税金とは【意味/読み/英語表記】(ぜいきん、tax)

【税金の概要】

国や地方公共団体が、その運営のために必要な経費をまかなうため、国民から強制的に徴収する金銭のこと。

【税金の詳細】

国に納めるものを「国税」、地方自治体に納めるものを「地方税」と呼び区別されます。また、同じ税金であっても国と地方に分配し収めるような場合もあります。

また、国民が直接に国や地方自治体に納める「直接税」と、モノなどを買った際に税金分を上乗せして支払い、売り手が買い手に代わり税金の支払いをする「間接税」にも分類されます。

原則として、課税額は支払い者の所得に応じて変動します。これを税の累進性と言います。消費税などの一部の税金はこの限りではなく、消費税のように所得が少ない人ほど相対的に負担が大きくなる税を逆進課税と言います。

このようにして収められた税金は、国民が生活するうえで必要不可欠な公共サービス等の拡充・整備などに利用されます。国民全体の利益に資するよう使われるため、支払いの多寡に関わらず直接的な見返りなどはありません。

税金は強制的に徴収されるものであり、憲法において納税の義務が規定されているため支払いを拒否することはできません。支払いを拒否したり、支払いが遅延したりすると、加算税や延滞税が別に課されます。

【税金の関連語】

節税

「税金」の記事一覧

12
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ