フリーランスになり「入居審査が厳しく賃貸物件を借りられない……」という経験はありませんか?

この記事では、フリーランスで賃貸物件を借りるための入居審査や賃貸契約の条件、フリーランスが賃貸を探す際に便利なサービスをご紹介します。

フリーランスが賃貸物件を借りるための前提条件

条件1. 家賃を継続的に支払う能力

支払い能力は、賃貸契約における入居審査時にもっとも重要視される点です。

一般的には年間所得の30%で年間の家賃を支払うことができれば審査にとおると言われています。以下の表を参考に、まずは審査に通る範囲の物件を選びましょう。

年間所得 家賃/月
200万円〜300万円 50,000円〜75,000円
300万円〜400万円 75,000円〜100,000円
400万円〜500万円 100,000円〜125,000円
500万円〜600万円 125,000円〜150,000円
600万円〜700万円 150,000円〜175,000円
700万円〜800万円 175,000円〜200,000円

状況により、家賃/クレジットカード/携帯通信料の滞納歴も審査の対象になることがあります。

条件2. 管理会社やオーナーの意向

物件のオーナーや管理会社により、2人入居NGや外国籍NGなど、入居を拒否されるケースがあります。

それと同じように、フリーランスの場合は「収入が安定していない」と認識されることがあり、支払い能力や保証人の条件が問題がなくても、賃貸管理会社やオーナーの意向で審査に通らない場合も……。

入居条件で問題がないのに審査が通らない場合は、別の物件を探したほうがいいかもしれません。

フリーランスの入居審査に必要なもの

入居審査に必要なものは「収入証明書」と「保証人(保証会社)」の2つです。

必要なもの1. 収入証明書

入居審査には、自身の収入を証明するものが必要となります。収入証明書には、たとえば以下のようなものがあります。

  • 課税証明書(非課税証明書)
    年間の所得額に応じて支払う住民税の証明書です。市役所や区役所にて300円で発行が可能で、郵送でも対応してもらえます。なお、「その年の1月1日時点で住んでいた地域」でのみ発行が可能です。
  • 納税証明書
    年間の所得額に応じて支払う所得税の証明書です。税務署にて370円から発行可能で、オンラインでの交付請求や郵送でも対応してもらえます。
  • 所得証明書
    前年1月1日〜12月31日の所得を証明する書類です。各自治体が発行しているものの、地域によっては名称が異なったり、また発行していないケースもあります。
  • 確定申告書の写し
    年度末に個人事業主や法人、フリーランスが納税すべき税額を、税務署に申告するための書類です。この写しがあれば、収入証明書の代わりとなります。

なお上記の証明書が発行できない場合、銀行通帳の写しで対応してもらえるケースもあります。ただし「証明書がない=フリーランスとして収入がない」と見なされてしまうため、信用度は落ちてしまいます。

必要なもの2. 保証人(保証会社)

賃貸契約には原則、保証人もしくは保証会社加入が必要です。

保証人をたてる場合、保証人の収入や身元がしっかりしているほど、審査に通りやすくなります。

もし保証人を用意するのが難しければ、保証会社を利用しましょう。ただし保証会社を利用する場合、管理会社やオーナーに安心されやすいという利点はある一方、入居前の初期費用は増えてしまいます。

ホームズによると、保証会社の利用にかかる保証料は場合によって異なるものの、おおむね家賃の50%~100%です。また近年では、たとえ保証人がいても保証会社の加入が必須の物件も増えています。

なお、保証会社加入には保証会社側の審査にとおる必要があります。先述した年間所得面で不安がある場合、保証会社の審査に落ちてしまうことも……。

フリーランスの自宅はオフィスとして使える?

賃貸契約の内容によっては、自宅をオフィスし、さらに開業届に事業所として記載することもできます。

ただし開業届を出す際、「居住用」として借りたお部屋は事務所として指定できないケースがあります。多くの居住向け賃貸物件は、事業用として使用することが禁じられているため、もしも内緒で事務所として登録した場合は契約違反になります。

自宅をオフィスとしての利用を考えている場合には、「事業用」として使えるか確認しておきましょう。

家賃の一部は「経費」として計上可能

フリーランスが自宅をオフィスとして使用する場合、オフィスとして使用している部屋の面積に応じて、家賃の一部を経費として計上することが認められています。

オフィスとして使うことを考えている方は、経費のことも含めて考えると良いでしょう。

フリーランスが賃貸物件を借りるために便利なサービス

収入が少ない状態で、フリーランスが賃貸を借りるのは簡単ではありません。しかし、そんなフリーランスのためのサービスがいくつかあります。ここでは2つをご紹介します。

サービス1. smeta(スメタ)

smeta

smeta』は、フリーランス向けの与信サービスです。

本人確認書類や収入等の情報をもとに、事前与信(借りられる家賃の上限額)を得られます。与信枠内の家賃の中から部屋を選ぶと、審査不要で契約可能。与信枠を決定してくれるため、効率よく部屋を探せます。

また、smetaを利用して毎月の支払い状況を蓄積していくことで、次回の引越しで与信枠を広げることもできます。

サービス2. フリーランス不動産

フリーランス不不動産

R65不動産が運営するフリーランス向け不動産紹介サービス『フリーランス不動産』。

フリーランス不動産には、以下の3つの特徴があります。

  • フリーランスに理解のある大家さんや不動産を集めている
  • 保証人を立てられない場合は、保証会社を使える
  • 働き方だけではなく、働く内容を審査している

手続きはすべてオンラインで完結するのも魅力的。忙しい中でも、すぐにお家探しや契約を進められます。

理想は「会社員のうちに賃貸契約する」or「収入が安定した翌年以降に引越しを検討する」

フリーランス向け賃貸サービスなど環境は整ってきているものの、「フリーランス=不安定」というイメージから貸し渋る管理会社やオーナーはまだまだたくさんいます。

なのでもっともおすすめなのは、フリーランスとして独立する前の、会社員のうちに賃貸契約をしておくことです。会社員であれば与信がしっかりしているため、審査が通りやすい傾向にあります。

その後、収入が安定した翌年〜翌々年のタイミングで収入証明書を発行すれば、フリーランスでも審査に通りやすくなります。

これからフリーランスとして独立を考えている方は、参考にしてみてください。

(執筆:Workship MAGAZINE編集部 編集:Sato Mizuki)

いまの働き方に悩んでいるあなたへ。

「フリーランスとして働いているけど、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速するいまこそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workshipをのぞいてみませんか?

  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち50%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまなお仕事が掲載
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • マッチング〜面談まで全てWorkship内で完結
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、いっさいお金はかかりません。詳細は以下ページをご覧ください!

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ