IoTが主役の未来に備える。5つのSEO戦略

MARKETER

近年IoTデバイスが世界的に増えており、スマートフォンやタブレットを除いた世界のIoTデバイスの数は約70億台と推計されています。無線接続可能な機器の増加と、ハードウェア自体のコスト低下により、近年はますます増加が加速しています。

そしてIoTは恐らく、これからの検索のあり方を大きく変える存在になるでしょう。

今回は、IoTが標準となる近い将来に備えて、IoT社会のSEOにおける5つの戦略をご紹介します。

IoTはSEOを根底から変える

将来的に、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスや、音声アシスタント、インテリジェントカー、スマートホームのようなIoT技術により、現在のSEOにおいて最良と言われている手段は効果的でなくなり、場合によっては意味のないものになるでしょう。

一方で、IoTデバイスの普及によってSEOやオンラインマーケティング業界がどのように変化するのか、具体的に予測するのも難しいです。ただし、IoTデバイスをユーザーが利用する方法や、検索習慣に与える影響の傾向は推定できます。

以下に、IoT標準の未来に備えるための5つのSEO戦略をご紹介します。

1. まずは音声検索を想定する

2020年までに、全検索の約50パーセントが音声ベースになると予測されています。

現在、AlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーは、ユーザーからの音声コマンドを受け取り、直接質問に答えるよう設計されています。したがって、これらのIoTデバイスを動かしている検索エンジンが、音声ベースの出力に最適化されたコンテンツに重点を置くようになることは間違いありません。

一般的な文字検索では「キーワード」が重要と言われています。一方で、音声検索では会話型の検索が基本です。 そこでSEO担当者は、まず会話型の質問を念頭に置き、それに応じてサイトのコンテンツを最適化すべきでしょう。

実践のコツ

  • どのような会話型クエリが、ユーザーをあなたのWebサイトに向かわせるのかを考えましょう。 それに応じて、実際のコンテンツを最適化させるのです。
  • 簡潔でストレートな質問と回答のペアが、音声検索において上位になるカギです。 これらのペアをメインコンテンツ内の適切な場所に配置すると効果的でしょう。

2. 検索結果画面(SERP)と共に進化しよう

Google SERPに代表される検索結果画面は、長年にわたり大きく変化を遂げ、単にキーワードに合うページリンクを表示するだけではなくなってきました。たとえば「強調スニペット」「ナレッジグラフ」「関連検索機能」が適用される場合、結果ページに直接コンテンツが表示されるため、ほとんどの訪問者は実際のWebサイトにアクセスする必要がありません。

SERPはIoTデバイスとの互換性を保つために、さらに進化する可能性があります。その一例として、音声またはジェスチャーベースのIoTデバイスを使用した場合、ユーザーは検索エンジンの結果ページ全体を確認できません。同様の現象が、他の小さなスクリーンまたはスクリーンのないIoTデバイスにも起こります。

したがって、SERPのみに重点を置いたSEO戦略は、将来的には効果が薄くなることが予想されるのです。

実践のコツ

  • 近い将来、ほとんどのユーザーはWebサイトにアクセスしなくなるのではないでしょうか。検索エンジンは必要な情報を直接抽出し、それをIoTのUIを通じてユーザーに提供します。
  • Googleおすすめのスニペット(リッチスニペット)のためにWebサイトを最適化するのと同じように、検索エンジンで最上位に提示されるようにサイトを最適化する必要があります。

3. IoTベースの検索メディアに注目!

これまでほとんどのSEO対策は、Googleに照準を合わせて実施されていました。しかしその常識が、IoTの登場により根本から覆ると言われています。

例えば、 スマートグラスをかけながら人々はどのようにして商品を探すのでしょうか?スマート冷蔵庫はどのようにして新しいアイスクリームブランドを見つけ、あなたに提案するのでしょうか?

ひとつの可能性として、引き続きGoogleがこれら検索の大部分に影響を与える可能性がありますね。しかし一方で、例えばあなたがAppleの自動運転車に乗りながら、おいしいランチスポットを検索するとき。検索結果にGoogleのレビューが高いレストランが優先して表示されるでしょうか?

もうお分かりですね。検索エンジンは多様化していくのです。

実践のコツ

  • 当面はGoogleの検索エンジンに焦点を当てるので問題ありませんが、常に状況の変化に注意を払うのが賢明でしょう。ターゲットとなる顧客が新しいIoT技術にどのように適応しているか、追跡し続けることが不可欠です。

4. パーソナライズをさらに重視

ミレニアル世代以降のユーザーはより個別化されたアプローチを求める傾向にあり、この傾向はIoTの普及とともにさらに拡大しつつあります。

IoTデバイスには、個人とその検索履歴に関する多くのデータが集積されています。家庭のスマート冷蔵庫から人々が運転するスマートカーまで、生活の中で一人に対するデータソースが多く存在するため、カスタマイズの可能性は無限大です。

これからの時代、IoTデバイスからユーザーデータを収集して分類するための新しいツールやプラットフォームが続々登場するでしょう。 SEOのプロに求められることは、これらのデータをより効果的に分析・活用する方法を学ぶこと。 Web上のコンテンツや広告は、蓄積された新たなIoTデータを活用することで、さらに個別のカスタマイズができるでしょう。

実践のコツ

  • ツールを駆使することで、ひとつのデータからさまざまな視点を得られます。分析スキルをさらに一歩進めて、所有するデータを最大限に活用できるよう意識してみましょう。
  • A/Bテストを通して、どのコンテンツ、デザイン、ポップアップ方法、およびコピーがあなたのオーディエンスの獲得に最適か調査しましょう。IoTから得られたデータが、あなたの未来のオーディエンスを変えるきっかけになるかもしれません。

5. オンラインデータとオフラインデータの統合

これまでSEOは、オンラインの情報源(Google Trendsやキーワードプランナーなど)から抽出されたデータに依存してきましたが、IoTデバイスを経由すれば、ターゲットオーディエンスの現実世界における活動データを収集できます。IoTデバイスからの情報は、Webから収集した従来型のデータよりもユーザーの意図をより正確に読み取るカギとなるでしょう。

こういった背景から予測型のビジネスモデルが近年増加しており、SEO対策のためにはこの傾向を受け入れたうえで訪問者のオンライン上における行動を予測する必要があります。 IoTデバイスは、オフラインにおけるデータをオンラインマーケティングの世界に持ち込むための便利な架け橋になるでしょう。

実践のコツ

  • 消費者のIoTデバイスへの適応率には要注目。スマート家電のようなIoTデバイスはまだ比較的利用者が少数ですが、近い将来は拡大することが予測されています。
  • IoTデバイスの人気の高まりについていくためにも、オンラインマーケティング計画における現実的な目標を設定するべきでしょう。しかし、あまり飛躍的な計画はおすすめできません。なぜなら、これら新技術の採用成功率は予測不可能な数値だからです。一方で、SEOの世界でおいていかれないためにもIoTデバイスの力は無視できない存在でしょう。

まとめ:検索の未来

一部の専門家たちからは指摘されているように、IoTはまだ世界中を巻き込む影響力にまでは成長していないかもしれません。

しかし今後IoTシステムが普及し、近い将来にはデジタルマーケティングと検索において大きな影響を及ぼすことが予想されます。

SEOのプロとして今すぐできる最善の対策ポイントは、

  1. 音声検索にまずは注力
  2. Googleのおすすめスニペットに最適化
  3. チームのデータ分析スキルを向上させつつ、IoTの変化に合わせて最新の状態に保つこと

以上を心に留めておきましょう。

(原文:Amio Galib Chowdhury 翻訳:Tomomi Takei)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ