【現役エンジニア解説】プログラミング未経験から副業で稼ぐ……そんなことは可能なのだろうか?

プログラミング副業
ENGINEER

withコロナ、アフターコロナを見据え、プログラミングを活用した副業を考えている方が増えてきています。プログラミングの副業が流行っていることもあり、最近では未経験からチャレンジする方も。

ですが、「本当に未経験でもお金を稼げるのか?」と不安に感じる方も多いでしょう。

その疑問を解消すべく、この記事では、10年ほどエンジニアをやっている筆者の経験を元に「未経験からのプログラミング副業」について解説します。

プログラミング未経験者が副業できるようになるまでの期間

単刀直入に言うと、初心者の方がいきなりプログラミングの副業で稼ぐのは難しいと言えます。プログラミングの習得には、それなりの時間は要するからです。

筆者は10年ほどエンジニア兼プログラマーとして活動していますが、文系大学出身でプログラミングの基礎も知らずにIT業界で働き出したので、最初はかなり苦労しました。プログラミングもなかなかものにできず……インターネットで検索して、トライ&エラーを繰り返し、徐々に徐々にコツというものをつかんでこれたと思います。

初心者がひとつの言語をある程度マスターするのに要する期間は、おおよそ半年~1年かかると考えたほうがいいでしょう。

もちろん、プログラミングにも先天的なセンスが関係します。センスのある人は本当に上達スピードが早いです。1ヶ月もあればプログラミングスキルを習得して、ひとりでアプリケーション開発できるレベルになる人もいます。しかし、そういったケースは本当に稀です。ただ逆に言えば、誰だって半年から1年根気よくプログラミングに向き合えば、プログラミングスキルが身につきます。

それにプログラミングは、ひとつの言語を習得できれば、他の言語への応用はわりとすぐにできます。まずは習得したい言語ひとつを決めて、自分で何か作ってみることからはじめてみましょう。

プログラミングの副業で稼ぐコツ

初心者にとっては難しいプログラミングの副業ですが、ある程度経験を積んだ方にとっては、プログラミングはわりと稼ぎやすい副業となるはずです。

初心者と経験者を隔てる一番の壁は、「実務経験」です。

たとえばアプリケーション開発を行うためには、プログラミング以外にも以下のようなタスクが発生します。

☆アプリケーション開発に必要なタスクの一例

  • 仕様を理解する
  • 依頼主との綿密なコミュニケーション
  • 場合によっては、こちらからも修正案を提案する
  • 修正・追加する箇所が他の機能やデータに影響がないか確認する
  • 環境の構築を行う(ここでつまづく人は多いです)
  • プログラミングを行う(誰がみてもわかるようにコードを書く)
  • 適宜プログラミング内にコメントを入れる(これ重要!!)
  • 動作確認を行う
  • 新旧差分などを資料にまとめる

簡単な修正だけの案件なら、ここまでのことは不要でしょうが、そういった案件の報酬はとても安価です。高額案件をゲットするためには、上記のことは最低限できる状態にしておくべきでしょう。上記のようなタスクが行える場合は、設計・管理などの上流工程を任される場合もあります。難易度は高くなりますが、もちろん報酬も跳ね上がります。

未経験の場合、プログラミングをマスターするだけで精一杯ですが、プログラマーの仕事はプログラミングだけではないということを覚えておくのが大切です。そしてプログラミング以外の仕事を覚えるには、やはり実務経験が大事だったりします。

副業におすすめのプログラミング言語

いろんなこと述べてきましたが、兎にも角にもプログラミング言語を身に着けなければ先に進めません。そこで、この項目では初心者の方におすすめのプログラミング言語をご紹介します。

個人で副業として案件を受託する場合、ほとんどが「Webアプリの案件」か「スマホアプリの案件」になります。まずは、どちらかの開発ができるようにしておきましょう。

HTML, CSS, JavaScript

Webアプリ開発には、HTMLとCSS、JavaScriptは必須です。これらはIT用語で言うところの「フロントエンド」の開発に使用する言語です。

フロントエンドとは、Webアプリケーションで直接ユーザーの目に触れる部分のこと。この部分なくしてWebアプリケーションは成り立ちませんので、必ず自分のスキルにしましょう。

最近ではこれらの言語をより簡単に扱えるようしてくれているフレームワークが数多くあります。代表的なものはJavaScriptだと「Vue.js」、CSSだと「Bootstrap」など。こういったフレームワークを使って開発するのが一般的なので、フレームワークを使った開発経験も大事です。

またプログラミング言語ではありませんが、案件によってはWebサイトのデザインから構築まで一括で任されることもあるので、PhotoshopやIllustratorなどのツールも扱えれば、副業として仕事の選択肢は確実に広がるでしょう。

PHP

Webアプリの「バックエンド」の開発でよく使われる言語に、PHPがあります。

バックエンドとは、サーバーサイドやデータベースのシステムなど、ユーザーの目に見えない部分のことを指します。ユーザーが入力した内容をデータベースへ保存したり、検索結果の出力したりといったことを行います。

サイト作成によく使われるWordPressも、PHPでプログラミングされています。WordPressをカスタマイズするといった案件は個人向けの副業に多いため、PHPを習得できれば案件受託もしやすいかと思います。

また、LAMP環境という「Webアプリを開発する環境」=「オープンソースのソフトウェア群」も覚えておきたいところです。

L:Linux(OS)
A:Apache HTTP Server(Webサーバー)
M:MySQL(データベース)
P:PHP(プログラミング言語)

すべてオープンソースなので基本的にはフリーで利用できます。普段、Windowsを使っている方は多いと思われますが、個人で受託する案件ではWindowsのサーバーを使って動くWebアプリ開発はあまりありません。LAMP環境が求められることが多いです。

未経験者にとってはこれらの環境を構築することはとても大変なことだと思いますが、LAMP環境を自分でも構築できるようになれば、Webアプリの案件受託の幅はより広がるでしょう。

Swift, Kotlin

スマホアプリを開発する場合には、iOSアプリを開発するのか、Androidアプリを開発するのかで、習得すべき言語も変わってきます。

おもにiOSアプリを開発する際にはSwift、Androidアプリを開発する際にはKotlinをそれぞれ利用することが多くなります。

SwiftはApple社が開発したオープンソースのプログラミング言語です。おもにiOS/Mac向けのアプリ開発のために開発された言語で、Apple製品のアプリケーションはすべてSwiftで開発できます。

Kotlinはオブジェクト指向型言語で、Javaを簡潔かつ安全に改良を加えた言語としてリリースされました。そのためJava仮想マシン上で動作し、文法などもJavaに近いものになっています。

Androidの開発言語として公式認定されており、スマホアプリの開発現場でのシェアは徐々に広がりつつあります。

プログラミング言語の習得で意識すべきこと

「よし! これからのために、プログラミング言語をなにかひとつ習得しよう!」と思い、本を開いて「IF…ENDIF」とプログラミングしていても、恐らくスキルは身につきません。

現役のエンジニアやプログラマーも、プログラミング言語を丸暗記しているわけではありません。わからないこと、忘れたことはその都度ネットで検索して情報を取捨選択します。ときには英語で記載されている公式のドキュメントを翻訳しないといけないことも。

また、プログラミングはあくまで手段です。作りたいものがあって、それを実現させるための手段でしかないので、ただ何となくプログラミングをはじめても挫折してしまいます。まずは何を作りたいのかは明確にしておきましょう。そうすれば必要な言語や環境もわかってきます。

作りたいものがはっきりとしている人は、上達も早い傾向があります。まずは作りたいものを決め、作り方を都度調べながら、最後まで完成させてみましょう。

未経験者におすすめのプログラミングスクール

「独学でのプログラミング習得は絶対に挫折する!!」という自信がある方は、積極的にプログラミングスクールを利用してみましょう。

要望や作りたいものを伝えれば、学ぶべきプログラミング言語やIT知識を教え示してくれるスクールも多く、また現役エンジニアが講師として働いているところでは実務に関するアドバイスも多いに得られることでしょう。

TECH I.S.

TECH I.S.

▲出典:TECH I.S.

プログラミング初心者の方にとって、つまずいたときに誰かにきける環境を整えておくことはとても大切なこと。

そういった環境づくりでおすすめなのが、質問に対して5分以内に必ず返答をモットーに掲げる『TECH I.S.』。

質問する際には、Zoom上で画面共有しながら教えてくれます。

また、転職・案件獲得するまで受けられるサポート体制も充実していて、履歴書・職務経歴書の添削からポートフォリオの作成、就職先紹介や案件獲得まで支援してくれます。本気で稼げるようになりたい方にはおすすめのプログラミングスクールとなります。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

▲出典:DMM WEBCAMP

「DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座」のカリキュラムでは、サイト制作やアプリ開発に必要な基礎的なプログラミングの勉強を行い、講座の最後には実際にオリジナルサービスの開発を行います。

ECサイトの作成は需要もありますし、ある程度の作成ノウハウも必要となります。これは現場で学んでいくことがほとんどですが、受講生同士のグループ開発でこれらをより実践的に学べるのは、現役エンジニアからみてもかなり良い環境だと言えます。

当講座は、厚生労働省指定の給付金制度の対象講座にも認定されています。これにより、条件を満たすことで教育訓練給付金が支給されるため、お得に受講できるのです。(※支給限度額560,000円)

COACHTECH

COACHTECH

▲出典:COACHTECH

コーチングスキルを持つ講師が在籍しているのがコーチテック。

質問すれば30分以内に返信され、週に1度の面談では、学習の進捗確認やキャリアプラン設計を行うため、モチベーションが高い状態で学習を進めることができます。

また受講生は、受講生同士で交流できる限定コミュニティに無料入会が可能。卒業後は、卒業生が所属できるコミュニティで、コーチテックが企業から受注してきた案件をチームで開発することもできます。初心者の方にとってはとてもありがたい環境となるはずです。

プログラミング系の副業で稼ぐ方法

最後にプログラミング系の副業にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

副業1. 企業から開発案件を受託する(フリーランスエージェント)

受託開発の副業案件は、1件あたりいくらという形で支払われるのが一般的です。過去の実績やスキルにもよりますが、アプリ開発1件あたり10万円前後から、高単価になると100万円前後の案件もあります。

また、副業案件を皮切りにフリーランスエンジニアとしての道を切り開く方もいます。フリーランスとしてアプリ開発の案件を安定して受注できるようになると、年収1000万円以上稼げる可能性も十分にあるでしょう。

副業2. エンジニア系のブログ運営

プログラミング初心者の方が副業でお金を稼げるまでになれば、そこに至るまでの経緯やプログラミングの勉強方法、プログラムサンプルなど、自分の経験を活かしてブログを書くのもおすすめです。

自ら情報を発信することでエンジニアとしての知識定着はもちろんのこと、備忘録としても使えます。読者が増えれば、広告収入やアフィリエイトで稼げるようになるでしょう。

また、ブログを見た企業からオファーがくることもあります。

副業3. エンジニア系のWebライター

当サイト『Workship MAGAZINE』のように、エンジニア向けにメディアを運営している会社はたくさんあり、その多くの記事をエンジニア経験者が執筆しています。

「自分でブログを運営するのはちょっと……だけど自分の経験を発信してみたい!」と考えている方にはおすすめです。

Webライターの報酬単価はピンキリですが、より高い単価で案件の受注を勝ち取るためには、やはりプログラミングの経験が重要になります。

副業4. プログラミング講師

最近はプログラミングを習得したいという方が非常に増えています。その影響から数多くのプログラミングスクールが誕生しており、その多くがプログラミング講師を募集しています。

プログラミングの経験を積んで人に教えられるようになれば、プログラミング講師はいい副業になるはずです。お金を稼ぎつつ、人に教えることで自分自身の理解も深められます。

副業5. 自分でスマホアプリの開発を行う

自分で開発したアプリを有料販売するのも、プログラミングでお金を得る方法です。

もしくはアプリ自体は無料ダウンロードを可能にして追加機能を利用する際に課金してもらったり、広告を掲載したりして収益化する方法もあります。

他のアプリと差別化させるためには、スキル以上にアイデアが重要です。難しい方法ですが、上手くいけば一攫千金もありえるかもしれません。

まとめ

プログラミングを学習すれば、副業で企業から案件を受託したり、受託しながら自分でアプリを開発したりできます。なにかひとつでもヒットするアプリが作成できれば、将来にわたる資産になるかもしれません。

プログラミングは習得するまでに時間は要しますが、ひとつの言語を習得できれば、他の言語にも応用が効きます。まずはひとつの言語を習得することを根気よく目指しましょう。

(執筆:S-KAYANO 編集:泉)

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

30,000人以上が使う日本最大級のお仕事マッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 30,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ