複業のメリット&デメリットとは?パラレルワーク実践者が解説!

「複業(パラレルワーク:2つ以上の仕事をもつこと)」に対する世の中の関心が高まってきています。

「複業」により、大きく収入を増やせるチャンスがあるのはもちろん、他社の情勢や動向を身をもって経験することで、自分のスキルアップになったり、本業にも活かせたりするメリットがあります。その反面、長時間労働につながったり、確定申告の手間が生じたりするデメリットも。

今回は、複業のメリットやデメリットを、現在も複業実践中である筆者が紹介します。本業とうまく両立させていくために、できることを一緒に探していきましょう!

そもそも「複業」とは? 「副業」と違うの?

「複業」とよく間違われるものとして、「副業」があります。どちらもは読み方も同じですね。

まずは「副業」と「複業」の違いを見ていきましょう。

「副業」とは?

「副業」は、本業以外の仕事で収入を得ることを指します。

2017年に閣議決定された働き方改革実行計画では、テレワークや副業などの働き方の実現が目標となっているように、世の中の関心も高まっています。実際に副業をしている人が身近にいる、または副業をしているという方も多いのではないでしょうか。

2018年には、副業・兼業推進ガイドラインが公開されており、副業を解禁する企業も徐々に増えています。

「複業」とは?

「複業」は、複数の仕事を持つことを指します。「パラレルワーク」とも呼ばれます。

本業以外の仕事を持つというよりも、本業をいくつも持っているイメージです。本業のかたわら収入を得る副業とは異なり、メインとサブの主従関係はありません。

2019年に20代~50代 2500人を対象に行われたパラレルワークに関する実態調査では、約5人に1人が複業中であるというデータが出ています。このことからも、複業は決してマイノリティな働き方ではないことが分かります。

複業のメリット

ここからは、複業のメリットについてご紹介していきます。

まず思い浮かぶのは「収入を増やせる」というメリットですが、それだけではありません。複数あるメリットを意識すれば、複業を行う上でのモチベーションにも繋がります。

メリット1. 幅広いスキルを高められる、身につけられる

複業は、現在働いている会社を辞めずに別の仕事に関われます。つまり既存の仕事でスキルを高めつつ、これから身につけたいスキルの分野の仕事を追加で受けられるのです。就業中の組織以外に属することで、新たな価値観や組織観とも出会えるかもしれません。

複業は、「ひとつの会社にとらわれず、視野を広げてスキルを高めたい」と考えている方におすすめです。

メリット2. リスクヘッジになる

昨今、早期退職やリストラ、倒産などもよく耳にします。大企業に所属をしているからといって、安心できない時代になっていますね。週休3日制を導入する企業も出てきており、生活の軸としていた収入が減ってしまう可能性もあるのです。

そんな時に「複業」をしていれば、収入面においてもキャリア面においてもリスクを分散できます

メリット3. さまざまな仕事を経験できる

一つめのメリットにも通ずる部分ですが、さまざまな仕事を経験することで人脈が広がり新たな仕事に繋がったり、別の価値観に触れることで自分の新たな可能性を見つけたりすることもできます。

自分の成長に限界を感じた時、複業で新たな視野を手に入れることで、そんな状況を打破できるかもしれません。

複業のデメリット

デメリット1. 複業が認められている会社はまだ少ない

複業はすこしずつ世の中に浸透してきていますが、それでもまだ複業が認められている会社は多くありません。

2019年にリクルートキャリアで実施された兼業・副業に対する意識調査からも分かる通り、7割以上の会社がいまだに副業・複業に対して積極的ではないといえます。

デメリット2. 一つの仕事に対する時間的なコミットメントが難しい

「複業」として複数の仕事を持つ場合、一つの仕事に対して多くの時間を割くことはできません。高いスキルを持って仕事に望み、時間を成果でカバーしなければ、会社に対してのコミットは難しいといえます。

裏を返せば、いかに短時間で自分の価値を提供できるかを考えるため、仕事効率化を意識するようになります。また、短い時間でよい成果を生み出せれば、会社からの信頼を高めるきっかけにもなります。効率を常に考え動くのは、「複業」を行ううえで必須のスキルです。

デメリット3. 自己管理力が重要

複数の企業で仕事に関わる以上、それぞれの仕事を自己管理する能力が求められます。

「すでに身につけているスキルを高めるため」に複業をするのであれば、自分自身が持っているスキルを活かし、いかに短い時間で質の高いアウトプットできるかを意識する必要があります。

一方、「これから新たなスキルを身につけるため」に複業をするのであれば、時間をかけてでも質の高いアウトプットをしたくなるものです。自分の現状スキルに見合った仕事を選択し、納期遅れやオーバーワークなどによって企業側に迷惑をかけないよう自己管理を徹底することが必須となります。

複業の始め方

「複業」を始めるためには、ある程度の準備が必要です。準備事項や、「複業」を探すサービスについてご紹介していきます。

なぜ「複業」を始めたいのかを明確にする

「複業」を始めるにあたって、なぜ複業を行いたいのかを明確にしましょう。

面接で志望動機を的確に伝えられるようになるだけでなく、今後複業を続けていくうえでのモチベーション向上にも繋がります。

自分が「持っているスキル」と「身につけたいスキル」を整理する

なぜ「複業」を始めたいのかが明確になったら、自分が持っているスキルと身につけたいスキルを整理するのがおすすめ。

まだ持っていないスキルを身につけたい場合、どんなスキルをどこまでのレベルで身につけたいのかを明らかにします。「複業」を行いたい業種のスキルをすでに身につけているなら、どのような成果を出したいのか言語化するといいでしょう。

複業の探し方

Workship

Workship(ワークシップ)』は、副業・フリーランス向け仕事マッチングサービスです。

エンジニアやデザイナー、マーケター、ディレクター、人事労務、営業など幅広い職種のフリーランスが登録しています。「週1〜OK」「リモートOK」というような案件が多く、自身のライフスタイルにあわせた働き方ができます。単価も平均時給2,900円と高い傾向にあるのもポイントです。

そのほか、案件成約ごとに1万円のお祝い金がもらえたり、報酬の先払いができたり、福利厚生に近い優待サービスが受けられたりと、フリーランスを守るサービスが多数用意されています。

【Workshipの特徴】

  • リモート案件が多数
  • 週1〜など自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能
  • デジタル領域を中心とした案件が豊富
  • 案件成約時に1万円のお祝い金を贈呈
  • 報酬の先払いが可能
  • 優待サービスを無料付与

複数の本業をうまく回すコツ

本業を複数持つという意味である「複業」。複数ある本業に対し、等しく力を注いでいくには、ちょっとしたコツが必要です。

自分が持っているスキルの活用や、仕事の仕組み化で効率化を図りましょう。

コツ1. 持っているスキルでできる仕事を探す

まずは仕事選びの面から。すでに持っているスキルであれば、質の高い仕事ができるはず。

自分自身が持っているスキルを正しく認識し、適切にアウトプットを行うことで複数の本業をうまく回していけるでしょう。

コツ2. 自分ができるタスク量を認識する

複業の場合、複数の企業にてタスクをこなすため、オーバーワークになってしまうことが多々あります。そういった状況を避けるために、仕事の見通しを立てることが重要です。タスクを細分化し、どのくらいの時間でできそうか把握しておきましょう。

自分自身のこなせるタスク量と工数を理解することで、タスクや工数を減らしたり調整したりするアクションを考えられるようになります。

コツ3. 仕事の仕組み化を行う

デメリットでも述べたように、複業において自己管理力は必須のスキル。自己管理力は、仕事の仕組み化を行うことで解決できるポイントです。

案件に応じたテンプレートをあらかじめ作成したり、ガントチャートで仕事を管理したりと、業務内容に合わせて仕事の仕組み化を進めるとよいでしょう。

おわりに

複数の企業と仕事をすることで、さまざまなスキルを身につけられる「複業」。今後はますます「複業」が普及していくことが予想されます。

メリットとデメリットをしっかり理解し、収入アップや本業との相乗効果を狙いたいですね。

(執筆:山口真央 編集:mozuku)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週2日20万円以上のお仕事多数