2022年の流行色/トレンドカラーは“ジョリー・コーラル”と“ベリー・ペリ”。特別な新色が選出

2022年 流行色 トレンドカラー

2022年の流行色/トレンドカラーとして選ばれたのは、次の2つ。

  • ジョリー・コーラル(Jolly Coral)
  • ベリー・ペリ(Very Peri)

この記事では、2022年のトレンドカラーに上記の2色が選ばれた理由をご紹介します。

2022年に向け新商品やサービスを開始する際は、ぜひ今回ご紹介するトレンドカラーをご活用ください!

流行色/トレンドカラーはどう決まる?

流行色は、主に以下の2つの組織によって決められています。

  • PANTONE
  • JAFCA

それぞれの組織に関して、詳しく見ていきましょう。

PANTONE

PANTONEは、世界的な色見本帳を出している企業です。アパレルをはじめ、美容、インテリア、工業デザイン等、あらゆる業界をサポート。PANTONEの色見本帳は、製品の色を決定する際のヒントとして、あらゆる業界で使われています。

また、ペーパーやコットン、ナイロンなど素材に応じて色の質感が異なることから、素材ごとに色見本帳を提供しています。PANTONEの、色に対する真摯な姿勢を感じます。

JAFCA

JAFCA(一般社団法人 日本流行色協会)は、カラートレンドの研究や発信、色に携わるコンサルティングなど、「色」にまつわる事業を行っている協会です。「色で新しい価値を創造する(COLOR Makes Value)」というビジョンを掲げ、1953年の創立以来、産業界の「色」をリードしてきました。

翌年の流行色だけでなく、レディスウェアやメンズウェアの「カラートレンド」も発信。季節ごとにトレンドカラーを出しています。JAFCAが実施するマーケット調査とインターカラー(国際流行色委員会)の情報をもとにカラーを選出しているため、信頼性が高いのもポイントです。

新商品の発売・発表時期やターゲットが決まっている場合は、カラートレンドもぜひ参考にしてみてください。

2022年の流行色/トレンドカラーは?

PANTONE:ベリー・ペリ(Very Peri)

PANTONEが2022年の流行色(カラー・オブ・ザ・イヤー2022)として選んだのは、新色の「ベリー・ペリ」。少し紫がかった淡いブルーの色です。

ベリー・ペリは、「誠実さと不変性を持つブルー」と、「エネルギーと興奮を象徴するレッド」を合わせて作られました。

ベリー・ペリのカラーコードは以下のとおりです(PANTONE公式表より、カラーを抽出)。

カラーコード:#6667AB
RGB値:102,103,171
HSV値:239,40,67
CMYK:40,39,0,32

PANTONEのカラー・オブ・ザ・イヤーのために新色が作られたのは、実は初めてのこと。ヴァイスプレジデントのローリー・プレスマン氏は「新色を作ることは、世界的な革新と変革が起こっていることを反映しています」と述べています。

PANTONE公式ホームページでは、ベリー・ペリを次のように表しています。

  • グローバルな時代精神と変遷の象徴
  • 孤立していた厳しい時代からの脱出
  • 探究的で興味をそそる
  • 新たなビジョンへと導いてくれる
  • 元気を与える新しさの素
  • 感謝の気持ちを呼び起こす
  • 未来を新たな光で照らす

ベリー・ペリの使用方法

PANTONEは、公式ホームページで、ベリー・ペリを使ったカラーパレットを紹介しています。

Webデザインやグラフィックデザインをするうえで、相性のいい配色がまとめられているので、ぜひ参考にしてみてください。

JAFCA:ジョリー・コーラル(Jolly Coral)

JAFCA 2022年トレンドカラー_ジョリー・コーラル

JAFCA「ジョリー・コーラル」を、2022年の色として選びました。

オレンジをベースとした、優しい蛍光色カラーです。

公式サイトでは、ジョリー・コーラルを 「2020年、2021年と暗く長いトンネルを歩いてきた私たちを導き、心身を労わってくれるかのよう」と表現しています。

ジョリー・コーラルのカラーコードは以下のとおり(JAFCA公式ホームページより、カラーを抽出)。

カラーコード:#F18D5F
RGB値:241,141,95
HSV値:19,61,95
CMYK:0,41,60,5
マンセル値:10R8.7/11.6

社会の情勢や人々のムードを反映した色をトレンドカラーに選出しているJAFCA。2022年の色にジョリーコーラルを選んだ背景には、以下3つのキーワードがあるといいます。

キーワード1. 「前に進む力」を与えてくれる色

2021年は、新型コロナウイルスやそれによって制限された生活に不安を感じていた年でした。

しかしJAFCAは、コロナ禍以前の社会にも、差別や環境破壊の問題があったことを指摘。コロナ禍は、自分自身や社会のあり方を見直すきっかけになったと評価しています。

2022年の色として選ばれた優しく発光するオレンジ「ジョリー・コーラル」には、先行きの見えない社会で生きる私たちを労り、前へと導いてくれるような色という意味が込められています。

キーワード2. ゼロホワイトを彩る「鮮やかな世界」

2021年のカラー「ゼロホワイト」の次の色として選ばれた、ジョリー・コーラル。「ゼロから始まる」を象徴したゼロホワイトにはじめて重ねる色として、そのオレンジはこれからの時代を鮮やかに彩ります。

優しいジョリー・コーラルの色は、私たちに希望を与えてくれるでしょう。

キーワード3. 「楽しみの再確認」

オレンジは、「ポジティブ」「活動的」「コミュニケーション」を表す色。

新型コロナウイルスの影響により、人との交流は減ってしまいました。しかし、オンラインを活用したコミュニケーションはより活発に。そんな2021年は、新たな楽しみを発見したり、人と関わる楽しさを再確認できるようになったりした年でした。

2022年はさらに「楽しさ」を見出せるようになるだろう、という期待が込められているのでしょう。

2021年の流行色/トレンドカラーとの比較

流行色 2021

昨年のトレンドカラーには、次の3つが選出されていました。

  • ゼロホワイト(Zero White)
  • アルティメットグレイ(Ultimate Gray)
  • イルミネイティング(Illuminating)

2021年のトレンドカラーには、「誠実」や「安定」を意識した、比較的シンプルな色が選ばれていました。一方、2022年は「前へ導く」といった未来への期待を込め、力強く鮮やかな色が選ばれています。

2022年は、明るく私たちを照らしてくれる「ジョリー・コーラル」や「ベリー・ペリ」をぜひ活用してみてください。

まとめ

今回は、2022年の流行色/トレンドカラーとして、以下の2つをご紹介しました。

  • ジョリー・コーラル(Jolly Coral)
  • ベリー・ペリ(Very Peri)

新たな製品やサービスを開始する時、2022年のトレンドカラーをぜひ取り入れてみてください。

(執筆:mozuku 編集:泉)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
デザイナー副業案件