「こんなはずじゃなかった」独立開業で失敗するリスクを避ける7つの方法

FREELANCE

起業すること自体がリスクテイクです。失敗しない絶対の方法はありません。

しかし、重要なポイントを意識すれば、失敗するリスクを限りなく0に近づけることはできます。

この記事では、独立で失敗するリスクを避ける7つの方法を厳選してご紹介します。

1.  「このサービスにお金を払いたい」というニーズは本当にあるか?

いざ事業を始めたのに、提供したサービスを使う人が誰もいなかった。というのは、独立して失敗する典型的なパターンです。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。原因はひとつではありませんが、最も大きな要因のひとつに事前のリサーチ不足があります。市場にニーズがあるか十分な調査をしていないため、いざ始めてみたら似たようなサービスが既にリリースされていて、競合に勝てない。

提供したサービスがfacebookやtwitter等で代用できて、顧客にとったらわざわざ新しいサービスを使う必要がない。事前にニーズがあることをしっかり調査してから、起業に挑みたいものです。

2.  オンライン集客とオフライン集客を「有効に」使おう

売上を上げるには、マーケティングがとても重要です。

逆に、マーケティング戦略が十分でないと、売上が上がらず事業は失敗に終わります。商品やサービスは良いのに知名度が上がらないせいで失敗してしまうのは、本当にもったいないことです。

ここでマーケティングの要であるオンライン集客とオフライン集客を使いわけ、有効なマーケティング戦略を実行していきましょう。

オンライン – どれだけの人に見てもらえるか

オンライン集客の一番のポイントは、アクセス数です。アクセス数が伸びずに事業失敗というケースをよく聞きます。

どのようにアクセス数をのばしていくかという戦略は要の部分です。使えるものとしては、独自の Webサイトを基本として、facebook等のSNS、自社プログ、アメーバ等の無料ブログ、メルマガ、各種ポータルサイト等です。

これらを組み合わせ、リリース前から確実に戦略を練っていきましょう。

オフライン – どれだけ効率良くできるか

オフライン集客はオンラインと違い、限られた時間のなかでどれだけ効率よく集客できるかが関わってきます。

フリーペーパー、ポスティング、ハンディングなど方法は無限にあるので、どれが一番効率のいい方法か考えて行いましょう。

「とりあえず飛び込み営業に行きまくればいい」と考えるのは全く効率的ではありません。

3.  自分が「売りたい」ものでなく、顧客が「買いたい」ものを売る

「自分が売りたいものを売る」考え方を、プロダクトアウトといいます。この商品が素晴らしい、この技術が素晴らしい、だから売れないわけがない、という考え方です。

しかし、こちらがどんなに売りたくても、買い手が実際に必要としていなければ買ってもらえません。顧客に買ってもらえるような商品を打ち出すために、プロダクトアウトの考え方からマーケットインの考え方にシフトしていきましょう。

マーケットインとは、顧客のニーズをから商品を創りだしていく考え方です。

まず、顧客が何を必要としているのかを徹底的に調査し、顧客が欲しいもの」を把握します。そこから商品をつくり、売っていきます。失敗のリスクを避けるうえでは、常に顧客目線で考えるマーケットインを意識することが重要です。

4.  勝つことではなく、「負けないこと」を意識しよう

ビジネスでは、攻め50%、守り50%の姿勢を常に意識していきましょう。ビジネスでは、勝つことを強く意識するよりも、継続して負けないことのほうが重要です。

勝たなくても負けなければ事業は続いていき、食べるのに困ることはないでしょうが、大勝負に出て負ければ借金を負ったり、これから先事業ができなくなることもあります。「負けることなく、事業を継続させる」うえで気をつけたいシチュエーションが2つあります。

ひとつは、知らないジャンルの仕事にチャレンジするとき。経営者として、それが本当にリターンが返ってくるのかしっかりと判断しましょう。

ふたつめは、知らない人と一緒に仕事をするとき。都合にいいように使われたり、騙されるかもしれません。一緒に仕事をするときは必ず契約書を交わすようにしましょう。

5.  取引先をたくさん持とう

取引先がひとつの場合、そこから契約を切られたら、仕事を続けることができなくなります。売上を増やすためにも、取引先をたくさん持っていて損はありません。

(もちろん、仕事が多すぎて手が回らないという事態は本末転倒ですが。)できるだけ取引先はひとつに絞ることのないようにしましょう。

また、同じことが事業と従業員にもいえます。ひとつの事業だけを専門で行っていた場合に、そのマーケットに何らかの問題が起きてビジネスが成り立たなくなれば職を失います。

ひとつに絞らず、複数の商品やサービスを組み合わせるなどして事業を行いましょう。また、従業員も急に病気になったり、喧嘩別れになったりします。ネットワークやコミュニティを幅広く持つことも大切です。

6.  拡大とリスクは隣合わせ

起業していきなり家賃の高い物件を借りる、起業していきなり従業員を大量に雇う。など、「いきなり多額のお金をかける」のは、起業して失敗する典型的なケースです。お金をかけて事業を広げる前にやるべきことがあります。

まずは、お客様に価格以上の価値を提供し、信頼を得るところから。お客様は少なくても、一件ずつ丁寧に対応していくことで、仕事がだんだん増えていきます。

客単価が上がり、自分で対応できるようになったら、それをマニュアル化して自分以外でも対応できるようにします。ここで初めてお金をかけて従業員を雇い、事業を広げていけるのです。くれぐれも、「起業してすぐ」「いきなり」事業を広げようとせず、まずはコツコツと足場を固めていきましょう。

7.  専門家・同業者の先輩など、相談できる相手を見つけよう

フリーランスとして独立したばかりのときは、ビジネスのやり方から何から分からないことだらけ。不安に押しつぶされないよう、相談できる専門家や同業者の先輩を見つけておきましょう。

ここで大切にしたいのは、先輩と専門家のバランスです。先輩の情報は過去のものであるため、変化の激しいビジネスの世界で同じやり方をしても必ず成功するとは限りません。創業融資も創業補助金も1年単位で制度が変更されます。この辺りは、専門家にきちんと最新の情報を確認しておきましょう。

また、同業者の先輩にはビジネスの他にも様々な相談ができるので、関係を持ち続けることも重要です。

無料相談先

  • 商工会議所
    (創業セミナーを開催しているところもあり、起業の疑問点について相談できます。)
  • DREAM GATE
    (日本最大級の起業支援プラットフォーム。会社設立から資金調達、
    集客まで幅広いジャンルの専門家が揃っています。)

頼りになる専門家

  • 税理士
    (税務申告、会計、税務等届出、資金調達、創業融資)
  • 社会保険労務士
    (従業員の雇用、雇用保険、厚生労働省系の助成金)
  • 行政書士
    (許認可の必要判断、手続き依頼)
  • 中小企業診断士
    (資金調達、創業融資)
  • 認定支援機関
    (経済産業省系の補助金)
  • 弁理士
    (特許相談、商標登録依頼)
  • 弁護士
    (法律相談)
  • コンサルタント、デザイナー
    (集客、広告)

専門家に頼るのはもちろんお金がかかりますが、各種手続きについてはお願いしたほうが早いこともあります。事業の発展を長い目でみて、いまどうすべきかを考えましょう。

まとめ

独立したときに起こりうる様々なリスクへの理解は深まりましたか?

たしかにリスクはありますが、それを避ける方法も存在します。

常にお客様目線でものを考えることを忘れず、慎重に、かつ取引は活発になるように、事業を始めていきましょう。専門家に頼むときの費用を把握するのも忘れずに。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ