三重県のコワーキングスペース/シェアオフィス

三重県は東海地方で太平洋側に面している県です。伊勢神宮や鈴鹿サーキットがあることで有名で、伊勢海老や松阪牛の産地としても知られています。 津市を県庁所在地とし、他にも四日市市や鈴鹿市、松阪市などが主要都市として存在します。 コワーキングスペースは近鉄四日市駅や津駅近辺に多くあります。 コワーキングスペースが一番多い近鉄四日市駅周辺は、近鉄名古屋線と四日市あすなろう鉄道内部線が交わり、多くの人が利用されています。 事業用物件の家賃は高く、坪単価でおおよそ5,000円〜8,000円ほど。家賃数ヶ月分の敷金や保証金など、まとまったお金も必要になるので、安く済ませるなら、コワーキングスペースやシェアオフィスの利用がおすすめです。 三重県のコワーキングスペースは、月額でおおよそ6,000円〜12,000円、ドロップイン(1日利用)でおおよそ1,000円〜1,500円の施設が多いです。こじんまりした素朴な雰囲気の施設が多く、利用者層は地元のサラリーマンの方を中心に、出張で来られるビジネスマンも多いです。