくなる人物は前者ですよね。

エージェントからの信頼を得て、たくさん案件を紹介してもらうためにも、履歴書を事前に準備しておくのが望ましいです。

フリーランスの履歴書の書き方

フリーランスの履歴書の書き方は、一般的な履歴書とほとんど同じです。市販で販売されている履歴書や、インターネット上でダウンロードして使える履歴書を使用しましょう。

最近では、データで履歴書を送ることがほとんどなので、PDF形式の履歴書を準備しておくのも望ましいです。

一般的な履歴書の記入項目は以下のとおりです。

  1. 基本情報
  2. 学歴・職歴
  3. 資格
  4. 志望動機
  5. 自己PR

これらの項目の書き方について、以下で詳しく解説します。

1. 基本情報

基本情報は、名前、生年月日、性別、住所、証明写真などの情報を記入します。

履歴書をデータで作成する場合、証明写真はどうすればいいか悩まれる方もいるでしょう。

手軽なものを挙げると、リクルートが提供している『履歴書カメラ』のアプリがおすすめです。撮影した写真をデータとしてスマホにダウンロードできるので、その写真データをそのまま履歴書に貼り付ければOKです。

2. 学歴/職歴

学歴/職歴ですが、学歴に関しては高校、大学の学歴を書いておけば問題ありません。

職歴に関しては、以前勤務していた企業や、フリーランスとしてどんな仕事に携わったのかを記入します。

フリーランスとひとくちに言っても活動の仕方が人それぞれなので、以下の3つの状況で解説します。

  • 開業届を出している場合
  • 開業届を出していない場合
  • クラウドソーシングで活動している場合

それぞれの職歴によって書き方が異なるので、詳しく解説します。

開業届を出している場合

フリーランスは個人事業主なので、任意ですが開業届を提出する必要があります。

開業届を提出しているフリーランスの人は、開業した日を履歴書に記入しましょう。

開業届を提出していると、一定の信頼を相手に伝えれるので効果的です。

記入例は以下のとおりです。

<開業届を出している場合>

令和○年○月 個人事業主として開業(「屋号:〇〇」)

ーーーーーー Webエンジニアとして従事

令和○年○月 一身上の理由により廃業

開業届を提出すると屋号を取得できるので、屋号も記入しておくといいでしょう。

開業届を出していない場合

フリーランスは、開業届を提出していなくても仕事の受注ができます。

開業届を提出していない場合は「活動」「従事」と記入しましょう。

記入例は以下のとおりです。

<開業届を出していない場合>

令和○年○月 個人事業主として活動(従事)

ーーーーーー Webエンジニアとして従事

令和○年○月 一身上の理由により活動停止

開業届を提出すると信頼UPに繋がるだけでなく、税控除が受けれるメリットも。したがってフリーランスの方は、開業届を提出することをおすすめします。

クラウドソーシングで活動している場合

最近では、クラウドソーシングを利用して案件を受注するフリーランスも増えてきています。

クラウドソーシングを利用している場合は、登録した日付やどんな仕事に従事したのかを履歴書に記載しましょう。

記入例は以下のとおりです。

<クラウドソーシングで活動していた場合>

令和○年○月 個人事業主としてクラウドソーシング「〇〇」に登録

ーーーーーー Webエンジニアとして〇〇株式会社の受託開発

令和○年○月 クラウドソーシング「〇〇」を退会

このように登録したクラウドソーシングの名前と、どんな案件に従事したのかを記載しておくといいでしょう。

3. 資格

フリーランスが資格を持っていると信頼の担保となるので、積極的に記入しましょう。

国家資格やベンダー資格を持っている場合は、取得した日付と、資格の種類を明記します。

以下の記事で、フリーランスエンジニアにおすすめの資格を解説していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

4. 志望動機

履歴書のなかでもっとも重要視されると言っても過言ではないのが、志望動機です。

志望動機を書くときのポイントは以下のとおりです。

  • 相手にどんな価値を提供できるのか
  • どんな魅力に引かれて志望したのか
  • 自分のスキル/実績にそくした志望動機になっているか
  • 企業が求める人材を踏まえているか

もちろん仕事ですから、金銭的な目的を第一に案件を受注するフリーランスの方も多いでしょう。しかし履歴書の志望動機欄では、金銭面以外の志望動機を記入するのがおすすめです。

採用側は「本当に信頼できる人なのか」「即戦力となって貢献できるのか」と言う部分を重要視しています。

自分の持っているスキルや実績を交えながら、相手にしっかりと貢献できることを志望動機で伝えましょう。

5. 自己PR

自己PRは、コミュニケーション能力や自分の性格などパーソナリティが相手に伝わるように記入しましょう。

スキルや実績は、ポートフォリオやスキルシートでカバーできます。したがって、自己PRでは「一緒に働きたい!」と相手にいかに思わせられるかが重要です。

たとえば、自己PRの記入例は以下のとおりです。

  • 納期には必ず間に合わせる責任感が強い性格です
  • 常にインプットを意識しており、勉強意欲が高いです
  • 進捗管理など全体を把握しながら業務を遂行できます

このようにスキル面以外で、相手にどんな付加価値を与えれるのかを自己PRに記入するといいでしょう。

履歴書を作成できるおすすめのサービス&テンプレート

フリーランスの人は、履歴書を紙ベースで提出するのではなく、データで提出する機会がほとんどです。

データで履歴書を作成しておいて、いつでも履歴書を送れる状態にしておきましょう。

履歴書をデータで作成できるテンプレートは以下のとおりです。履歴書のテンプレートをWordやExcel形式でダウンロードできるので、ぜひ活用してみてください。

<履歴書のテンプレートをダウンロードできるサービス>

また、履歴書のテンプレートを提供しているサービスだけでなく、Web上で履歴書を作成できるサービスもあります。

Web上で履歴書を作成するメリットは以下のとおりです。

<Web上で履歴書を作成するメリット>

  • 書き直す手間がなくなる
  • 基本的なPCスキルを証明できる
  • 他の企業へ提出する履歴書に転用できる
  • 誰でも読みやすい履歴書が作成できる

Webで履歴書を作成できるサービスについては、以下の記事で紹介しています。

フリーランスはポートフォリオとスキルシートを用意しておこう

前述したとおり、フリーランスが案件を受注するときは、履歴書よりもポートフォリオやスキルシートのほうが重要視されます。

その理由は、フリーランスはスキルを商品として提供しており、即戦力を求められるからです。

フリーランスとして業務委託契約が成立したのにも関わらず、分からないことが多かったり、きちんと成果物が納品できなかったりすると、採用側としてはお金と時間の無駄になります。

ポートフォリオやスキルシートでスキルを可視化し、企業とのミスマッチを極力減らせるようにしましょう。

エンジニアやデザイナーなどフリーランスの業種によって異なりますが、ポートフォリオやスキルシートに必要な要素は以下のとおりです。

  • これまで作った作品
  • 実績
  • これまでの職務歴
  • 簡単な自己紹介
  • どんなスキルがあるのか(実績と共に)

ポートフォリオのサンプル/テンプレート

はじめてポートフォリオを作成するフリーランスの方は、テンプレートを利用するのがおすすめです。

自分のポートフォリオサイトを一から作ろうと思うと、HTML/CSSのスキルが必要なので、非常に手間がかかります。

Wix』『Canva』『Ameba Owned』などテンプレートが豊富にあるサービスを利用すると、初心者でも簡単にポートフォリオを作成できます。

以下の記事では、ポートフォリオ作成サービスや、ポートフォリオ作成時に気をつけるべきことについて解説しています。

まとめ

  • 長期間、大型案件の場合は履歴書が必要
  • フリーランスは履歴書よりも、ポートフォリオ、スキルシートが重要
  • 履歴書作成サービスを使ってデータで履歴書を管理しよう

フリーランスの方も、履歴書の書き方をマスターしてより良い案件の獲得を目指しましょう!

(執筆:HikoPro 編集:Kimura Yumi)


新しい働き方にチャレンジしたいあなたへ

「フリーランスとして働いているけど、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速する今こそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workshipをのぞいてみませんか?

  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまなお仕事が掲載
  • 公開中の募集のうち56%がリモートOKのお仕事
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • マッチング〜面談まで全てWorkship内で完結
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、いっさいお金はかかりません。詳細は以下ページをご覧ください!

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ