BizOn Ad

複業(パラレルワーク)とは? 副業・兼業・伏業との違い

政府が「働き方改革」に取り組みはじめた2018年以降、よく聞くようになった「複業(パラレルワーク)」「副業」という働き方。

じつは、「複業」と「副業」には明確な違いがあります。

こちらの記事では、その違いや定義を解説するとともに、複業のメリットやデメリット、複業におすすめの7つの職種を紹介します。

複業・副業・兼業・伏業の意味や違いとは

複業と似た言葉として、以下が挙げられます。まずはそれぞれの定義をみていきましょう。

  • 副業
  • 兼業
  • 伏業

複業:複数の仕事を併行する働き方

複業とは、本業を複数もち、併行させる働き方を指します。

複業は「パラレルワーク(parallel work=併行する仕事)」とも呼ばれるように、異なった仕事を2〜3つ以上もち、どれに対しても本業レベルの力を注ぐ働き方を指した言葉です。

副業:サブの収入を確保する働き方

副業とは、本業以外にサブとなる仕事をもつ働き方を指します。

メインの収入は本業から得て、副業では数万円ほどの収入を得る働き方が一般的です。生活費の足しにする、趣味やスキルアップのために使うなど、収入の用途はさまざま。

複業が複数の本業を併行して行う働き方であるのに対し、副業はあくまで本業以外にサブの仕事を持つといった違いがあります。

兼業:本業以外に自身で事業を起こす働き方

兼業とは、「副業」よりも仕事にかける比重が大きい働き方

ほぼ「複業」と同じ意味で使われるほか、本業とは別に自分の事業を起こす働き方も指します。

伏業:会社に内緒で別の仕事をする働き方

伏業とは、会社に内緒で別の仕事を行う働き方を指します。

パーソル総合研究所の調査によると、従業員に対し複業または副業を禁止している企業は、全体の45.1%。

「複業や副業をしたいけど、勤め先で禁止されている」など理由で、申告せずにこっそり別の仕事を行うケースが伏業にあたります。

複業を行うメリット

複業をするメリットを、以下4つのポイントに分けてみていきましょう。

  • 収入が増える
  • 働くうえでのリスク分散になる
  • 経験&スキルが得られる見込める
  • やりたいこと、理想の働き方を実現できる

メリット1. 働くうえでのリスク分散になる

「大手企業に務めているから生涯安泰」と言える時代は過ぎました。1997年に起こった日本の金融危機や、四大商社のひとつだった山一證券の倒産を振り返っても、心から安心できる仕事は存在しないと言えるかもしれません。

だからこそ、本業を複数持つ複業の働き方は、有効なリスク分散となります。

ひとつの企業や職種・業種に偏らず、複数の仕事を併行して進めることで、一部が収入の見込めない事態に陥ったとしてもリカバーできるようになるでしょう。

メリット2. 幅広い知識・経験・人脈が得られる

複数の仕事を行うことで、そのぶん経験が増え、自身のスキルアップにも繋がります。

一つの本業だけでは、得られる経験・スキルも限られるもの。自分の趣味や興味に合わせ、複数の本業を併行させる(または掛け合わせる)ことで、幅広い知識・経験・人脈が得られ、自然とスキルアップに繋がるのです。

メリット3. 収入が増える

複業や副業で仕事を増やすことで、収入増に繋がります。

どんな仕事を選ぶかにもよりますが、dodaが行った調査によると、副業者のうち約3割が月10万円以上の収入を得ているという結果が出ています。

▲出典:doda

メリット4. やりたいこと、理想の働き方を実現できる

「本業以外にもやりたいことがある」
「場所や時間に縛られない、理想の働き方をしたい」

そう考える方にも、複業はおすすめです。

営業の仕事をしながら週末はWebデザイナーとして働く、在宅でできる仕事を複数掛け持ちして、いつでもどこでも働けるようにするなど、自分のやりたいことや理想の働き方を実現できます。

複業を始めるときの注意点

複業のメリットと同様に、注意点も合わせて確認しましょう。以下3つのポイントにまとめました。

  • 自己管理能力が求められる
  • それぞれに業務における責任が増える
  • 専門性が求められる

注意点1. 自己管理能力が求められる

仕事が増える分、時間・体力的コストがより多くかかることは否めません。スケジュール調整や体調管理など、自分で自分を整える習慣づくりが必須となります。

またメンバーと丁寧にやりとりをしながら仕事を進めていく業務においては、細やかな報告・連絡・相談が必要不可欠です。一部の仕事に集中し過ぎて、ほかが疎かにならないよう、バランスを見極めるのも重要となります。

注意点2. それぞれの業務における責任が増える

本業が複数ある以上、それぞれに対して責任を求められるのは必然です。

本人は「複数の仕事があって大変」「あっちを済ませたあと、こっちを進めなきゃ」と日々大変かもしれません。しかしクライアントやチームメンバーには影響が出ないよう、しっかり進捗やタスク管理をする必要があります。

注意点3. 専門性が求められる

それぞれの業務で専門的な知識が求められるのも、複業の特徴です。

データ入力など単純作業を行う副業であれば、そこまで専門性を求められる場面はないかもしれません。しかし複数の本業を同時併行させる「複業」では、中途半端な知識やスキルだけでは、クライアントに迷惑をかけてしまう可能性があります。

どの仕事も本業だ、という意識を忘れないことが大切です。

複業の始め方3ステップ

「複業に興味はあるけど、何から始めたらいいのかわからない」方も多いかもしれません。複業は以下の3ステップで始めるのがおすすめです。

  1. できること、やりたいことの棚卸しをする
  2. ポートフォリオを制作する
  3. クラウドソーシングやマッチングサービスに登録する

ステップ1. できること、やりたいことの棚卸しをする

まずは「できること」「やりたいこと」それぞれを箇条書きにしてみましょう。

いまの仕事ではどんな業務を任されているのか。上司やチームメンバーから褒められ、頼りにされることは何か。どんな立ち回りが求められているか。そこから自分が持っている知識やスキルを言語化していきます。

次に考えるのが自分の「やりたいこと」、いまの仕事とは別に、どんな仕事をしてみたいのか。どんなことに興味があるのか。いまの仕事や趣味と関連することから広げたいのか。それともまったく新しい分野を開拓したいのか。

「できること」「やりたいこと」を棚卸しして、それを軸に「どんな複業をするか」を選びます。具体的にどんな複業があるかは、記事末にご紹介しているのでご参照ください。

ステップ2. ポートフォリオ・プロフィールを制作する

Webデザイナーやライター、マーケター、エンジニアなどの専門職の場合は、実績をまとめたポートフォリオやプロフィールを制作しておくのも大切です。クライアントに向けて「自分はどんな仕事ができるのか」を知らせるツールを持っておくと、営業に役立ちます。

ポートフォリオ作りに便利なサービスは、以下の記事をご参照ください。

ステップ3. クラウドソーシングやマッチングサービスに登録する

どんな複業をしたいかを明確にし、自分のスキルと実績をまとめたら実際にクラウドソーシングやマッチングサービスに登録し、求人を探してみましょう。

未経験の場合は少々ハードルが高いかもしれませんが、経験や知識のある分野であれば、すぐにでも獲得できる求人があるかもしれません。

たとえばライティングや編集の経験またはSEOの知識があれば、記事制作やオウンドメディアの立ち上げなど、経験のある分野や、その分野と関連した仕事から挑戦するのがおすすめです。

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』でも、さまざまな職種・条件の案件をご紹介しています。

おすすめの複業7選

最後に、複業におすすめの職種を7つ紹介します。どんな仕事にも活かせるスキルや知識が得られるものを集めましたので、ぜひ参考にご覧ください。

1. オンライン事務

在宅でできる複業として、企業や個人の事務作業を代行する「オンライン事務(オンライン秘書)」があります。

オンラインのため、在宅で行える点、家事や育児と両立させやすい点がメリットです。業務内容として、データ入力やスケジュール調整、資料作成などがあります。

おすすめのオンライン秘書サービスは、以下の記事でご紹介しています。

2. Webライター

未経験でも始めやすい複業に「Webライター」があります。Webや書籍から情報を集め、取捨選択して記事にまとめたり、インタビューした音源を元に記事を作成したりする仕事です。

単価の高い案件を獲得するには、文章力のほか、SEOや特定分野の知識など専門知識が必要になるケースも。

Webライターの始め方や仕事の取り方については、以下の記事もご参照ください。

3. Webデザイナー

Webデザイナーを複業にするためには、ある程度の時間を使って知識やスキルを学ぶ必要があります。費用や時間がかかりますが、一度学べばずっと使える能力であることは間違いありません。

Webデザイナーのなり方について、詳しくはこちらをご覧ください。

4. エンジニア

Webデザイナーと同じく専門知識やスキルが必須ですが、エンジニアも在宅でできる複業のひとつです。Webサービスやアプリ開発など、0からの”ものづくり”に興味がある方にはおすすめです。

エンジニアのなり方について、詳しくはこちらをご覧ください。

5. 動画編集者

YouTubeなど動画媒体への注目の高まりを受けて、いま動画編集者は多くの場所で求められています。今後も需要が高まると思われるため、動画編集を学んでおくことで長期的な収入にも繋がるでしょう。

以下の記事では、動画編集や映像制作の基礎を学べるスクールをご紹介しています。

7. 広報・マーケター

広報やマーケティングはあらゆる仕事と相互作用が働きやすい業務のため、複業におすすめです。クライアントに提案できる幅が広がるので、学んで損はないでしょう。メディアやSNSを見るのが好きな人やデータ分析に興味がある人におすすめです。

Webマーケティングを学べるスクールについては、以下の記事をご参照ください。

6. Webディレクター

コンテンツ制作の進捗管理、複数のクリエイターとのやりとりなど、プロジェクトを俯瞰して全体を取りまとめる仕事がWebディレクターです。

幅広い分野における専門知識が必要であるため、複業にするハードルは高めかもしれません。しかし、チーム全体をまとめながら”ものづくり”をするやりがいを感じられる仕事でもあります。

(執筆:北村有 編集:泉)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週1〜3 リモートワーク 土日のみでも案件が見つかる!