SERPsとは【意味/読み/英語表記】(さーぷ、Serche Engine Result Pages)

SERPsの概要

SERPsは「Serche Engine Result Pages」の略称で、検索エンジンの検索結果を表示するページを指します。

SERPsの詳細

SERPsには、検索キーワードに関連するページのタイトルとディスクリプションが関連度順に上から表示されています。一般的にSERPsの上位に表示されるページに比べてCTRが高い傾向にあります。

Webマーケティングではどれだけの訪問者を獲得できるかが1つの重要な指標となります。そのためSERPでページを上位に表示できれば高いCTRが期待でき、訪問者を増やせます。

そのためSEOを行い、なるべく上位にページを表示させて多くのユーザーを集める取り組みが必要となります。他にも検索結果に表示されるタイトルやディスクリプションを最適化することで、CTRを向上させて訪問者の増加につなげることも可能です。

SERPsにはタイトルとディスクリプション以外にも、アンサーボックスやリッチスニペット、ナレッジボックスといった形で、よりユーザーが利用・理解しやすいようなコンテンツが掲載されています。

また、GoogleにはWebページ以外に画像や動画、地図、ニュースなどのコンテンツを検索結果に表示するユニバーサル検索という機能もあります。

SERPsの関連項目

SEM

SEO

「SERPs/検索結果画面」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ