香川県のコワーキングスペース/シェアオフィス

香川県は四国地方にある、讃岐うどん発祥の地として知られる県です。その他、金比羅山や瀬戸大橋、小豆島などの観光スポットも多くあることでも知られています。 高松市を県庁所在地とし、他にも丸亀市や三豊市、観音寺市などが主要都市として存在します。 コワーキングスペースは高松駅や屋島駅、瓦町駅近辺にあります。 コワーキングスペースがある高松駅周辺は、香川の中心地ということもあり、交通の便がとてもよく、香川県内では最も多くの人に利用されています。 事業用物件の家賃は、坪単価でおおよそ5,000円前後。家賃数ヶ月分の敷金や保証金など、まとまったお金も必要になるので、安く済ませるなら、コワーキングスペースやシェアオフィスの利用がおすすめです。 香川県のコワーキングスペースは、月額でおおよそ7,000円〜10,000円、ドロップイン(1日利用)でおおよそ1,000円〜1,500円の施設が多いです。広めのスペースでセカンドオフィスとして利用される方が多く、利用者層はサラリーマンを中心に個人事業主の方や学生も多いです。