Swiftでできることとは?iPhoneアプリの開発ならこのプログラミング言語!

Swiftは、基本的にApple製品のアプリ開発に使用される言語。実際にAppStoreにあるアプリの多くはSwiftで開発されています。しかし、Swiftにできるのはアプリ開発だけにとどまりません。

今回の記事では、Swiftの概要からできることまで解説します。

Swiftとは?

▲出典:Apple

Swiftとは2014年にアップル社がWWDC(Worldwide Developers Conference)で発表したオープンソースのプログラミング言語。Swiftはもともとアマツバメという鳥を意味し、「速い」「迅速な」という意味をコンセプトとして開発された言語です。

オープンソースであることから、Swiftで開発されたアプリケーションのソースコードを第三者でも自由に参照・閲覧でき、作ったアプリは自由にApp Storeで配信できます。

※App Storeの配信には審査が伴います。

Swiftの開発環境

Swiftの開発には、最低限下記の3つが必須となります。

  • Apple ID
  • IDE(統合開発環境)
  • Developer ID

Apple IDおよびDeveloper IDについてはブラウザさえあればすぐに取得が可能です。

しかし、Swift向けのIDE(統合開発環境)で最も有名な「Xcode」というアプリケーションはMac専用となるため、Swiftを本格的に学習したい方はMacの導入をオススメします。

Swiftはオープンソース言語のためWindowsやLinux上でも動作します。しかし、開発環境の構築がMacよりも複雑になるので注意しましょう。

Swift習得の難易度

Swiftは比較的、習得しやすい言語です。これは、Swiftはもともと簡単に習得できるよう開発されたため。

Swift発表がされる前は、iOS向けのアプリの開発には「Objective-C」という言語が使用されていました。名前の通りC言語にオブジェクト指向という概念を取り入れた言語で、macOS自体の開発にも使われていたものです。

しかし、このObjective-Cの記述は癖があり、学習の難易度が非常に高かったため、iOSアプリを開発できる人が少ない問題がありました。そのため、AppleがObjective-Cに読みやすさ・書きやすさを加えたSwiftを開発するに至ったのです。

こうしたAppleの尽力もあり、Swiftは他の言語と比べて学習しやすいプログラミング言語となっています。

Swiftの需要/将来性

パソコン界隈、スマートフォン界隈を考慮してもApple製品の存在は非常に大きく、これからもApple製品の需要は伸びていくことが予想されています。

とくに日本国内でのスマートフォンにおいてはiPhoneが半分を占めることから、今後Swiftを学ぶことはエンジニアとして重要になるでしょう。

また、今後アプリ開発の需要は右肩上がりになっていくことが予想されていますので、Swiftは今学ぶべきプログラミング言語の1つだと言えます。

Swiftでできること

▲出典:Apple

Swiftによって開発できるものは主に下記の5つです。

  • iOSアプリ
  • macOSアプリ
  • AppleWatchアプリ
  • AppleTVアプリ
  • Webアプリ・Webサーバー

できること1. iOSアプリ開発

Swiftが最も利用されている分野は、やはりiOSアプリの開発です。

iOSとはiPhone, iPad, iPodなどの製品に採用されているOSのこと。Swiftは、これらのデバイスで使用するアプリケーションを開発できます。

現在、iOSアプリはほとんどSwiftで開発されているため、必要とされる機会の多い言語といえます。アプリ開発を行いたい方は習得しておいて損はありません。

できること2. macOSアプリ開発

macOSはMacbook Air, Macbook Pro, iMac, Mac miniなどの製品に採用されているOS。Swiftは、これらのデバイスで使用するアプリケーションも開発できます。

macOSもSwiftもAppleが開発しているため、互換性が非常に高いのがポイントです。ほかの言語で開発するよりも、安定性が高く、Macのポテンシャルを最大限に活用できる言語といえるでしょう。

できること3. watchOSアプリ開発

watchOSはApple Watchに採用されているOSです。SwiftでApple Watchのアプリが開発できます。

多くの人がApple Watchを着用しているため、watchOSアプリ開発にはかなりの需要が眠っています。

現在、Apple Watchのアプリはそれほど多くありません。iOSやmacOSアプリと違い競合が少ないため、画期的なアプリを開発できるチャンスが残されています。

また、すでにiPhone向けにアプリを配信していて、そのApple Watch版を開発したい企業などからの需要もあるでしょう。

できること4 .tvOSアプリ開発

tvOSはApple TVに採用されているOS。Apple TVとは、家のテレビを使って、iPhoneなどのデバイス画面を映し出したり、映画や音楽やゲームを楽しんだりできる機器。Swiftでは、Apple TV上で使用するアプリを作れます。

しかし、Apple TV自体の普及率を考慮するとまだ需要が高いとはいえません。その分競合が少ないとも言えますが、tvOSはブラウザや各種センサーが搭載されていないという課題も。そうした制限のなか、どのようなアプリを作成するのかというアイデアが求められますね。

これまで見てきたように、Appleが販売している製品のアプリはほとんどSwiftで開発できるといえます。

できること5. Webアプリ・Webサーバー開発

SwiftはWebフレームワークを組み合わせることで、Apple製品以外にも、さまざまなOS上で稼働するWebアプリケーションやWebサーバーを開発・実装できます。

筆者がおすすめするのは「Perfect」というフレームワーク。これを活用すれば、Swiftだけでフロントエンドとバックエンド(iOSアプリとWebアプリケーション)を同時に開発できるようになります。

Swiftの効率的な学習方法

Swiftを学習したいと考える方も多くなっています。本屋に行けばSwiftの初心者向け技術本なども多数あり、ネット上にも多くの開発者が記事を公開しているため、教材には困りません。

なかでも、とくに効率的な学習方法として、筆者は「Swift playgrounds」をオススメします。このSwift playgroundsはApple社が提供しているSwift学習専用アプリ。MacやiPadで利用できます。プログラミング言語に関する基礎知識がなくても簡単に学習できる入門用のアプリです。

ゲーム感覚でプログラミング言語の基礎文法や考え方が学べるため、まずはplaygroundsで感覚を掴むことで、以降の学習もより身につきやすくなりますよ。

Swift playgroundsをダウンロードする

まとめ

今回の記事ではSwiftの基礎概念からできることを紹介しました。

iPhone向けのアプリなどを開発する際には必須の言語になり、日本の市場から見ても現代において学ぶべきプログラミング言語に位置付けられると言えます。ぜひ学習してみてはいかがでしょうか。

Swift playgrounds、本当に楽しいですよ!

(執筆:セイタモ 編集:泉)

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

30,000人以上が使う日本最大級のお仕事マッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 30,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

登録から案件獲得まで、利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ