今更聞けない!フリーランスの年金手続き基礎知識【初心者向け】

フリーランスはワークスタイルなど自由に決められることが多い一方、確定申告や年金手続きなど、会社員であれば会社が行ってくれる手続きを自分で行わなければいけません。この手続には「年金」も含まれます。

  • フリーランスは年金に入らないといけないの?
  • フリーランスはどの年金に加入するの?
  • もし年金を払えなくなったらどうしよう

年金の知識がないとさまざまな疑問に直面します。ここではフリーランスの年金について悩みを解決出来る内容をご紹介します。

【年金基礎知識】フリーランスは年金に入る必要アリ

「フリーランスは年金に入らないといけないの?」

まず始めに、この疑問を解決していきましょう。

年金は「日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人」が加入する義務があります。この全ての人が加入する年金を国民年金または基礎年金と言います。

「やっぱり年金の加入は避けられないのか……。何十年先のために、なんで今から納付しないといけないの? 老後のお金より今使えるお金の方が大事なんだけど」

こう思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし年金は老後のため以外にも、障害を負ったり死亡した時にも、本人や遺族に年金が支給されます。“万が一の時”のセーフティーネットにもなるため、年金を正しく支払うことは決して損ではありません。

フリーランスが加入する年金の種類

年金は「全ての人が加入する国民年金」「会社員などが加入する厚生年金」「公務員が加入する共済年金」の合計3種類あります。

では、フリーランスはこの3つのうちどの年金に加入するのでしょうか。

年金の種類

▲出典:日本年金機構

結論を言うと、フリーランスは会社員でも公務員でもないため「国民年金」に加入します。

もし事業が大きくなり、フリーランスから法人化して社長になった場合は、役員報酬がほぼ0でなければ国民年金から厚生年金に切り替えます。

フリーランスの年金・簡単手続き方法

「フリーランスが国民年金に入るのはわかったけど、手続きって面倒くさいんでしょ?」

いえいえ、これが実はとても簡単なんですよ。安心してください、簡単です!

国民年金の加入が想定される人
  • 二十歳になった人
  • 会社員や公務員が退職してフリーランスになる人
  • これから日本で生活する海外在住者
  • 扶養(第3号被保険者)に入っていたが、フリーランスの売上見込が130万円以上になり扶養から外れる人
手続きする場所 お住まいの市区役所や町役場
持っていくもの
  • 免許証など本人確認できるもの
  • 年金手帳または基礎年金番号通知書
  • マイナンバーカード
  • 印鑑
  • 退職の事実がわかる書類※退職の場合
  • 健康保険喪失日証明書※扶養から外れる場合

国民年金の加入手続きは年金事務所ではなく、お住まいの役所で行います。

免許証や年金手帳などを用意して窓口へ行き、国民年金に加入したい旨を伝えれば、その場で手続きを進めてくれます。

たったこれだけです。分からないことも窓口の人とすぐ相談ができるので、まずは役所へ行ってみましょう。国民年金は多くの人が加入手続きをとっていますから、特段難しいことはありません。

もし退職から15日以降など加入すべき期間が過ぎてしまった場合は、加入できなかった事情を説明し、なるべく早い段階で加入手続きを済ませましょう。

フリーランスの年金支払額とその支払方法

年金納付書

▲出典:日本年金機構

無事に国民年金に加入できたら、次は支払いです。

フリーランスは会社員のように給料から年金が天引きされないので、納付は自分自身で行います。

役所の窓口では収められないので、以下のいずれかの方法で納付します。

国民年金の納付方法

納付書(現金納付) 郵送で届く納付書を銀行やコンビニ、ペイジーで支払います
口座振替 銀行やコンビニに毎月納付しに行かなくて済むので便利です
※口座振替の申し込みに銀行印が必要
クレジットカード 銀行やコンビニに毎月納付しに行かなくて済むので便利です
※納付によりクレジットカード会社のポイントが付与されるかはクレジットカード会社により異なります

納付方法は一度選択したら二度と変更できない……といったことはありません。納付書からクレジットカード払いなど、納付方法を途中で変更できます。また、納付は「納付対象月の翌月末日」までに行います

次に支払額ですが、納付額は1年ごとに金額が変わります。以下にここ数年の納付額をまとめました。

令和2年度 国民年金の月額保険料 16,540円/1ヶ月
令和3年度 国民年金の月額保険料 16,610円/1ヶ月
令和4年度 国民年金の月額保険料 16,590円/1ヶ月

令和3年度(※2021年4月〜2022年3月分)保険料は1ヶ月16,610円なので、年間で199,320円納付することになります。つまり1年間で約20万円ほど納付します。

令和2年度 国民年金の年間保険料 198,480円
令和3年度 国民年金の年間保険料 199,320円
令和4年度 国民年金の年間保険料 198,080円

【年金お得知識】年金制度をお得に利用する方法

「国民年金に1年で約20万円も必要だなんて……ちょっと高いかも」

こう思う方がいらっしゃるかもしれません。ここからは少しでも年金制度をお得に使いこなす方法をご紹介します。せっかく支払う年金ですから、お得な制度を最大限活用してみませんか?

お得1. 公的年金は必ず控除する

年金控除

▲出典:日本年金機構

フリーランスが確定申告をする際、忘れずに利用したいのが控除です。これは所得税といった税金が安くなる可能性があるので、必ず確認しておきたい項目です。

国民年金保険料は、支払った全額を社会保険料の控除に使えます。

国民年金を収めると、日本年金機構から「控除証明書」が送られてくるので、これをもとに確定申告の「社会保険料控除」の項目で控除しましょう。過年度分の支払も控除の象です。

また、フリーランスの方で障害年金や遺族年金といった公的年金を受け取っている方も、収入から控除できます。忘れずに控除しましょう。

お得2. 前納する

すぐ利用できるお得な制度に前納があります。6ヶ月・1年・2年分を前納すると、毎月納めるよりも最大15,850円お得になります。約1ヶ月分お得になるということですね。

前納は納付書、口座振替、クレジットカードと全ての納付方法で利用できますが、口座振替による納付が一番お得になります。

令和3年度の前納について、毎月納めるよりもどのくらいお得になるかまとめました。

納付書(現金納付)

クレジットカード

口座振替
6ヶ月前納 810円のお得 1,130円のお得
1年前納 3,540円のお得 4,180円のお得
2年前納 14,590円のお得 15,850円のお得

お得3. 国民年金にプラスできるオプション

年金制度

▲出典:日本年金機構

フリーランスの方(第1号被保険者)が加入する国民年金に、任意でプラスできるオプションが3つあります。このオプションを利用することで、老後にもらう年金(老齢基礎年金)を多く受け取れます。

どのようなオプションがあるかまとめました。

概要 保険料
付加年金 老齢基礎年金に「付加年金を納めた月数×200円」が加算されます。
例)30歳から60歳まで30年間収めると、「360ヶ月(30年分)×200円」の72,000円が年金にプラスして支給されます。
付加保険料 月額400円
国民年金基金 会社員の厚生年金に相当する制度で、口数制で加入し、将来の年金受取額を増やすことができます。
加入すると、60歳まで掛金の支払いが続きます。
月額上限68,000円
※月額掛金は、加入する年齢、性別、加入口数、給付型によって変動します。
※国民年金基金加入中は、付加保険料を納めることができません。

個人型確定拠出年金

(iDeCo)

毎月掛金を積み立て、運用した利益分を60歳以降に年金や一時金として受け取る制度です。 月額上限68,000円
※自営業の場合
※国民年金基金と併用できますが、2つ合わせて月額上限が68,000円です。

どれも所得控除の対象ですので、節税効果が期待できます。

お得4. 個人年金保険の活用と控除

ここまでは公的年金のお得な制度についてご紹介してきました。しかし、年金は生命保険会社が提供するタイプの個人年金保険もあります。国民年金のように加入義務はありませんので、任意で、加入したい保険に加入しましょう。

個人年金は終身年金、有期年金、確定年金、保証期間の有無など多種多様な個人年金が提供されているので、よく吟味して加入しましょう。

また、個人年金も控除の対象となるものもあるので、生命保険会社から送られてくる『生命保険料控除証明書』をもとに確定申告で控除します。

【人生の節目の年金手続き】状況別に簡単解説

結婚した時、離婚した時、子どもが生まれた時など、人生にはいくつかの節目があります。そんな時、年金の手続きもしっかり行う必要があります。

「人生のこんな時、年金はどうする?」をフリーランスに絞って簡単にわかりやすくご紹介していきます。

ケース1. 退職してフリーランスになった場合

会社員や公務員が退職して再就職せずフリーランスになる時、これまで加入していた厚生年金・共済年金を脱退し、国民年金に加入します。厚生年金等の脱退は会社でしてくれますが、国民年金への加入は自身で行います。

この際、大きな注意点があります。配偶者が会社員や公務員で、扶養される年金の納付が不要だった主婦(夫)(第3号被保険者)も国民年金に加入します。つまり自営業の妻(夫)も国民年金に加入します。

たとえば夫が会社員で妻が専業主婦という場合、夫が退職しフリーランスになると夫婦二人とも国民年金に加入し、二人分の保険料を納付します。

ケース2. フリーランスで子供が生まれた場合

国民年金は20歳から加入するので、お子さんが生まれても特段の年金手続きは必要ありません。国民年金には扶養控除という制度はありません。

ただし、出産前後は保険料の納付が一定期間免除される嬉しい制度があります。この制度は免除されても年金は納付したものとカウントされ、前納していたらその期間は全額返金されます。

ケース3. フリーランスで離婚した場合

フリーランスが離婚すると、状況により手続きが必要です。

主な例をまとめました。

離婚時の状況 主な手続き
夫婦二人とも国民年金に加入しており、フリーランスを続けるため就職の予定がない 氏名・住所の変更
フリーランスや主婦で国民年金に加入していたが、離婚して就職することになった 国民年金を脱退し、就職先で厚生年金の加入手続きをしてもらう
主婦が年収130万円未満など第3号被保険者(扶養される配偶者)の範囲でフリーランス収入を得ていたが離婚した 第3号被保険者の資格を喪失し(配偶者の勤め先が手続きしてくれる)、自身で国民年金に加入する

ケース4. 主婦(夫)がフリーランスを始めた場合

主婦(夫)がフリーランスを始める時、年金手続きが必要かどうかは収入の有無で変わります。

主な例をまとめました。

配偶者の年金加入状況

国民年金
※フリーランスや自営業など(第1号被保険者)
厚生年金や共済年金
※会社員や公務員(第2号被保険者)
フリーランスとなる主婦(夫)の年金手続き 収入130万円未満 収入の有無に関わらず国民年金に加入すします。
※すでに加入している場合は手続き不要
扶養される主婦(夫)が第3号被保険者で、フリーランスを含め諸収入が130万円未満なら、第3号被保険者のままで、国民年金への加入は不要です。
※扶養者の収入は配偶者の収入の半分未満であること
収入130万円以上 同上 第3号被保険者(扶養)の対象にならず、第1号被保険者として国民年金に加入します。

ケース5. フリーランスが結婚した場合

国民年金に加入しているフリーランスが結婚すると、状況によって手続きが異なります。

まず、フリーランスの方自身の氏名や住所が変わる場合は、新しい氏名や住所に変更します。結婚後もフリーランスとして仕事を続けるのでしたら、年金は変わらず国民年金のままで大丈夫です。

もし結婚を機にフリーランスを辞める場合、配偶者が国民年金の場合はそのまま国民年金で、配偶者が勤務されている場合は第3号被保険者となります

次に配偶者の方の年金手続きです。フリーランスの配偶者となる妻や夫がお仕事をされていて、結婚後もお仕事を続けるのでしたら、年金手続は氏名住所の変更等で済みます。結婚を機にお仕事を辞める場合は配偶者の方も国民年金に加入します。

ケース6. フリーランスが海外移住する場合

国民年金に加入しているフリーランスが海外移住する場合も、年金手続きが必要です。

国民年金は日本在住者が対象ですので、移住や海外赴任で海外在住となると国民年金に加入する義務はなくなります。つまり脱退できますが、日本国籍の方は任意で国民年金に加入できます。

ケース7. 学生やフリーターからフリーランスになる場合

第1号被保険者として国民年金に加入している学生やフリーターの方がフリーランスになると、つまり自営業として働き始める場合、そのまま継続して国民年金に加入し続けます。つまり特段の手続は必要ありません

心機一転として引越しをする場合は、住所変更が必要です。

学生やフリーターの方がフリーランスではなく就職する場合は、就職先に厚生年金等の加入手続をしてもらいます。

【年金で困った時】年金は免除できるか

フリーランスで困ることの一つに資金繰りがあります。もしなんらかの事情で資金繰りが悪化し、国民年金の支払いが難しくなるとどうなるでしょうか。

ここでは、年金を支払わないとどうなるか、支払いが難しいときの対処法をご紹介します。

フリーランスが年金を払わないとどうなるか

フリーランスの方に関わらず、国民年金を支払わないとこのような状況になる可能性があります。

  • 未納のお知らせや督促通知が届く(※カラフルな封筒で届く場合がある)
  • 督促の電話が着信する
  • 督促などで自宅に来訪がある
  • 年金支給額が減る
  • 強制徴収や財産の差押の可能性がある

支払えるのに支払わないと差押といった強行的な処置を取られる可能性があります。しかし、支払いたいのに支払えない場合は救済措置が用意されています。

フリーランスは年金を免除できるか

ケガや病気で働けず資金繰りが悪化したなど、どうしても保険料の納付が難しい場合があります。そんな時は保険料の免除や猶予といった制度を利用しましょう。

支払えないからと未納のまましておくより、このような制度を活用する方がメリットが大きいです。もちろん、フリーランスの方も申請ができます

国民年金保険料の免除・納付猶予制度 世帯主や配偶者が失業等で納付が困難になったり、コロナの影響で所得が減少すると、保険料の猶予や保険料の1/4~全額が免除される制度。

コロナで大きく影響を受けたという方がいらっしゃるでしょう。そんな時も免除の申し立てができます。

他にも学生は納付が猶予されたり、出産前後や配偶者からのDV被害なども保険料が免除されます。状況に応じて制度を利用しましょう。

まとめ

日本在住の20歳から59歳の方は、国民年金に加入しなければなりません。フリーランスの方も国民年金に加入し、毎月納付する必要があります。

年金加入の手続きは難しくありませんし、前納や付加年金などお得な制度を利用することもできます。

もし支払いが厳しくなっても免除や猶予といった対処方法があります。困った時は放置せず、まずは相談してみましょう。

(執筆:特急太郎 編集:Workship MAGAZINE編集部)

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

平均時給2,900円。高単価なお仕事をしませんか?

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)が、そんな悩みを解決します!

  • 28,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 平均時給2,900円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ