いま注目されているマーケティング手法のひとつとして、コンテンツマーケティングが挙げられます。見込み顧客にリーチしてコンバージョンを増加させるための手法として、数多くの企業がコンテンツマーケティングを取り入れています。

しかしコンテンツマーケティングを成功させるために、具体的にどんなスキルが必要なのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、コンテンツマーケティングの効果を上げるのに必要なスキルを9種類ご紹介します

コンテンツマーケティングにもっと力を入れたい方の参考になれば幸いです。

1. コンテンツクリエーションスキル

コンテンツマーケティングを有効活用するためには、そもそも良質なコンテンツを継続的に作り出す力が必要です。

主なコンテンツクリエーションスキルは以下の3つが挙げられます。

  • コンテンツライティングスキル
  • コピーライティングスキル
  • ビジュアルコンテンツスキル

ブログやその他のWebページにとって、コンテンツライティングスキルは非常に重要です。まずはコンテンツライティングの基礎である文法をしっかり固めましょう。必要に応じて、ツールを使って自身の文章を校正するのもおすすめです。

また自分ならではの言葉で消費者の心を掴む、コピーライティングスキルも必要とされます。文章だけで行動を促すためには、学習とトレーニングが必要です。

またビジュアルコンテンツも無視できません。消費者の54%が動画コンテンツを期待しているという調査報告が、その需要の大きさを表しています。

Contents Marketing Skills 2020

▲出典:HubSpot

マーケターは文章だけでなく、画像や動画などのビジュアルコンテンツの作成方法も学習しておくべきでしょう。Canvaなど、簡単に画像が作成できるツールもありますので、ぜひご活用ください。

2. 編集スキル

プロの作家であっても、完璧なコピーを生み出し続けることは難しいです。安定して洗練された文章を世に送り出すためには、編集が欠かせません。そのためコンテンツマーケターには編集スキルが求められます。

編集スキルさえあれば、誤字脱字や文法の誤りを前もって修正できるでしょう。それだけでなく、内容の明確さや読みやすさのチェックをとおして、しっかりメッセージを伝えられかコンテンツになっているかどうかも同時に確認できます。

大規模なプロジェクトや自分ひとりで手がまわらない場合は、プロの編集者を雇うことも可能です。しかしコンテンツマーケターが編集スキルを身につけておくことは、決して損にはなりません。

3. セールスファネルへの理解

コンテンツマーケティングの最終目標は「Webサイトの訪問者を顧客に変えること」です。

そのために必要なのが、購入のプロセスをあらわすセールスファネルを理解すること。セールスファネルは一般的に、以下のような構成になっているとされます。

  • 上部(TOFU = Top of the sales funnel)
  • 中間(MOFU = Middle of the sales funnel )
  • 下部(BOFU = Bottom of the sales funnel)
Contents Marketing Skills 2020

▲上から「認知」「興味」「決断」「行動」

販売するための各段階において、さまざまな要件やニーズが発生します。そのため各段階への深い理解とトレーニングは必須です。

4. プランニングスキル

コンテンツマーケティングの特徴のひとつに、成果が出るまでに時間がかかることが挙げられます。そのためコンテンツマーケティングで成功を収めるには、長期的な計画が不可欠です。

この計画を考えるには、消費者のニーズを正しく理解すること、ニーズに対して適切なコンテンツを割り当てるための理解が欠かせません。またコンテンツマーケターは、立てた計画に沿ってコンテンツを制作するスキルが求められます。

コンテンツを定期的に公開するために、Trelloのようなタスク管理アプリで公開計画を管理することも大切です。

Contents Marketing Skills 2020

プランニングスキルを習得して、マーケティングの最終目標にしっかり貢献できるようなコンテンツを制作しましょう。

5. リサーチスキル

リサーチスキルは、コンテンツマーケティングのさまざまな場面で活躍する能力です。消費者のニーズ分析や、行動を促すコンテンツを調べるオーディエンスリサーチがその好例でしょう。

Contents Marketing Skills 2020

さらに、コンテンツを制作している最中にもリサーチが必要です。研究や調査、ケーススタディなど、注目するトピックに関連する情報をリサーチしながら、コンテンツを制作するスキルが必要になります。

6. SEOスキル

検索エンジンは、トラフィックのソースのひとつです。BrightEdgeによると、Webサイトへのトラフィックのうちオーガニックトラフィック(検索エンジンからの流入)は全体の51%を占めるとのこと。

自然なトラフィックを獲得するために欠かせないのが、SEO(検索エンジン最適化)です。見込み顧客が検索するであろうキーワードに対してコンテンツを最適化すれば、トラフィックが改善できます。

このようにコンテンツマーケティングとSEOは切っても切れない存在です。コンテンツマーケティングに携わるなら、SEOスキルも必須だと言えます。具体的には、下記のようなスキルが必要です。

  • キーワードリサーチ
  • コンテンツへのキーワードの配置
  • オンページSEO
  • 競合他社の分析

以下の記事にSEOの基本的なノウハウが書かれていますので、ぜひご覧ください。

7. コンテンツプロモーションスキル

コンテンツの制作にばかり目がいきがちですが、プロモーションもおさえておきたいスキルです。

デレク・ハルピン氏は、「マーケターはコンテンツの制作に20%、そしてプロモーションに80%の時間を割く必要がある」と述べています。どんなにコンテンツの中身が優れていても、見てくれる人がいなければ意味がありません。

プロモーションによく活用されるのが、ソーシャルメディアやブログ、メールなどのプラットフォームです。ソーシャルメディアのフォロワーやメールの購読者に宣伝すれば、トラフィックの増加が見込めます。

またコンテンツをファンに宣伝してくれるインフルエンサーと人脈を築いておくことも重要です。

8. データ分析スキル

マーケターはパフォーマンスを分析するにあたって、もっとも適した数値を見つけなければいけません。

実施するコンテンツマーケティングキャンペーンについて、マーケターはKPI(重要業績評価指標)と、KPIをトラッキングする方法を理解する必要があります。ブランド認知度やリード獲得、顧客獲得などのKPIは把握できているでしょうか。

そんなデータ分析に広く用いられているのが、Google Analyticsです。Google Analyticsを使えば、消費者のページ上での行動を簡単に把握できます。

Contents Marketing Skills 2020

数値によってパフォーマンスをトラックする以外に、実際の取り組みがどれだけ事業に貢献しているのかを把握するROI(投資利益率)の知識も必要です。

もしデータ分析のスキルが不十分だと感じているなら、トレーニングを視野に入れましょう。

9. テクニカルスキル

テクノロジーの時代とも言えるいま、マーケターとして成功するにはテクニカルスキルも不可欠です。

コンテンツの制作とプロモーションには、ツールの活用が欠かせません。WordPressのようなコンテンツ管理システムや、Google Analyticsのような分析ツールは、マーケターの強い味方です。さらにパーソナライズツールを使って、コンテンツをパーソナライズするケースもあります。

最新のツールを使いこなせるスキルを身につけておきましょう。

おわりに

冒頭でも触れたように、コンテンツマーケティングはとても強力なマーケティング手法です。その力を最大限に発揮させるには、貪欲に新しいスキルを学び、日々変化するマーケティング環境に対応しなければなりません。

2020年は、ぜひ今回ご紹介した9種類のスキルをマスターすることを目標にしてみましょう!

(執筆:Lilach Bullock 翻訳:Nakajima Asuka 編集:Kitamura Yuu)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ