グラフィックデザインとは【意味/読み/英語表記】(ぐらふぃっくでざいん/Graphic Design)

グラフィックデザインの概要

グラフィックデザインは、テキストや画像、色などを使って見た人に情報やメッセージを分かりやすく伝えることを目的としたデザインです。新聞や広告ポスター、商品パッケージなどに使われます。

グラフィックデザインの詳細

これまでは雑誌や商品のパッケージなどに多く使われていたグラフィックデザインですが、現在では多種多様なメディアの普及によってWebサイトやアプリケーション、動画のなかでも使われています。

グラフィックデザインは「ビジュアルコミュニケーション」とも呼ばれ、ユーザーに情報やメッセージを伝えるうえで重要な役割を果たしているといえるでしょう。

グラフィックデザインが生む効果としては具体的には次の通りです。

■情報を分かりやすく伝達する
情報をユーザーに分かりやすく、かつ正確に伝えるために、グラフィックデザインでは画像やイラスト、レイアウトなどを活用します。
情報伝達において、デザインや情報は複雑なほど読み手にとって分かりにくくなってしまいます。興味関心も薄れてしまうでしょう。複雑なものを簡単に伝えることができるのが、グラフィックデザインの利点です。

■感情を掻き立てる
楽しさ、悲しさ、高級感、独特の世界観など、文字や画像だけでは伝わりにくい印象をユーザーに印象付けます。

■記憶に残らせる
ユーザーに強い印象を与えることで、彼らの記憶に情報を刻むことも目的のひとつです。
たとえば広告や商品のパッケージなどは、ユーザーの記憶に残すことで購買意欲を沸き立てています。

グラフィックデザインの関連項目

・Adobe Illustrator
・カラーパレット
・ビジュアルデザイン
・グラフィックデザイナー
・動画編集/映像制作

「グラフィックデザイン」の記事一覧

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
Workship