フリーランス/個人事業主とは【意味/違い/英語表記】(freelance, solo proprietorship)

フリーランス/個人事業主の概要

フリーランスとは、特定の企業・団体・組織などに所属せず、個人として業務単位で仕事を請け負う活動や契約形態、またはそのようなかたちで仕事を請け負う人のことです。「自由業」「自由職業」とも言います。

個人事業主とは、法人を設立せずに個人で事業を営んでいる人のことです。厳密には「フリーランス」と同義ではありません。

会社員が企業と雇用契約を結ぶのに対し、フリーランスや個人事業主は業務ごとに契約を結ぶ点が異なります。

フリーランス/個人事業主の違い

フリーランスと個人事業主の違いは、働き方と経営形態にあります。

フリーランスは会社に所属せず、自由なスケジュールで仕事を探し、契約ごとに報酬を受け取る「働き方」です。彼らは複数のクライアントと働くことが一般的で、自分のスキルを売りに仕事を行います。

個人事業主は、自分でビジネスを始め、個人で経営している「経営者」です。彼らは自分の力で稼ぎ、場合によっては従業員を雇うこともありますが、会社組織とは異なります。

両者は、自由に働ける点で似ていますが、フリーランスは個々のプロジェクトにフォーカスし、個人事業主はビジネス全体を運営している点が異なります。

より詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

フリーランス/個人事業主の詳細

「個人事業主」が税制上で規定された言葉であるのに対し、フリーランスは税法やその他の法律で規定されていない通称です。

個人事業の開廃業届出書(開業届)」を税務署に提出し、個人として事業を営んでいる人のことを個人事業主と呼び、開業届を出していない場合は個人として事業を営んでいても個人事業主とは呼びません。そのため、フリーランスではあるが個人事業主ではない、という人もいます。

フリーランスや個人事業主として働く人が多い職種は、ライター、イラストレーター、翻訳家、通訳などです。近年ではITエンジニアやWEBデザイナーなど、IT系技術職にも増えています。

なお、フリーランスや個人事業主と似た概念として「自営業者」がありますが、これは税法やその他の法律で規定されていない通称です。また法人化していても、個人規模で営業している場合には「自営業者」と呼称されることがあります。

22 : 「フリーランス/個人事業主」の記事一覧

1202122232430
  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
Workship