【2019年統計調査】知らないと怖い!最新の動画マーケティング傾向

動画コンテンツの人気と重要性は年々増加しており、私たちはそれに多くの時間を消費しています。

しかし多くのマーケティング担当者は、まだ動画を戦略的に活用できていません。

今回私たちは、動画マーケティングに関する統計調査報告をいくつかご紹介します。知らないと怖い、2019年の最新動画マーケティング傾向を把握しておきましょう。

マーケティング担当者のうち83%が、動画の重要性は増していると回答

動画マーケティングはすでに素晴らしい結果をもたらしていますが、マーケティング担当者はさらに高い成果を期待しているようです。

Demand Metricによる「2018年の動画マーケティング動向」では、マーケティング担当者の83%が「動画の重要性は増している」と回答。重要性は変わっていないと答えたのは12%にすぎず、重要性は低くなると答えているのは5%未満でした。

多くのマーケティング担当者が動画を重視していることがうかがえるため、今後さらに多くの動画がキャンペーンの一環として使用されていくことが予想されます。

オンライン上が動画コンテンツでいっぱいになる前に、今すぐ検証を開始して自分のブランドに適した動画プラットフォームを見つけて効果的な戦略を立てましょう。

ソーシャルメディア上の動画を見ることで、消費者の53%はブランドとの関係性が生まれる

動画は単に魅力的なコンテンツなだけでなく、ブランドの認知度を高め、潜在顧客をソーシャルメディア上のページやウェブサイトに誘導するのに最適な方法です。

Brightcoveの「2018年の動画マーケティング調査」によると、ソーシャルメディアで動画キャンペーンを見た後に、消費者の半数以上(53%)が「ブランドとの関係に繋がっている」と回答したことが明らかになっています。

ミレニアル世代に限定するとこの数値はさらに増加し、ソーシャルメディアフィードで動画を見たあとは66%が「ブランドに関わっている」と回答。これは、動画そのものが効果的な広告形態であると同時に、あなたのソーシャルメディアマーケティング戦略の観点からも大きなチャンスであることが示唆されています。

動画を見た後に人々がどのようにブランドに関わったかについては、20%がブランドのウェブサイトを訪問したと回答。さらに20%がその後ブランドについて調べるアクションを起こしました。これに加えて、23%の人々(ミレニアル世代では30%)は「製品を直接購入できるリンクを動画に添付すること」を望んでおり、製品動画や直接購入を促すコンテンツがより望まれることをこの数値が示唆しています。

デジタル動画広告の出稿料は2016年以降から53%増加

IABの「2018年Video Ad Spend調査」によると、すべての市場、部門においてデジタルおよびモバイル動画広告への投資額は増加しています。全体として、2016年以降動画広告の出稿料は53%増加しており、今後も増加する見込みがあります。

個々の市場部門を見ると、家庭用品市場が最大の増加(159%)を見せています。これに続いて健康・美容部門が続き、出稿料が99%増加しました。

この傾向はまだまだ続くと見込まれており、マーケティング担当者の半数以上(54%)が今後12ヶ月間に動画広告の出稿料を増加させようとしています。

マーケティング担当者の88%が、ソーシャルメディアでの動画マーケティングのROIに満足

マーケターたちは動画コンテンツへの投資結果に満足しているようです。

統計によると88%のマーケティング担当者は、ソーシャルメディア上の動画マーケティング施作のROIに満足していると解凍しています。

実際、ソーシャルメディアに関してはどのような種類のコンテンツが最も利益が高いかを尋ねられたときに、約40%のマーケターが動画を第1位に選びました。

これに加えて、マーケティング担当者の80%がソーシャルメディアでの動画広告のROIに満足していると回答しており、この広告形式の成功を裏付けています。

製品やサービスについて知りたいとき、72%の人が文章よりも動画を好む

文章と動画が同じページに表示されているばあい、72%の人が動画でサービスや製品について動画から学ぶことを好みます。動画を見る時間が必ずしも文章の説明を読むより速いとは限りませんが、動画はサービスや製品を視覚的に観察できる点で優れています。

またソーシャルメディアで製品情報をシェアするだけでなく、ウェブサイト上に製品やサービスに関する動画を埋め込むのも良いでしょう。

マーケティング担当者の88%が、Instagram動画の活用に成功したと回答

Instagramは、動画に関して最も成功しているソーシャルメディアプラットフォームであり、88%のマーケティング担当者がその活用に成功していると回答しています。

Instagramは動画をメインとした他のプラットフォームほど広く活用されていないかもしれませんが(51%のマーケティング担当者は活用していると回答)、一方でInstagram動画を活用するマーケターの大多数はそのROIに満足しています。

さらにInstagramユーザーの75%が、プラットフォーム上でブランドのコンテンツを見た後にWebサイトを訪問するなどの行動を取ることが分かっています。

くわえてLinkedInもまた高い成功率を示しています。マーケティング担当者の半分程度(51%)はLinkedInに動画を投稿しており、そのうち84%はキャンペーンに成功したと述べています。これは2018年と比べて9%高い値です。

一方でマーケティング担当者の大多数(84%)がFacebookを動画マーケティングのチャネルとして活用し、85%が成功したと答えています。これは2018年と比べて2%低い値です。

YouTubeも満足度が低下しています。 2018年と同じ数のマーケティング担当者(87%)が2019年にYouTubeを活用していると回答していますが、その成功率は約80%と答えています。2018年の90%と比較して約10%低い値です。

ソーシャルメディアで動画マーケティングすることが一般的になるにつれて、今後マーケターは、YouTubeなどの主要な動画プラットフォームからInstagramやLinkedInなどへ移行していくかもしれません。

動画が今年のモバイルデータトラフィックの78%を占める

2019年は現段階で、モバイルデータトラフィックの約78%が動画で占められており、動画コンテンツの主戦場がスマートフォン等のモバイルデバイスであることを示しています。

2019年は、スマートフォンに最適化された「縦型動画」を作成し、モバイルデバイスからの流入を狙うのがマーケターにとって有効な戦略となるかもしれません。

実際に見られている動画の種類としては、Facebookでは「静的コンテンツ」よりも「ライブ動画」が3倍近く見られていると報告されています。ライブ動画にはチュートリアルやQ&Aセッション、イベント報道、舞台裏レポートなど、さまざまな種類の動画が含まれます。これらは単に動画コンテンツとして面白いだけでなく、コメントを通じてブランドと視聴者がインタラクティブに関わる機会を提供し、個人的なタッチポントをもたらしてくれるのです。

23%のマーケティング担当者がインタラクティブ動画を活用

インタラクティブ動画は最新の動画トレンドのひとつで、マーケティング担当者の23%が使用したことがあると回答しています。この数値は2018年の20%と比べて3%上昇しています。

またインタラクティブ動画を使用したことがある人の83%はキャンペーンに成功したと回答しており、これは2018年の78%から5%増加しています。

(原文:Joanna Carter 翻訳:Tomomi Takei)

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ