【2019年版】法人向けアプリにおけるUIトレンド。最高のUIは、UIがないこと

DESIGNER

財務管理、CRM、HRM、ERPなどなど……B2Bのオペレーションのために考案されたソフトウェアは数多く存在します。これらのソフトウェアは機能も多く複雑で、使いにくいものも少なくありません。

もちろん、現在では多くの企業がユーザー中心システムの重要性に気づき始めています。デザイナーは、コンシューマーアプリと同様に、法人向けアプリも積極的に改善していく必要があるのです。

この記事では、法人向けアプリのUIにおける2019年のトレンドをご紹介します。

1. 音声インターフェース

ある統計によると、アメリカにおける20際以上の男女の41%が、Alexa、Siri、Googleアシスタントなど、何かしらの音声アシスタント機能を毎日使用しています。例えばセールスマネジャーが、キーボードを使用せずに音声機能だけで法人向けアプリを使えたらどうでしょう?

音声中心のUI(VUI)は、手を使うことなくアプリを使用することを可能にしました。このVUIは、法人向けアプリにおいても活用の可能性があります。

もちろん、VUIの作成は簡単ではありません。上手くデザインしなければ、ユーザーの不満を招く原因にもなりかねます。ユーザーのニーズや文脈を考慮したうえで、さらなる進化が必要となるでしょう。

具体的な事例として、たとえば『SAP Leonardo』は、従業員が使用できる会話形式のAIチャットボットおよびデジタルアシスタントを構築しました。これはビジネス改善や課題解決、組織の生産性向上に使用されています。またMicrosoft Officeの中で起動する『Microsoft Speech』は、簡単な音声コマンドを処理し、ユーザーの生産性を高めるために使用されています。

2. 3Dインタラクション

情報の視覚化は、データのより良い理解と分析に繋がります。たとえば3Dアニメーションを使用しデータを視覚化することは、業界の生産性を向上させることが分かっています。

例えば『SAP 3D Visual Enterprise』は、一般的なビジュアルコンテンツをレンダリングし、3Dアニメーションを作成するのに役立ちます。3D CADファイルを軽量なものに変換し、開発プロセスをサポートすることも可能です。

3. 大きなモバイルデバイス向けのデザイン

2019年現在、UIはますますモバイルデバイス向けに最適化されてきています。またモバイルデバイスの画面が巨大化するにつれて、画面の下にメニューを置くデザインが普及してきました。

法人向けアプリは、いまやモバイルデバイスでも使用されるようになってきています。フローティング形式の操作ボタンは、大きな画面のデバイスにて使用しやすい機能です。フローティング形式の操作ボタンを使用することで、一貫したUIが可能になります。

4. クリエイティブなマイクロインタラクション

クリエイティブなマイクロインタラクションを採用している代表例としては、Slackが挙げられるでしょう。

マイクロインタラクションのおかげで誰でも簡単に使用できるだけでなく、元気の出るユニークなデザインのおかげでSlackはビジネスチャットサービスの中で重要な位置を占めることとなりました。リモートワーカーの増加も、Slackが人気になった原因のひとつです。

5. キーボードを使わないシステム

音声インターフェースや自然言語処理、顔認証などが日常のテクノロジーになった今、法人向けアプリもアップデートされるべきです。

人間同士が会話をするように、キーボードなしで人間と機械がコミュニケーションを取れるシステムが求められつつあります。例えばARやVRは次のUIトレンドになると予想されており、「最高のUIはUIがないこと」とも言われ始めています。

一方で法人向けアプリの市場において、どのような技術が求められているかを考える必要もあります。例えば電話会議の場合、「ARはVRよりも好ましい」とジョージア工科大学インタラクティブコンピューティングの教授・Blair MacIntyre氏は述べています。「会議中はノートをとったりPCにタイピングをしたり、コーヒーを飲んだりするでしょう。そのような場において、VRは向いていません」

たとえばGoogle Pixel 3は、キーボードなしで使用できる良いビジネスツールです。デバイスのカメラを使ってプロダクトを認識し、そのまま画像検索にかけたり、位置を特定したりできます。

まとめ

法人向けアプリの最新UIは、従業員のパフォーマンスを大きく向上させるのに役立ちます。仕事上のコミュニケーションをシームレスに行えるテクノロジーの導入は、私たちの働き方に大きな影響を与えるでしょう。

また「パーソナライゼーション」は今後、法人向けアプリのUX向上のキーになると予想されます。賢いインターフェースを導入することは、法人向けアプリのユーザビリティを改善するのに大きく役立つでしょう。

(原文:Bansi Mehta 翻訳:Sugita Mariko)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ