マネーフォワード クラウド確定申告 AD

トレパクは罪になるの?【弁護士解説】

弁護士解説!トレパクは罪になるの?

人気音楽ユニットのキービジュアルを手がけるイラストレーターさんの作品が「トレパク(※)ではないか?」と、ネット上で議論が白熱しています。

(※トレパク:別の人が撮った写真などをトレースしてイラストを描くこと。「トレースしてパクり」の略)

イラストレーターさんやデザイナーさんであれば、ピンタレスト等の画像素材をヒントにデザインを作成されることもあるかもしれませんね。今回はそのような方々に対し、「何がパクリで何がパクリでないのか」について解説いたします。

齋藤 健博(さいとう たけひろ)
齋藤 健博(さいとう たけひろ)

銀座さいとう法律事務所代表。2010年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2013年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2015年、慶應義塾大学法科大学院修了。2015年、司法試験に合格。働き方・企業法務の知見に明るい。悩んでいる方から気軽に相談していただけるよう、自身のLINE IDをホームページで公開している。

Q. 他人の画像を、許諾なしにトレースしてイラストを描いたら、それはパクリにあたるの?(罪になるの?)

著作権法上「複製」といえるかが問題となります。「複製」とは、以下の要素に分解されます。

  • 既存著作物であること
  • 依拠(あるものをよりどころとし、それに従うこと)をしていること
  • その内容や形式を覚知させること
  • これらを再製・再度作成していること

トレースには“なぞる”ニュアンスが含まれますが、トレースの程度、すなわち原著作物と比較して、その「トレパク」をした方の独創性がどこまで入っているかが問題となります。

Q. 著作権フリー画像をトレースしたものは、パクリにはならない?(罪にならない?)

著作権フリーの画像であれば問題ありません。

ただし、著作権者は“それを作成した人物”とは限りません。たとえ画像の作成者が「この画像はフリー使用できますよ」と言っていても、その著作物の権利を別の人が管理している場合には、著作権者の許諾を得る必要があります。

もちろん、著作権者がフリー画像として提供しているのであれば大丈夫です。

Q. 自分の画像をトレースされて、他人に無許可でイラストを描かれたら、訴えられるの?

繰り返しになりますが、トレースの程度が問題となります。

トレースが完全な複製、カーボンコピー等の手法であるのか、それとも「トレパク」をした人の独創性が入っているものなのか、構図がどこまで類似しているのか、個々の見極めが重要かつ峻別のポイントになるでしょう。

弁護士への法律相談はこちら

弁護士へのフリーランス法律相談はこちらから。どんな些細なご相談でも、お気軽にご相談くださいね!

(※ご相談への回答は、厳選したうえで本連載『フリーランスの法律相談所』内にて行われます。メールでの個別回答はしておりませんのでご了承ください)

(執筆&協力:齋藤健博弁護士 編集:じきるう 提供元:銀座さいとう法律事務所

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
デザイナー副業案件
Workship