2020年の流行色/トレンドカラーとして選ばれたのは、「クラシックブルー」「ヒューマンレッド」です。

この記事では、2020年のトレンドカラーにこれらの2色が選ばれた理由や、トレンドカラーの組み合わせ方法(カラーパレット)などをご紹介します。

Webやアプリのデザインをする際に、今回ご紹介するトレンドカラーをぜひ取り入れてみてください!

流行色/トレンドカラーはどう決まる?

毎年の流行色は、主に以下の2つの組織によって決められています。

  • PANTONE
  • JAFCA(日本流行色協会)

世界的な色見本帳ブランドであるPANTONEは、毎年12月に「カラー・オブ・ザ・イヤー」と称して、翌年のトレンドカラーを発表しています。アート、ファッション、美容、エンターテインメント業界、社会経済など、あらゆる領域のトレンドの綿密なリサーチのもとにトレンドカラーが選定されます。

一方のJAFCAは、毎年11月16日(いい色の日)に「今年の色、来年の色」を発表していました(※2019年より、12月2日発表となりました)。JAFCAが選ぶカラーは、ファッションなどの特定の分野に向けたものではなく、厳密に言えばその年を象徴する「テーマカラー」のようなものです。インターカラー(国際流行色委員会)の情報をもとに、各業界の専門家たちで構成される委員会によって選定されていました。なおこれは、年に2回JAFCAが「トレンドカラー」として発表している「JAFCAファッションカラー」とは別のものになります。

2020年の流行色/トレンドカラーは?

PANTONE:クラシックブルー(Classic Blue)

クラシックブルー(Classic Blue)

PANTONEは「クラシックブルー」を、2020年の流行色(カラー・オブ・ザ・イヤー2020)として発表しました。

テクノロジーの急速な進歩によって社会が変化する中、人々の「安定」に対する欲求を象徴する色であるとして、このクラシックブルーが2020年のトレンドカラーに選ばれました。

広大で無限に続く夜空を思い起こさせるブルーは、見る人に安心感や連帯感を与えてくれますね。

またPANTONEは、クラシックブルーを以下のようにも表現しています。

  • 集中力を高める色
  • レーザーのような明晰さをもたらす色
  • 思慮深く、回復力を培う色

クラシックブルーのカラーコードは以下のとおりです。

カラーコード:#014c86
RGB値:1, 76, 134
RGBA値:1, 76, 76, 1
HSV値:206, 99, 53

クラシックブルーの組み合わせ例

またPANTONE公式サイトにはクラシックブルーを使った、5つのカラーパレットとカラーハーモニーが載っています。

Webデザインやグラフィックデザインをする上で、相性のいい配色がまとめられているので、ぜひ参考にしてみてください。

ponder

▲1. PONDER

「PONDER」のような、暖かく落ち着いた色合いに囲まれたクラシックブルーは、落ち着きや静けさをもたらす効果があります。

snorkel

▲2. SNORKEL

「SNORKEL」を参考にすれば、熱帯の楽園を想起させるカラーパレットができます。

また黒や白と、クラシックブルーを合わせることで、デザインの基盤を生み出すことが可能です。

DESERT TWILIGHT

▲3. DESERT TWILIGHT

「DESERT TWILIGHT」のように、エレガントな色の背景にクラシックブルーを合わせれば、まるで砂漠の夕暮れ時のような輝きをもたらします。

EXOTIC TASTES

▲4. EXOTIC TASTES

「EXOTIC TASTES」は、自然の調味料や青い食べ物の色合いを表現した、冒険的な配色です。

青色の食品はアントシアニンが豊富なため、健康的な印象を与えます。

UNTRADITIONAL

▲5. UNTRADITIONAL

「UNTRADITIONAL」のように、ユニークな色とクラシックブルーを組み合わせると、ファッションやメイクで使いたくなるような新しいカラーデザインが誕生します。

カラースウォッチ

また、同じページ内にある「DOWNLOAD FROM THE ADOBE EXCHANGE MARKETPLACE」をクリックすれば、Adobeのアプリケーションで使えるカラースウォッチをダウンロードできます。ぜひご活用ください。

JAFCA:ヒューマンレッド(Human Red)

ヒューマンレッド(Human Red)

JAFCAが選んだ2020年のトレンドカラーは「ヒューマンレッド」です。JAFCAは、その年を象徴する社会のムードや人々の意識と関連付けて、トレンドカラーの選定を行なっています。

2020年のトレンドカラーにヒューマンレッドを選んだ背景として、以下の3つのキーワードを挙げています。

  • 【豊かな感情】
    デジタル化が加速する現在において、人間らしい豊かな感情を表す色。
  • 【未来を創る行動力】
    環境問題や社会問題に対して、新たな未来を創っていく人々の命の色。
  • 【スポーツそして高揚感】
    2020年の東京オリンピック開催に伴って、日本の国旗の色およびオリンピック時の人々の高揚感を表す色。

デジタル化が進む中で「人間らしさ」に注目し、人ならではの豊かな感情や創造力、身体の躍動感を象徴する色として、ヒューマンレッドが選ばれたことが分かります。

ヒューマンレッドのカラーコードは以下のとおりです。

カラーコード:#e50112
RGB値:229, 1, 18
RGBA値:229, 1, 1, 1
HSV値:4, 100, 90

2019年の流行色/トレンドカラーとの比較

PANTONE:リビングコーラル / Living Coral

リビングコーラル(Living Coral)

昨年、PANTONEが「カラー・オブ・ザ・イヤー2019」として選んだのはリビングコーラルでした。

SNSなどの間接的な関わりが増えている中で、人々の実体験に基づいた直接的な関わりを促進するカラーとして選ばれました。

2020年のトレンドカラーと比べると、暖色系で柔らかい雰囲気ですね。

JAFCA:アウェイクニングオレンジ / Awakening Orange

アウェイクニングオレンジ(Awakening Orange)

JAFCAが2019年を象徴する色として選んだのはアウェイクニングオレンジです。

「Awakening」は「覚醒・気づき」を意味します。データの改ざんやパワハラなどが次々と発覚した2018年を経て、明瞭な意識のもと未来に踏み出すエネルギーをオレンジで表現しています。

2020年のトレンドカラー同様、人々の未来への期待が暖色系のカラーに表れています。

まとめ

今回は2020年の流行色/トレンドカラーとして、以下の2色をご紹介しました。

  • クラシックブルー
  • ヒューマンレッド

青と赤、相反する2色が2020年のトレンドカラーとして選ばれましたが、どちらの色も変わりゆく未来に対する人々の気持ちを表したものとなっていましたね。

ぜひこの記事を参考にして、流行を取り入れた素敵なデザインを作ってみてください!

 

執筆:木村優美
編集:内田一良(じきるう)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ