Ubersuggestの使い方。もはやキーワードプランナー上位互換ツール!?

SEO(検索エンジン最適化)がWebマーケティングにおいて重要であることは、もはや言うまでもありません。

SEOの重要性は多くの人に認識されており、多くのWebサイトがSEO対策をすでに行っております。そのため検索結果の上位をキープすることは、ますます競争的で難しくなってきているのです。

しかしSEO対策は、適切なキーワードさえ見つけられればそこまで難しくありません。逆にいえば、適切なキーワード選定こそがSEO対策において最も重要です。効果的なキーワードを設定できれば、人々が何を欲しており、どんな記事を書けば良いかを想定できます。

今回は基本無料で使えるキーワード調査ツールUbersuggest(ウーバーサジェスト)を使い、SEO対策を行う方法をご紹介します。

Ubersuggestの使い方

Ubersuggest

Ubersuggestの使い方はとても簡単。キーワードを入力して検索をかけるだけ。Google検索におけるキーワードの統計データや関連情報など、SEO担当者が欲しい情報がまとまって出てきます。

Ubersuggestはキーワード洗い出しツールの筆頭『Googleキーワードプランナー』で使われてる技術をもとに設計されているため、情報の信頼性も抜群です。

2019年より、日本語を含む複数の言語にも対応。今後日本でますます注目が期待されるキーワード調査ツールです!

Ubersuggestのキーワード調査機能

Ubersuggestはややこしい手続きなしにシンプルに使える、素晴らしい機能をいくつも持っています。今回はその中でも、特におすすめできる便利な機能をいくつかご紹介します。

キーワードプランナーに基づいた統計データを得られる

キーワードを検索すると、以下の項目を表示できます。(※PDとSDは数値が高いほど競争が激しい)

  • VOL:キーワードの月間検索ボリューム
  • CPC:検索連動型広告のクリック単価
  • PD:検索連動型広告の競争の激しさ
  • SD:オーガニック検索の競争の激しさ

Ubersuggest検索結果

UbersuggestはGoogleキーワードプランナーのシステムを元に設計されているため、それぞれのキーワードについての精度の高い統計が得られます。基本は「SD(オーガニック検索の競争の激しさ)」が低いキーワードに挑戦するのがおすすめです。

注目したいのが、キーワードの「ロングテール(複数の単語を組み合わせたもの)」を一覧表示してくれる機能。これはキーワードプランナーにもない機能であり、関連ワードを一括検索したいときにとても重宝します。

画面下から統計結果をCVS形式(またはクリップボードにコピー)でエクスポートする機能もあるため、ますます便利にSEO対策が行えるでしょう。

キーワードの「競争の激しさ」「簡単なSERP」を表示してくれる

Ubersuggestは、キーワードの競争の激しさと、簡単なSERP(検索結果画面)、およびその統計・予測データを一目でわかりやすく表示してくれます。

項目は以下のとおり。

  • GOOGLE SERP:検索結果1〜100位までのURL
  • 流入見込み:月間の予想PV数
  • SNSシェア:そのURLがSNSでシェアされた累計数
  • ドメインスコア:そのドメインの強さ(100点満点で判断)

Ubersuggest SERPs

これらのデータから、自社コンテンツが検索上位に掲載された際の効果予測ができるでしょう。

なお、こちらもCVS形式でエクスポート可能です。

キーワードをフィルタリングして検索できる

Ubersuggestでキーワード検索すると、検索結果が膨大に出てくることもあるでしょう。

そんなときは、画面右上の「フィルター」機能をオンにして、検索結果をフィルタリングして絞り込むことができます。

フィルター項目は以下のとおり。

  • 検索ボリューム:月間検索数の範囲を指定可能(0〜 )
  • 有料難易度:検索連動型広告の難易度を指定可能。数値が高いほど競争が激しい(1〜100)
  • クリック単価(CPC):検索連動型広告のクリック単価の範囲を指定可能(0〜 )
  • SEO難易度:検索上位の取りやすさの範囲を指定可能。数値が高いほど難度が高いです(0~100)
  • 含めるキーワード:含めるキーワード(ロングテール)を指定可能
  • 除外するキーワード:除外するキーワードを指定可能

Ubersuggest フィルター

「適応」ボタンを押すとフィルタリング結果が表示され、「リセット」を押すと項目がリセットされます。

Ubersuggestのドメイン分析機能

Ubersuggestはキーワード調査ツールとしてだけでなく、実はドメイン分析ツールとしても有能です。

ここでは一部、おすすめの機能をご紹介します。

ドメインに関する統計データを確認できる

画面左の「虫眼鏡マーク」をクリックし、検索窓にWebサイトのドメインを入力すると、そのドメインに関する統計データを確認できます。

Ubersuggest neilpatel ドメイン概要

▲トラフィック数のグラフを中心に、広告やドメインスコア、被リンク、参照ドメインなどが確認できる

Ubersuggest neilpatel ドメイン概要2

▲検索上位のキーワード数の割合のグラフ、検索結果画面、月間流入見込み数、被リンク数、SNSシェア数などが確認できる

Ubersuggest neilpatel ドメイン概要3

▲ドメインに対し、どのようなキーワードでの流入があるか確認できる

ドメインに対する被リンク状況を確認できる

2019年4月、ドメインに対する被リンク(バックリンク)のデータを確認できる機能がリリースされました!

画面上部の各項目は以下のとおり。

  • ドメインスコア:数値が高いほどGoogleに高い評価を受けている(1〜100)
  • 被リンク:当該ドメインへの被リンク数
  • 参照ドメイン:当該ドメインへのアクセスに貢献した被リンク数
  • オーガニックトラフィック:(※正しく機能していない可能性が高い)
Ubersuggest 被リンク

▲各リンク元のURL、ドメインスコア、ページスコア、リンクタイプ、アンカーテキストなど、細かいデータも分析可能

Ubersuggestのキーワードトラッキング機能

キーワードトラッキング機能

▲指定したキーワードの検索順位(ポジション)、月間検索数(VOL)、SEO難易度(SD)を分析可能

2019年9月、Ubersuggestにキーワードトラッキング機能が追加されました。

1サイトにつき最大500キーワード、最大5サイトのトラッキングが可能。Search Consoleの登録が必須ですが、Search Consoleのデータに連動してトラッキングすべきキーワードを提案してくれます。

登録できるキーワード数は少ないですが、検索ボリュームを併記してくれるのは良いですね。小規模サイトやキーワードトラッキングツールのお試しで使うのはおすすめです。

【追記】2020年2月より、一部機能が有料化

これまでUbersuggestは完全無料のキーワード調査ツールとして知られていましたが、2020年2月より一部機能が有料化されてしまいました。

有料化にともなう無料版の変更点は、大きく以下の2点が挙げられます。

  • 関連キーワードが10個までしか閲覧できなくなった
  • キーワードの検索ボリュームやSEO記事の難易度をCVSでエクスポートできなくなった

Ubersuggest

今まではキーワードを入力したときに、関連キーワード(サジェストキーワード)が制限なく表示されていましたが、アップデート後は10個までしか表示されなくなったのです。11個以降を見ようとしても、上の画像のように表示されてしまいます。

キーワードの検索ボリュームやSEO記事の難易度をCVSでエクスポートできる機能も、無料プランでは使えなくなりました。比較的大きなキーワードで上位表示するための関連記事を考えたい場合や、他の人にデータを共有したい場合は、エクスポート機能がないと不便になってしまいます。

これらの機能を無制限で使いたい方は、「月額1,000円」または「年間10,000円」で申し込める有料プランの契約がおすすめです。2つの有料プランに違いはありませんが、10ヶ月以上継続してUbersuggestを使う方は後者のプランのほうがお得になります。

なお上記で紹介した内容以外にも、無料プランと有料プランで異なる点があるので、細かい機能を比べたい方は公式サイトの比較表をチェックしてみてください。

まとめ

Ubersuggestは、数あるキーワード調査ツールの中でも特に優れた基本無料のサービスです。UIがシンプルであり、初心者でもハイレベルなキーワード分析が簡単にできてしまいます。

最適なキーワードをUbersuggestを使って見つけたあとは、それらを適切に使い優良なSEOコンテンツを制作し、ビジネスに大きなインパクトをもたらしましょう!

(執筆:中村融子 構成:内田一良 編集:木村優美)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ