Webライターの仕事とは?クライアントから執筆案件を受注する働き方のススメ

FREELANCE

フリーランスやリモートワーク、副業(複業)など、新しい働き方が広がる昨今。私もまた大学院生として研究者を目指す傍ら、「Webライター」として収入を得ています。

今回はそんな私の経験をもとに、

  • Webライターとしてお金を稼ぐ方法
  • クライアントから執筆案件を受注するメリット・デメリット
  • 良いクライアントからお仕事をもらうために使えるプラットフォーム

をご紹介します。

Webライターとしてお金を稼ぐ3つの方法

1. 自分でブログやメディアを持つ

ブログやウェブメディアなどを自分で作って運営し、広告収入やアフィリエイト等で生計を立てる方法です。「プロブロガー」と呼ばれる方はこちらに該当します。

一人だけで始められる一方で、収入を得られるようになるまで多少時間がかかる傾向にあります。

なお最近では、Mediumやnoteのようなプラットフォームにて読者から直接購読料をいただき収入を得る方法も現れてきています。

2. クライアントから執筆案件を受注し、個人のクリエイションで書く

例えばインフルエンサーによるPRなどがこれに当てはまります。

掲載先は企業の媒体ですが、書き手の名前が前面に出て、その人らしさを活かした企画やコンテンツが期待されます。

多くのばあい、ライター個人の発信力・構成力が必要となる受注方法です。単発の案件が多い傾向にあります。


3. クライアントから執筆案件を受注し、クライアントのディレクションで書く

ウェブメディアの所属ライターとして、ウェブメディアの方針に従って書いて報酬をもらう方法です。

長期的に所属して、その媒体のレギュラーコンテンツを書くばあいが多いですね。

ライターの名前は、メディアによって記名のばあいと無記名のばあいがあります。

クライアントから執筆案件を受注するメリット

今回はおもに「3. クライアントから執筆案件を受注し、クライアントのディレクションで書く」ときのメリット・デメリットについて述べていきます。

1. 収入の計算がしやすい

アフィリエイトなどの不安定な収入とは異なり、1記事(あるいは1文字)ごとに値段が決まっています。

収入の計算がしやすいため、初心者ライターや副業ライターには安心の働き方です。

2. 記事のディレクションや編集をしてもらえる

個人的に、これがクライアントのメディアで書くことの一番のメリットかと思っています。

メディアの知見や経験をもとに、需要のあるコンテンツ構成をディレクションしてくれたり、コンプライアンスや言葉使いをチェックしてもらえたりします。このような編集・ディレクション工程を挟むことで、極端に言えば「怪しいWeb記事を書く怪しいライターになるリスク」を回避できます。

もちろんメディアによって、編集やディレクションのクオリティも異なります。メディアの既存記事を読んだり、担当者と話してみたりする中で、その辺りを見極めるのも大切です。

3. 確立されたメディアでのライティング方法を学べる

前項と少し重複しますが、ちゃんと運営されているメディアでは、配信する記事をビジネスにとって意味のあるものにする方法が確立されています。

簡単なところでいえば、「SEOの基礎知識」や「画像引用のルール」など、ビジネスでライティングする上での基本的なノウハウをある程度教えてくれます。

これらのノウハウは、自媒体を持っている人や、他媒体でのライティングのときにも大いに参考になるでしょう。

4. 企業に蓄積された知見や業界のトレンドを学べる

例えばWebクリエイティブ系のライティングなら、Web業界のクリエイティブトレンドを学びながら記事を執筆できます。人事や総務向けのメディアで記事を書けば、国の働き方改革への施策や、企業が実施している働き方の工夫などの知見がつくでしょう。

学びながら収入を得られるという意味では、Webライターはとても魅力的な職業かもしれません。

クライアントから執筆案件を受注するデメリット

1. 自分の名前を出せないこともある

クライアントさんによりますが、ライターとしての名前を出せないことも多くあります。

そのため自分が書いた記事でも、それを実績として外部にアピールするのが難しいばあいがあります。

2. 執筆案件の受注本数はクライアント次第

「なかなか記事執筆の依頼が来ない……!」ということがクライアントさんとのお仕事では時々あります。

月の記事本数などは、仕事を受注する段階で明確に決めておいたほうが良いかもしれません。

3. クリエイティブな力が伸びるとは限らない

記事のディレクションが入ることはメリットである一方で、記事を執筆する上で制約が多いともいえます。

基本はメディアの方針や執筆ルールにしたがって記事を書くため、個人のクリエイティブ力や発想力などを伸ばせられるとは限りません。

執筆案件を受注するためのプラットフォーム3種類

1. CrowdWorks(クラウドワークス)

リモートワークを手軽に始められることでおなじみの『CrowdWorks』。

プロジェクト・案件ベースの求人なので、最初から案件単価が分かりやすく打ち出されていることが多いです。

一方で、クライアント側の実態や理念についてはあまり詳しく載っていないません。どうかな?と思うばあいは自分で調べにいくことも大切です。

CrowdWorks(クラウドワークス)

2. Wantedly(ウォンテッドリー)

筆者が一番使ってきたWantedly。基本的には中途採用向けのサービスですが、リモートワークのライター募集などもたくさん行われています。

Wantedlyは長期的なおつきあいを前提にしている企業が多い印象です。メディアの理念や仕事の進め方が詳しく書いてあり、メディアへの共感ベースで案件を探せます。企業やメディアのビジョンに共感したら、気軽に連絡をとってみましょう。

一方で、単価や時給については一切載っていません(※Wantedlyの利用規約上、載せられないようです)。お給料やスケジュールについては、面談などで詳しく聞くのがコツです。

くわえてWantedlyは、ユーザーのプロフィール記入欄が充実しており、実績の整理もしやすいのがポイント。プロフィールページをそのままポートフォリオとして使うのも良いでしょう。またプロフィールで自分のビジョンを強めに打ち出しておくと、それに応じた企業からスカウトをもらえるかもしれません。

Wantedly(ウォンテッドリー)

3. LinkedIn(リンクトイン)

海外ではビジネスネットワークとして定番となりつつある『LinkedIn』。

SNSとしての機能が盛んで、業種や所属組織をテーマにしたコミュニティが多く存在します。ビジネスだけに集中できるFacebookみたいな印象ですね。名刺代わりに使う方も多いです。

海外での案件や、アートやアカデミックといったカテゴリにも強く、専門性を活かしたライターにとっては面白い出会いが期待できるプラットフォームです。

Wantedlyと同様に、プロフィールやポートフォリオでのアピールが大切になってきます。クライアントからどう見えるかを重視したプロフィールづくりがポイントです。

LinkedIn(リンクトイン)

まとめ

Webライターと一言にいっても、さまざまな働き方があります。

Webライターの仕事は簡単に始められる一方で、質の担保や専門性の磨き方などがおろそかになる職種でもあり、どこでどう働くかによって自分の価値は大きく変わります。

この記事が、あなたがより良いクライアントと出会う助けになれば幸いです。

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ